梅雨に入り、ジメジメとした天気が
続くようになりました。

ジメ~ッとした空気も憂鬱ですが
この湿度の高さによって
髪の毛がうねるようになるのが
ホントにイヤなんですよね~。

「癖が出てイヤ」というよりも
髪がうまくまとまらずボサッとなり
見た目のオバさんっぽさが
加速するのが困るんですよ(特に前髪)

この鬱陶しい上に、老け見えさせる
梅雨の時期の髪のうねり
原因は一体何なのか。

その対策法はどういうものなのか。

今日はそれを紹介します。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

梅雨の髪のうねりの原因


梅雨に入って髪の毛がうねる、
と困ってるあなた。

あなたの髪のうねりの原因は
髪の毛が傷んでいることです。


髪の毛が傷んでいる部分は
キューティクルがはがれています。

そのはがれている部分から
湿気や水分がどんどん入り込み
溜め込まれてしまいます。
(逆に髪本来の潤いは流れ出てしまう)

やがて、その部分が膨張し
髪のうねりが起こり、
全体的に広がっていきます。

髪の毛全体にまんべんなく
水分が吸収されれば
こういった事は起こらないんですが
髪が傷んでキューティクルが
「所々剥がれている」ので
その部分だけが妙に膨張してしまうんですよ。

で、全体的に見ると
膨張してる髪があったり
してない髪があったりと不揃いになり
結果、髪全体が広がってしまう、と。

「え、でも私、髪が傷むようなことは
 してないんだけど」という方も居るでしょう。

けどね、何もしていなくても
梅雨ってけっこう髪が傷んでるものなんです。

冬から春は空気が乾燥してるのに
春を迎えて日差しがきつくなったな
と思ったら、梅雨に入って一気に湿度が上がる。

この変化だけで、髪は疲れてます。

そこへ「一年で最も紫外線量が多い」梅雨です。

ただでさえ疲れているところに
髪に紫外線がガンガン当たるので
普通に過ごしてるだけでも
キューティクルが剥がれやすいんです。

そして、知らない間に傷んでるんです。

ある意味、梅雨の髪のうねりは
あなたの髪のダメージ具合を
目に見える形にしたものと言えるでしょう。


梅雨の髪のうねり対策法1:トリートメント


梅雨の髪のうねりの原因は
髪が傷んでキューティクルが
剥がれていることです。

だから、まずはこの
キューティクルの剥がれを修復します。

トリートメントを使って
キューティクルを補強したり
髪に栄養分を与えてあげましょう。

洗い流さないタイプの
トリートメントを使うと
髪を乾かす際のダメージからも
髪を守れるので、おすすめです。

そうやって、キューティクルを
修復した後で保湿成分を与え
髪を健康な状態に戻して上げましょう。

これが何よりも大事なことです。


梅雨の髪のうねり対策法2:しっかり乾かす


梅雨になると湿度が高くなり
髪が乾きにくくなります。

すると、蒸し暑いもんだから
髪をいい加減に乾かすようになります。

これがいけない。

髪のキューティクルは水分を
含んでいると開くようになってます。

だから、いい加減に乾かして
生乾き状態だと、キューティクルは
きちんと閉じきってくれません。

すると、そこから湿度や余分な水分が
入り込んでしまい、髪のうねりの原因になります。

潤いや栄養分はガンガン流れ出る
ということにもなりますので
うねるわ、パサつくわ、と
ダメージ具合がひどくなります。

こんな事にならないように
根本から毛先へと
キューティクルの流れに沿って
しっかり乾かしきって下さい。

最後に冷風を当ててあげると
キューティクルが引き締まります。


梅雨の髪のうねり対策法3:ブラッシングする


最近は、ささっと手ぐしで整え
ブラッシングはしないという方が
多いですが、うねりが気になるなら
ブラッシングしましょう。

なぜなら、髪をとかすという行為は
髪全体に水分を均等に広げる
ということに繋がるからです。

同時に、髪を守る役目を果たす
皮脂も全体に広げることになるので
二重の意味で、ブラッシングはおすすめ。

髪の痛みがひどいな、という
自覚がある方は
ブラッシングの前にトリートメントで
髪を保護して、キューティクルを
摩擦から守るようにしましょう。


梅雨の髪のうねり対策法4:髪を紫外線から守る


いくら家でトリートメントを使っても
その後、紫外線に当たり放題で
ダメージを受け続けていては
いつまで経っても、うねり髪のままです。

日傘を使う、帽子をかぶる、
UV効果のあるヘアケア商品を使う
といった紫外線対策をしましょう。

曇りや雨の日も油断しないで下さい。

天気が悪くっても紫外線量は
あんまり減ってないんです。

常に髪のUV対策をしておいて下さい。


以上、梅雨の時期の髪のうねり
原因と、いくつかの対策方法の紹介でした。

「これ1つで簡単解決!」的なものを
求めていた方には
ちょっとガッカリな内容だったかも知れません。

でも、髪も肌と同じで
結局は毎日のケアの積み重ねが
一番大切なんですよ。

そして、一旦、健康な状態になれば
ダメージがあるときより
遥かに扱いやすく、傷みにくい髪になります。

その状態まで持っていければ
うねりも出にくく、痛みにくい
という髪になってくれます。

そこまでの辛抱だと思って
地道にコツコツ頑張っていきましょう。


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ