2016年7月13日放送のガッテン!は
アンチエイジングの新常識!とし
毛細血管についての
特集がされていました。

「若さと健康のカギは毛細血管」
ということで

  • いかに毛細血管が
    健康と美容に関係しているのか。

  • 毛細血管を守るためには
    どのようなケアをすれば良いか

  • 毛細血管を若返らせる食材

などが最新の研究結果とともに
紹介されてました。

当ブログでも何度か取り上げた
毛細血管についての話題ですが
それよりもさらに進んだ話題だったので
改めて取り上げたいと思います。

過去記事の

世界一受けたい授業に出てた「ゴースト血管」の対策&改善方法
美肌のための毛細血管ケア&マッサージ方法

と、合わせてお読み下さい。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

毛細血管の働きと影響


血管と聞くと、静脈や動脈など
太い血管ばかり思い浮かべますが
実は血管全体の99%が毛細血管です。

体中を走っているだけでなく
臓器も毛細血管で覆われており
例えば、肺では酸素と二酸化炭素を
交換する働きがあるなど
かなり重要な役割を果たしています。

この毛細血管、実はこれまでは
謎に包まれていたのですが

酸素の足りない場所へ自ら伸びる


というような働きがあることが
最新の技術で分かるようになりました。

毛細血管は酸素と栄養を運ぶ
という働きもしてくれますから
この「自己成長」のような働きは
とても嬉しいものですね。

ただ、残念なことに
人の皮膚にある毛細血管の量を
実際に調べた研究結果で

20代と60~70代の平均を比べると
4割も減っている

というように、加齢とともに
大幅に減っていくことが分かっています。


そして、その影響が一番大きいのが
体の外側、つまり「肌」です。


毛細血管の減少は
シミやしわなど様々な老化として
肌に現れるんですよ(´Д⊂

他にも、肝臓の毛細血管が減ると
その働きはグンと悪くなってしまうし
肺や脳の毛細血管が減ると
様々な病気の引き金になります。

このように毛細血管が減ることは
多方面において影響が出ます。

これは何とか食い止めたいところです。

ところが、食い止めるどころか
自分では気づかない間に
血液が届かなくなり管だけになった
「ゴースト血管」になっちゃってる人も居るんです。


ゴースト血管の原因


ゴースト血管とは
血流が極めて乏しくなりつつあり
消えかかっていたり
消えてしまっている状態のこと。

血管がゴースト化して
血液が来なくなると管が退化して
そのうち、バラバラになり消えてしまいます。

最悪の場合、血管自体がなくなってしまうんです。


なぜ血液が届かなくなるのか?


毛細血管というものは
1つ1つの細胞が数珠つなぎのように
連なって出来ています。

その毛細血管の周りを外側から補強し
血管の構造を丈夫に保つ
壁細胞というものがあります。
(接着を補強している)

これが毛細血管全体の構造です。

ただ、壁細胞があるから
血管周りがピチーッと覆われてるか
というとそうではありません。

適度に隙間があって
その隙間から、少しずつ
血液がポタポタッと漏れるようになってます。

「血液が漏れるって
 何か壊れてるんちゃうの?」
って思いますが、これが正常な状態です。

周りの細胞に酸素や栄養を届けるため
少しずつ血液を漏らしながら
進むように出来ているんです。


この状態から、どうして
毛細血管の先に血液が届かなくなる
ゴースト血管になってしまうかと言うと
壁細胞が剥がれてしまうから。

壁細胞が剥がれ、くっついていた
毛細血管(内側の細胞)の
接着がゆるんでしまうと
血液がポタポタどころかじゃぶじゃぶ漏れます。

他のところで無駄づかいして
先の方まで行かなくなるというか
そこに行くまでに、なくなっちゃうんです。

これが血液が届かなくなり
ゴースト血管になる理由です。


壁細胞はどうして壊れちゃうのか?


大阪大学微生物病研究所
髙倉伸幸教授の説明によると

加齢に伴う細胞の寿命
もちろんあるけれど

血液の中を通っている成分、
血糖値やコレステロールなどの上昇が
血管の細胞にダメージを与える


これが壁細胞が壊れる理由だそうです。

特に周りに接着している壁細胞が
剥がれてしまうと
血管の構造そのものが弱まります。

そうすると内側を作っている
血管細胞同士の接着がゆるみ
その隙間から、どんどん血液成分が漏れる

というわけです。

単なる老化現象だと思っていたら
生活習慣による血液成分の質(?)が
落ちることが影響してるだなんて…。

ただでさえ加齢でも減るのに
生活習慣によっては
それが余計に加速するなんて
恐ろしい話です(汗)


毛細血管が衰えている自覚症状はあるのか?


外側からは、まるで分からない
毛細血管の衰えですが
1つ分かりやすいサインがあります。

それはむくみです。

皮膚の下の毛細血管で漏れが起こると
水が溜まるので、むくみますし
それが次第にたるみになります。

顔だけに限らず、手足のむくみにも
注意するように、とのこと。

ただ、これらはすぐ気が付きますが
毛細血管は臓器も覆っているので
肝臓や肺など分かりにくい所も
むくむのが問題。

例えば、肺の毛細血管に漏れが生じ
ぜんそく状態になる。

糖尿病で血糖値が高いと
網膜の毛細血管が漏れやすく
視神経に障害を与えて
失明の可能性もあります。

脳の血管も加齢とともの緩むと言われ
脳の毛細血管から神経細胞に
害のある物質が漏れ
認知症やアルツハイマー病になると
言われています。

…いやいや、これ自覚症状なんて
持てるもんじゃないでしょ。

どうしろってんだよ!?と思ったあなた。

落ち着いて下さい。
何も手立てがないわけじゃありません。


毛細血管の漏れを防ぐカギ


毛細血管は老化する一方じゃありません。

ダメになったところに
新しい毛細血管を作ろうとする
「血管新生」というメカニズムもあるんです。


また、毛細血管の漏れがなく
先に伸びていってくれるようもできます。

そのために重要なのが血流です。

心臓からどんどん血液を送れば良いんです。

「いや、血管状態が良くない所へ
 勢い良く血液を送ったら
 もっと漏れるんじゃないのか?」
って思うでしょ?

ところがどっこい。

細胞は流れを認識すると
細胞同士がくっつく作用があるので
血流を送ると細胞が接着し
流れの方向に沿って漏れないようになるんです。

再生能力というか自己修復能力が
備わっているんです。

だから、安心して血流を良くして下さい。

そのための簡単かつ
非常に効果的な方法を紹介します。


血流を上げて毛細血管を復活させる方法


血流を上げると聞いて
入浴やウォーキングを想像した方。

それも血流改善効果はありますが
もっと効果的な方法があるんです。

毎日スキップして下さい。

スキップすることで、
第二の心臓「ふくらはぎ」の
ポンプ作用で下半身に溜まった血液が
上がっていきます。

これで全身の血液が良くなります。

スキップと言っても
外で軽やかに行う必要はありません。

手と足をしっかり上げて
その場でスキップすれば大丈夫。

これを1度に20回、朝・昼・晩の3回行いましょう。

座り作業の多い現代人は
とかく血液が下に溜まりがちです。

そこで1日3回こまめに血流を
戻してあげれば
良い状態を長く保つことができるそうです。

毛細血管が悪かった方4人に
1日3回スキップしてもらって
1週間後に計測したところ
血管の量を示す数値が
平均51%アップしていました。

上記の実験に参加した男性は
血管量も39%アップしたうえ
寝る前まで暖かい、と感じるように
なったそうです。

おかげで熟睡できてる感じがする
とも、おっしゃってました。

血流が増え毛細血管が増えると
こういった良い影響も出るようなので
毎日のスキップ、頑張りましょう!

スキップの代わりに
かかとの上げ下げを
1回に20~30回で
朝・昼・晩に分けて行うのも良いそうですよ。


どちらでもお好きな方をどうぞ~♪

私は、ふくらはぎが太くなるのが
嫌だからスキップにしときます。


毛細血管を若返らせる食べ物


食べ物で毛細血管を若返らせる
というような研究が、現在進んでいます。

その効果が期待できるものとして
シナモンが知られています。

毛細血管の復活に効果がありそうな
食材を200種類調べた結果
シナモンにたどりついたそうです。

金沢医科大学総合内科学
赤澤純代准教授の説明では

シナモンの1種は効果があって
毛細血管の内皮と内皮がひっついて
流れやすくて漏れない血管ができる。

少しの量でも効果が期待できると
考えられている、とのこと。

コーヒーや紅茶に少し混ぜたり
シナモントーストにしたりすると
良いそうですよ。

シナモンって血流改善効果がある
ということは有名ですが
血管そのものを良くする効果も
期待できるんですね。

私、実はシナモン大好きなので
しょっちゅうトーストにかけるんですが
あれは良いことだったんですねぇ。

りんごジャム+シナモンで
アップルパイ風味にして食べると
とても美味しいので
みなさんお試しあれ。

こうやって、美味しく食べながら
楽しく毛細血管ケアしていきましょうね!


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ