熱中症予防のために、水分をたくさん摂りましょう、
と、もう耳にタコが出来るほど言われていますね。

いや、水分摂らないとと本当に危険なので、
こまめな水分補給は重要ですよ。

けど、その時に飲む飲み物には
注意しなきゃいけないってことは
ご存知ですか?

熱中症予防に水分を摂りましょうと言われ、
清涼飲料水やスポーツドリンクを
大量に摂取する方が多いのですが、
それを続けるのは、かなり危険。


ペットボトル症候群になる恐れがあります。

「ペットボトル症候群」とは、簡単に言うと、
糖を多く含む清涼飲料水を飲み過ぎることで、
発症する急性の糖尿病です。

あまり認知度は高くないのですが、
若年層を中心に、年々、患者は増えています。

私の身近でも知らない方が意外と多く、
そういう人たちが、熱中症予防のためにと
スポーツドリンクを大量に飲んでいるのを見て、
ちょっと心配になりました。

「ペットボトル症候群がどんなものか」を
ちゃんと知っていれば、簡単に防げるものなので、
今日はペットボトル症候群がどんなものか、
その症状や対策方法などを、説明したいと思います。


毎日、ペットボトルを持ち歩いているよ、
という方は、ご一読ください。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

» 記事の続きを読む