2016年7月31日放送の
林先生が驚く初耳学で
「食後のゴロ寝で痩せる」
という驚きの情報が出ていました。

食べてすぐにゴロ寝すると
牛になるよ!と言われて育ったのに
逆に痩せるというんですよ!

…なに、それ。めっちゃ楽やん!
と思わず前のめりになってしまったw

この究極のズボラなのに
痩せやすい体になるという
すんばらしいダイエット方法を
皆さまにもお伝えしますね。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

ゴロ寝ダイエットに大きく関わる臓器


それは肝臓です。

野村消化器内科
院長 野村喜重郎先生によると

肝臓の血液の流れが良くなると
体の基礎代謝率がぐ~んと
アップします。

基礎代謝とは
呼吸や消化などで無意識に使われる
エネルギーのことです。

肝臓は人体の中で使われる
基礎代謝の量が最も多く
その量は全体の27%!

何と脳より多いんです(脳は19%)

つまり肝臓を活発に動かせば
それだけ体内のエネルギーが
消費されるということです。


その効果的な方法が
今回紹介する「食後のゴロ寝」です。


ゴロ寝は肝臓の働きを活性化させる


食後は胃や腸から肝臓へ流れる
血液量が増え、肝臓にエネルギーが
蓄積された状態にあります。

そこでゴロ寝をして
肝臓を活性化させれば
そのエネルギーが効率よく消費される

というわけです。

ただし3つのポイントを守って
ゴロ寝しないと痩せませんし
ヘタすれば逆効果になります。

その3つのポイントとは何かを含め
痩せるための「正しいゴロ寝」の
やり方を今から紹介します。


ダイエットに効果的な正しいゴロ寝の仕方


  1. 肝臓が下に来るように
      体の右側を下にして寝ること


  2. 頭と足を約30cm上げた体制になること

  3. 自力で上げる必要はなく
    足も頭もクッションの上に置けばOK。

    頭はいつものゴロ寝の時と同じように
    腕で支えてあげれば大丈夫です。

    高さが足りない人は
    腕の下にクッションを置いて
    その上で頭を支えて下さい。

    こうやって頭と足を上げて
    肝臓が緩いV字の底にくるようにすると
    重力により血流の流れが肝臓に集中します。


    そうして血流が増えることで
    肝臓が活性化します。


  4. ゴロ寝は15~30分

ゴロ寝が長過ぎると逆効果になります。

長時間ゴロ寝をしていると
肝臓が休息状態になり
エネルギーは消化されず
脂肪として蓄積されてしまいます。

…当然、太ってしまいますので
時間には十分気をつけて下さい!

この3つのポイントを忘れず
これ以上ないほどに楽に痩せましょう!


以上、「食後のゴロ寝で痩せる」方法でした。

…これ、シックスパッド
組み合わせたら最強じゃない?

寝るだけで痩せやすくなって
体に引っ付けるだけで
筋肉が鍛えられる……完璧っ!!

こりゃ良いわ♪

私は、この2つの組合せで
全く努力しないダイエットを
目指してやろうと思ってますw

いや~良い方法聞いちゃったなぁ♪


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ