ここ最近、Yahooニュースやニュース番組で

日焼け止めの使用が原因で
ビタミンD不足の女性が増えている


という情報をよく目にします。

ビタミンDは日光に含まれる紫外線を
浴びることで体内で作られますが
日焼け止めを使っている女性は
日光によるビタミンD合成量が少なく
なっている、というんですね。


紫外線はシミ、しわ、たるみなど
「光老化」の原因ですからね。

エイジングケアとして日焼け止めを
使わないなんて女性にとっては
有り得ないわけですよ。

でも、だからと言って
ビタミンD不足が続くと骨粗相症など
病気にもなりやすくなります。

そうやって健康を損なうのもイヤです。
若々しく健康に年を取りたい。

そこで、あらためて

  • ビタミンDの一日の摂取量の目安
  • ビタミンDを多く含む食べ物
  • ビタミンDの合成にかかる時間

などを調べることにしました。

日焼けしたくないと言いつつも
日光による合成にかかる時間を
調べたのは、前に世界一受けたい授業で見た

手のひらを太陽に向けて
15分ほど日光浴する

という方法でいけそうならば
これで合成して、足りない分を
サプリで補給すれば良いかなって
思ったんですよね。

関連 世界一受けたい授業に出てた「効果的な紫外線対策方法」と「隠れジミを減らす野菜ジュース」

そしたら…個人差や地域差によって
摂取量にも合成にかかる時間にも
めちゃくちゃ差があることが
分かりました。

この大きな差を皆さまにも
お伝えしようとまとめたので
どうぞご覧ください。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

» 記事の続きを読む