口を開けば「暑い」しか出ない。
そんな厳しい夏の終わりが見えてきました。

朝晩だけでなく日中も涼しさを
感じる日が多くなってきましたね。

こうなるともうサンダルの季節も終わり。

夏中活躍してくれたサンダルをしまい
ガサガサになったかかとをケアしましょう。


夏の間中、サンダルを履いていた人
部屋の中で裸足で過ごしていた人は
足の裏、特にかかとがガサガサに
なっている方が多いと思います。

そのガサガサを放っておくと
どんどんひどくなってしまうので
今、このタイミングでケアして欲しいんです。

サンダルでガサガサになったかかとを
治す方法
を紹介するので
今日から少しずつケアを始めて下さい。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

かかとがガサガサになる原因


かかとがガサガサになる原因は
主に3つあります。

まず乾燥

足の裏には、毛根がないため
皮脂が出ません。

そのため、乾燥しやすい部分なんです。

その足を、夏中は無防備にさらしますよね?

すると足が冷え、血行が悪くなり
余計に乾燥しやすくなります。

こうして夏中に積もり積もった乾燥が
足裏、とくにかかとのガサガサ
となって現れてるんですよ。


次に、代謝が落ちたこと

肌は加齢により新陳代謝が低下し
古い角質が溜まりやすくなります。

この代謝の低下が、顔だけじゃなく
足の裏でも起こってるんです。

足の裏の皮膚の代謝が落ち
古い角質が溜まってしまって
それで足裏やかかとがガチガチになるんです。

年齢が上がっていくごとに
足裏やかかとがガサガサになりやすく
なっちゃうんですね~。

この代謝の悪さは
上で挙げた足裏の乾燥も引き起こし
ひいては、かかとのガサガサに
繋がってしまいます。


そして3つ目が刺激が多いこと

足の裏は、とにかく刺激を受けます。

歩く・走ることで、摩擦が起こるし
普通に立っているだけで
体重という負荷がかかります。

この刺激や負荷から足裏を守ろうと
体は足裏を守ろうとして
角質を厚くします。

そこへ、刺激や重さが加わり
分厚くなった角質がひび割れる
なんてことが起こります。

かかとがガサガサになった上
ひび割れてる人は、これが原因です。

特に夏にサンダルを履いてると
かかとがしっかり固定されず
摩擦が起こりやすくなるので
かかとのガサガサはひどくなります。
(ミュールも一緒)


かかとのガサガサを治す方法


まずは保湿をしましょう。

足裏やかかとの皮膚が
柔らかくなっている風呂あがりに
保湿クリームやオイルを塗りこみます。


かかとがひび割れるほど
乾燥してしまっている人は
ひびにも擦りこむようにしましょう。

クリームやオイルを塗った後で
蒸しタオルで足を包んだり
ビニール袋に足を入れ入り口を
輪ゴムで止めるというパックをすると
保湿成分が浸透しやすくなります。

シャワーキャップに片足ずつ
足を入れる、なんてやり方を
している人も居るようですよw

一番簡単なのは、靴下を履いてしまうことです。

このまま寝るまで靴下を履けば
クリームのヌルヌルもなくなるので
私は靴下を履いています。

かかとや足裏の角質が分厚く
クリームがなかなか浸透しない方は
角質を柔らかくする尿素配合の
保湿クリームを使うと良いです。


それでもダメなら、角質ケアをします。

入浴後や足浴後の
かかとの皮膚が柔らかくなってる時に
足裏の角質を落とすやすりを使って
優しく丁寧に角質を取り除きます。


決してゴシゴシこすらないでください。

ここで力を入れすぎると
それが足裏への刺激となり
角質が厚くなってしまう原因となります。

角質の落とし過ぎも
同じく足裏やかかとへの刺激となり
足が刺激から守るため
角質を厚くしようとする、という
堂々巡りになるので止めて下さい。

カチカチになった部分を
少し残す程度にしておきましょう。

顔の角質だって落とし過ぎは
肌が刺激に弱くなって良くないでしょう?

あれと同じです。

やり過ぎると育ってきている
新しい角質まで削ってしまうと考え
「全部取り除かない」ようにして下さい。

頻度もせいぜい週に1回くらいにしましょう。

あと、水気があるときに
角質ケアを行わないようにして下さい。


入浴中に軽石で角質ケアをしてる
という方は今すぐ止めて下さい。

入浴中は足がふやけた状態なので
角質が削れすぎてしまう事が多いです。

その時に軽石でケアしちゃうと
ほとんどの方が削りすぎてしまうでしょう。

こうならないよう入浴中のケアは
止めて下さいね。

お風呂上がりに行う方も
水気はしっかりと拭きとって
足がちゃんと乾燥してからにして下さい。

足裏の水気をしっかり拭くことは
乾燥を防ぐことにも繋がるので
角質ケアしない時でも
しっかり拭くように習慣化しましょう。


保湿&角質ケアを行うと
かかとのガサガサは
かなり改善されてくると思います。

ここで満足せず、足裏マッサージをしましょう。

マッサージをして足裏の血行を良くし
新陳代謝をアップさせることで
乾燥と角質が溜まることを防げば
かかとはガサガサになりません。

常にふかふかの赤ちゃんのような
足裏を保てるようになりますよ♪

足裏やかかとにクリームや
オイルを塗りこむ時に
一緒にマッサージしてしまえば
特に時間もとりません。

足裏やかかとだけじゃなく
足首も一緒にマッサージすれば
さらに足の血行が良くなり
足の冷え対策にもなるのでオススメです。



以上、サンダルでかかとが
ガサガサになる原因と治す方法
でした。

基本はやっぱり保湿です。

かかとがガサガサどころか
カッチカチにひび割れて黄色い
という、ひどい人以外は保湿で治ります。

安易に角質を削る方に頼らず
保湿を続けても、なかなか治らない
という場合に角質ケアに進む
というぐらいに考えておいて下さい。

私は数年前、夏中裸足で過ごし
かかとがひび割れるという状態に
なったことがあります。

角質が厚くなるところまでは
いかなかったのですが
「何か、かかとに白い線が
 いっぱい入ってる」みたいな
状態にまでいきました。

それでも保湿ケアだけで治りました。

毎日、お風呂上がりに馬油を塗り
その後、体の熱が冷めてきたら
寝るまで靴下を履いて過ごす。


という超基本的な方法ですが
ひび割れも治りましたし
足裏がフカフカになりましたよ。

それ以降、夏でも足裏やかかとの
保湿を怠らないようにしたら
夏中、裸足で過ごしても
足裏もかかともキレイなままで
過ごせるようになりました。

もちろん今も、かかとは柔らかいままです。

結局は、お肌と同じで、
毎日ケアし続けることが
一番大切なんだと思います。

今すぐガサガサが治らなくても
ちゃんとケアし続けていれば
ちゃーんと、ふかふか足に戻ります。

それを信じて、毎日しっかりケアして下さい。


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ