2016年7月11日放送の
「この差って何ですか」という番組で

二の腕が太い人と細い人の差

が取り上げられてました。

キャミソールやノースリーブなど
腕を露出することが増える今
多くの女性が気にする二の腕の太さ。

太ったり、腕を鍛えると
太くなってしまうのは分かりますが
同じような体型の女性でも
二の腕が太い人と細い人がいます。

この差は一体どこからくるのか。

その原因と、二の腕を細くする
エクササイズ
が紹介されてたので
それをまとめました。

意外なところに原因がありますよ~。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

二の腕が太い人と細い人の差の原因


磯部美容整体Vセンター 整体師
磯部昭弘先生によると

肩が前に出ているか出ていないか

これが二の腕が太いかどうかの
差になるそうです。

二の腕が細い人というのは
横から見ると肩から
かかとまでが一直線になっています。

一方、二の腕が太い人は
肩から一直線に線を引くと
足の甲にきます(それだけ肩が出てる)

この姿勢による肩の位置が
そのまま二の腕の太さの差として
出てしまってるというんです。


なぜ肩が前に出ていると
二の腕が太くなるのか?


二の腕というのは
上腕二頭筋と上腕三頭筋の
2つの筋肉で成り立っている

肩が前に出ている人は
上腕三頭筋に脂肪がついてしまっています。

上腕三頭筋(腕の下側)は
日常では使われないので
より脂肪がつきやすい状態です。

肩が前に出ていると
上腕三頭筋を使わないので
脂肪が燃焼されず太くなってしまう。

とのこと。

…と言われても本当にそんな差があるのか。

イマイチ分かりませんよね?

そこで、本当に肩が前に出ていると
上腕三頭筋は使われてないのか
調べていました。

まず深く腰掛けて
肩の位置を体の中心に持ってくきます。
(胸を張るような状態)

この状態で二の腕を触ると
少し硬くなっているのが分かります。

ちゃんと上腕三頭筋が
使われている状態にあるんですね。

次に肩を前に出した状態で触ると
見事に二の腕が柔らかくなります(汗)

つまり肩が前に出ている人は
上腕三頭筋をほぼ使ってないので
二の腕が柔らかい状態なんです。


自分でやってみましたが
もうビックリするほど差がありますよ。

肩が前に出てるか、というか
姿勢が良いかどうかで
日常的に上腕三頭筋に使ってる
使ってないの差がすごい出てるんです。

同じ体型でも二の腕の太さに
差が出るのも納得です。


二の腕が細くなる簡単エクササイズ


上腕三頭筋の脂肪を燃焼させて
二の腕が細くする
簡単にできるエクササイズが
紹介されていました。

そのやり方は次のとおりです。

  1. まず椅子に座り
      腕を前に出して伸ばし、
      手のひらをくっつけます。

  2. そのまま腕を開いていき
      背もたれの後ろにくるように
      後ろに持って行って下さい。

  3. そして背もたれの後ろで
      手のひらをピタッとくっつけます。

  4. この状態のまま
      雑誌や本を手で挟みます。

これを1回20秒 朝晩3セットずつ
行うと効果があるそうです。


本当に効果があるかどうか
二の腕が太い人に
このエクササイズを
2週間行ってもらってました。

結果は右腕が-2cm、左腕は-1.5cm
細くなっていました。

これ、なかなかの効果なんじゃないでしょうか。

私も実際にやってみましたが
これピンポイントで
上腕三頭筋に力が入るので
かなり効くと思います。

番組内で言われてたとおり
じんわり汗ばむくらいキツい。

けど、二の腕痩せの定番
「逆腕立て伏せ」よりも
体重という重さがかからない分
やりやすかったです。

上腕三頭筋だけでなく
丸まり気味の肩も後方に
引っ張られて、ちょっと痛いですが
姿勢矯正にもなりそうです。

ただ、四十肩や五十肩など
腕を後ろに回したり
肩を後ろに引く動作がつらい方は
やらない方が良いかも知れません。

そういうのが心配な方は
最初からフルパワーでやらないで
様子を見つつやって下さいね。

ご自分に出来る範囲でどうぞ。


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ