突然ですが、笑顔をつくって、鏡を見てください。
あなたの笑顔は、きちんと口角があがって逆三角形になってますか?

出来てないのなら、あなたの口角はたるんでるかも。

口角のたるみって何よ?と言われてしまいそうなんですが、
簡単に言うと、への字口になってしまってることですね。

筋肉が衰えて、口角が下がってしまってるんです。

こうなってると、口角があがったキレイな笑顔は作れません。
自分では口角が上がってるつもりでも、周りから見ると、
「ふっ」という、ちょっとシニカルな笑みになってたりします。

これ、ちょっとショックですよねぇ。
老けて見えるとか見えないとかの問題じゃない。

口角が上がってる人は、美しく幸せそうに見えます。

その美しさや幸せそうな印象を、自分には出せない、
ということなんですから。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

» 記事の続きを読む