2016年8月30日放送の
林修の今でしょ!講座は
猛暑で溜まった体のダメージを
スッキリ解消する
「医学的アフターケアSP」でした。

今年の猛暑で肌・目・脳に受けた
ダメージを医学的にケアしよう
ということで

肌・目・脳それぞれの
最適なアフターケアを
各部位ごとにの専門医に解説してもらう

という内容でした。

私が注目したのは肌のアフターケア。

肌のアフターケアは
シミの原因物質を体に溜め込まない
という方法で、これを知ってると
シミが作られにくくなるんです。

この夏が終わりを迎えようとしてる今
まさに必要なケア方法を
みなさまにも、紹介したいと思います。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

シミが出来る原因物質とは


夏の強い光に含まれる紫外線は
体にとって有害なので
体を守るために、肌は黒い日傘
「メラニン色素」を差します。

メラニン色素は本来
紫外線から体を守ってくれますが
黒い日傘を開きっぱなしにしていると
シミとして残ってしまう。

なら、黒い日傘を早く畳んでしまえば
シミになりにくいわけです。


…ですが!

この日傘を閉じる邪魔をする
厄介な物質の存在があるんです!

それが今、新たなシミの原因物質
として医学界で注目されている物質です。

そのシミの原因物質とは
よく目にするあるモノに似ています。

それは「パンの焦げ」です。

パンを焼くと焦げ色がつきますよね?
あれがシミの原因物質です。

加熱で色が変わる反応を
「メイラード反応」といい
この反応が体内で起こり
シミや老化の現象を引き起こしている
と、最新研究で分かってきたんです。

体内にパンの焦げのようなものがあり
それがシミの原因になっているんです。

その体の中のパンの焦げを
AGEと言います

…おいおいAGEって
肌老化の原因・糖化の
原因物質でもあるのに
シミが出来る原因にもなるのかよ_| ̄|○

しかし、シミの原因になるのは
初耳です。

なぜAGEがシミの原因になるのか。
その理由は次のようなものでした。


AGEが多いとシミができやすい


AGEとはコラーゲン(たんぱく質)が
糖がこびりつき変化したものです。

そのAGEが、何故シミの原因になるのか。

それはAGEがあると、
ほんの少しの紫外線で
過剰にメラニン色素を作るように
体に命令をしかけてしまうからです。


いま、私たちの肌は
夏の紫外線から細胞を守るために
メラニン色素という黒い日傘を
広げた状態になっています。

夏が終わって黒い日傘をたためば
シミになりにくいのですが
体の中にAGEが多いと
夏の終わりの弱い紫外線でも
日傘を差すように指令が出されるので
シミが残りやすくなってしまうんです。


だから、AGEが体内に多いと
シミができやすくなるという訳です。

こういったAGEの働きを考えると
夏の肌のアフターケアの最大のポイントは

シミの原因物質AGEを
体に溜め込み過ぎない


ということが大切になってきます。


AGEを溜め過ぎない方法とは


一番はAGEを食べ物から摂り過ぎないことです。

AGEが多く含まれる食べ物は肉料理です。

一般的に、食べ物別のAGEの多さは
おおまかに表すと

サラダ<トースト<焼き魚<ステーキ

という順に多くなっていきます。

だから単純に考えれば
肉料理を我慢することが
AGE量を抑える一番の方法です。

ですが、無理に肉料理を
我慢する必要はありません。

AGEには

ゆで&蒸し料理は揚げた時と比べ
AGEが10分の1になる


という特徴があり
調理法次第ででAGEの量を
グッと抑えられるので
お肉の調理法を蒸し&焼きに
すれば良いんです。

調理法だけで、そんなに違うのか?
って感じですが、かなり違うんですよ。

バンパンジー(蒸し鳥)を1とすると
焼き鳥は5,唐揚げ(揚げ鶏)は10

と、かなりの差が出ます。

だから、お肉が食べたい場合も
唐揚げより、焼き鳥&バンバンジーを
選ぶようにすればAGE量は
ググッと抑えられます。


さらに。

AGEが多い唐揚げでも、
ひと手間かけてあげれば
その量をグッと減らせるんです。

最新の研究で分かった
揚げ物のAGEを下げるひと手間とは

酢やレモンなどの食材を一緒に摂る

ということです。

唐揚げにレモンって
なんか定番中の定番な
組合せのように思いますが

酢やレモンなどの食材を一緒に摂ると
コラーゲンに糖がくっつきにくくなり
AGEの摂り過ぎ防止になるんです。


鶏肉を揚げる前に
酢で下ごしらえしてから
揚げるようにするとAGEが減ります。

それが出来ないなら
レモンを絞ってかけるだけで良い。

後は酢でしめたり、レモンに浸けて
マリネのように下ごしらえすると
AGEができにくくなるそうです。

お肉類が食べたい時は
これを覚えておき
酢&レモンを加えるようにしましょう。

また、きのこに含まれる
キチン・キトサンという成分が
AGEの吸収を抑える効果が
期待できるそうなので
きのこ料理を一緒に摂るようにしましょう。


以上、シミを作りにくくする夏の肌のアフターケア方法でした。

紫外線を浴びてから
シミが作られるまで
約1ヶ月かかります。

7・8月に浴びた紫外線によって
まさに今、シミが作られている最中です。

このシミを肌に残してしまうか
瀬戸際にいる今こそ頑張り時です。

このアフターケア方法を活用し
出来る限りシミが作られないように
頑張りましょう!

以前、紹介したコチラの記事も
合わせて読むと、より効果的ですよ。
  ↓↓
AGEを抑える食べ物と食べ方とは?


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ