2016年7月24日放送の
この差って何ですか2時間半SPで

朝起きた時に疲れがとれている人と
とれていない人の差


を取り上げていました。

十分寝たのに、疲れがとれない
ってことありますよね?

なーんか疲れが残る。

その疲れが顔にも表れて
微妙に老け感が出てしまう。

夏の寝苦しさから
こういった悩みを持ってる方
いらっしゃると思います。

…というか私自身がそうなので
この差は一体どこにあるか気になりました。

朝に疲れがとれている人と
とれない人の差は一体どこにあるのでしょう。

その原因と対処法は…続きをどうぞ。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

十分寝たのに疲れがとれない原因


大阪市立大学疲労医学講座 特任教授
東京疲労・睡眠クリニック 院長
梶本修身先生によると

寝る時の体勢が原因。

仰向け、うつ伏せ、横向きのうち
最も疲れが回復しやすい寝方は
横向き
だそうです。

なぜ横向きが良いのかと言うと
イビキが出にくいから。


先生の解説によると

食生活とかストレスで疲れがある
という場合もあるけれど
疲れが溜まったり
眠っても疲れがとれないことの
一番大きな原因はイビキだそうです。

イビキは主に仰向けに寝ている時に
重力によって緩んでしまった
首の筋肉や脂肪が気道を狭くする
ことによってかいてしまいます。

人は眠っている間に
呼吸を4,000回くらいするので
睡眠中にイビキをかくということは
眠っている間に
4、000個の風船を細いストローで
膨らませていることになるそうです。


そうなると眠ってても
運動してるのと同じような状態になり
自律神経は疲れるし疲れはとれません。

だからイビキを解消することが
質の良い睡眠の1番良い方法
ということになります。

逆に、1番疲れがとれにくい寝方は
仰向けだそうです。

枕を作る時に大抵の方は
仰向けで作りますが
実際には横を向いた時に
しっくりくる枕が大事。

実際、番組出演者の土田晃之さんが
枕を作る際に、横向きに寝ることを
想定して作ったら
すごく具合が良いそうです。
(枕を高めに作ってもらったそうな)


仰向けで寝た時と横向けで寝た時
どれくらい疲労度に差があるの?


イビキがひどい20~40代の男性5人に
集まってもらい、睡眠の前後で
疲労度をはかるという実験を行います。

疲労ストレス測定システムという
指先から自律神経のバランスで
疲労度を測定する機械で
疲労度を計測し、寝る前と起きた時で
どれくらい差がつくのかを調べてました。

まず実験1日目。

寝る前の疲労度を計測すると
日中の疲労度が溜まってるのか
5人中4人が基準値を上回ってました。

ちなみに、基準値は2.0です。

この日は、仰向けで
6時間睡眠をとってもらいます。

寝返りを打ちにくくするために
腰の両サイドにテニスボールが入った
ウエストポーチを固定されます。
(しんどそう…)

この状態で寝てもらったところ
10分後には、もうイビキが始まります。

翌朝まで計測したところ
それぞれ、起きるまでに
2時間15分、1時間33分、
3時間9分、1時間41分、1時間25分
イビキをかいていました。
(起きるまでの合計時間です)

特に体重が130kgの方は
6時間のうち3時間9分と
寝ている間の半分はイビキをかいてます。

ご本人も夜中に2回くらいは
イビキをかいているなと
自覚はあったようです。

そして、起床後に疲労度を測定すると

  • 寝る前3.2→寝た後4.2
  • 寝る前2.9→寝た後4.9
  • 寝る前1.9→寝た後6.1
  • 寝る前2.1→寝た後3.3
  • 寝る前3.7→寝た後5.9

と、睡眠前より大幅アップ!

疲れがとれるどころか増えてます!
確かにイビキが負担となってるようです。


そして実験2日目。

この日は疲れがとれやすいという
横向きに寝てもらうために
腰の前後にテニスボールを入れた
ウエストポーチを固定し
このまま寝てもらいます。

睡眠時間は1日目と同じく6時間です。

眠りについて2時間が経過しても
全くイビキをかかかなくなりました!

仰向けで寝た時は
3時間以上イビキをかいていた方も
ほとんどイビキをかいてません。


そして翌朝まで計測した結果
イビキをかいていた合計時間も
それぞれ32分、0分、42分、
28分、16分と大幅に減少!

本人たちも「頭がスッキリしてる」
と爽やかな顔でお目覚めでした。

実際に起床後の疲労度を測定すると

  • 寝る前1.6→寝た後0.9
  • 寝る前3.2→寝た後1.0
  • 寝る前2.1→寝た後0.8
  • 寝る前3.5→寝た後2.2
  • 寝る前4.2→寝た後1.4

仰向けの時には上がってた疲労度が
横向きで寝ただけで
全員しっかり下がっていました。

本当に横向きで寝たほうが
イビキをかかず疲れがとれるんですね~。


イビキをかかないようにするには?


イビキをかいている人は
この実験の時と同じように
ウエストポーチをつけて
固定したほうが良いのか?
という質問が出ていましたが、

イビキが軽い人は
ウエストポーチを背中だけでも
置くようにするとイビキの量が減って
結果として質の良い睡眠が得られる

とのことでした。

また、向きは右が良いのか、
左が良いのか?という質問に対しては

右を下にして寝るのが良い


とのこと。

これは、右を下にして寝ると
胃が入り口から出口に向かって
食べたものがスムーズに流れるので
便通も良くなるし、消化も良くなる。

それによって睡眠の質も良くなる。

という理由があるようです。

イビキはかいていないようだけれど
いまいち睡眠の質が悪いという人は
この胃の消化活動がスムーズにいく
右を下にした寝方をすると良いかも。

腸内環境が改善することで
睡眠の質が上がるんじゃないでしょうか?

…特にイビキをかいてないのに
最近、睡眠の質があまり良くない私は
これに当てはまってるかも知れません。


「起き方」も疲労度に関係してる


横向き(しかも右向き)で寝て
イビキはかかない土田さんが
「それでも目覚めが悪い時が
 あるんだけど、それは何故?」
という質問をしていました。

それに対して先生の答えが

目覚まし時計で起きているから

というもの。

目覚まし時計は音で起きますが
大きな音量で起きると言うのは
言ってみれば、脅かされて
起きているようなもの。

こういう起き方をすると
血圧も上がるし、心拍も上がります。

何より緊急事態が発生したと慌てます。

これが目覚めの疲労感に影響してるそうです。

実際にこういう起き方をすると
熟睡感が大きく違うという事も
分かっている。

朝、本当は音で起きるのは良くない。

1番良いのはサバンナの動物のように
日の出と日の入りを合わせること。

光で起きると
睡眠が深いところから
徐々に、まぶたの上で光を感じるので
少しずつ浅くなっていきます。

そうやって、ゆっくりと覚醒に
向かっていくので
血圧も心拍数も上がることなく
ゆっくりと目覚めることが出来る。

…と、先生はおっしゃいますが
ちょっと難しいですよね。

目覚まし時計がないと
朝、起きられるかどうか心配だし。

あと、まぶたに光を感じるって事は
日差しが顔に当たるということ。

それ、光老化のことを考えると
めっちゃくちゃ避けたいところです。

そういう場合は、徐々に明るくなる
「光の目覚まし時計」があるので
それを使うと良いそうです。


以上、朝起きた時に疲れがとれる人と
とれていない人の差の原因
でした。

どうやら私の睡眠の質の悪さは
暑さによる寝苦しさよりも
胃の消化力の低下によるものと
目覚ましによる起床だったようです。

あと、仰向けで寝てます。

これを横向きにすれば良いのですが
横向きに寝ていると
ほうれい線は出来やすくなるし
シミも出来やすくなるんですよね~。

あおむけ寝で、ほうれい線予防
横向きに寝ると、シミができやすくなる

あと、下にした側の目の下に
シワが出来やすいんですよね。
(今日の朝の顔がそうだった)

それを考えると、横向きに寝るのは
あんまり癖にしたくないところ。

ただ、寝不足が続くと
それはそれで、お肌に悪いので
あまりに寝起きの疲労感がひどいなら
その時々で、横向き寝もしようかな
と思いました。

みなさんも、自分の睡眠の質や
健康状態をよ~く考えて
その時に最適な寝方をして下さいね。


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ