美顔ローラーでお馴染みの
ReFaから新商品が出るという事で
新商品体験会に行ってきました。

「今度はどこをマッサージする
 ローラーが出るんだろう?」と
ワクワクしてたら…

まさかの洗顔ブラシ ReFa CLEAR(リファクリア)登場!

電動 洗顔ブラシ「ReFa CLEAR(リファクリア)」と洗顔料
ReFa CLEAR

美容理論・皮膚理論・洗浄理論を
組み合わせて作られた
世界一汚れが落ちて
世界一肌に優しい洗顔ブラシと洗顔料です。

MTGらしく各界の権威の協力の元
共同開発された商品で
最新にして世界初の商品となってます。

…というんですが
ぶっちゃけ私は肌が弱いのもあって
洗顔ブラシというものには
良い印象がありません。

汚れは落ちるのかも知れないけど
やたらと強い力でゴシゴシ擦って
肌を痛めてしまうという印象が強い。

「美肌になるどころか
 肌がボロボロになってまうわ」

「こんなん使えるのは
 肌がめっちゃ丈夫な人とか
 脂ギッシュな男の人だけちゃう?」

って感じてました。

そんなもんだから
「今回、ちょっと期待ハズレかも」
とか思ってたんですが
MTGさんが、そんな不安だらけの
商品を出してくるわけないんですね~

むしろ、従来の商品の悪い所を
ぜ~んぶ改良して
汚れは落としやすく、肌には優しくを
限界まで追求してきてると
言っていい洗顔ブラシに仕上げてきてます。


従来の商品に比べ
何がどう良くなっているのか。

その様子を、商品の特徴とともに
じっくり紹介していきたいと思います。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

ReFa CLEAR(リファクリア)の特徴1:立体的なアプローチ


従来の洗顔ブラシは
「回転式」「2D音波振動式」
という2つの洗浄方法になってます。

それぞれの特徴を記すと
このようになります。

  • 回転式
  • ブラシ部分が回転する

    肌に余計な摩擦を起こしやすい

    平面的な動きなので
    立体的なアプローチをしにくい

  • 2D音波振動式
  • ブラシ部分が左右に音波振動する

    左右にしか振動しないので
    立体的なアプローチをしにくい

    毛穴を横に広げてしまう

どちらも力が加わる割に
平面(肌表面)だけを磨き上げて
立体的(毛穴)の汚れを落とす力が
イマイチ
…という感じです。

これではいちご鼻など
毛穴の汚れが気になる人は
あまり効果を感じられませんね。

リファクリアは、これらの不満点を
解消するべく
3Dソニックモーション
というものが採用されてます。

これ、どういう動きかというと

0.2~0.3mmの横振動と
0.5mmの縦振動で
肌表面と毛穴の両方をくまなく洗浄


というもので、
横と縦で振動の幅が違うのは

  • 横は毛穴を広げないように
    あまり動かさないようになってる

  • 縦はこの深さが一番汚れてるので
    0.5mmまで動くようになってる
    (縦が立体的アプローチ担当)

という理由があるからです。

肌への無駄な摩擦や負担は
極力減らしつつも
しっかり毛穴の奥まで洗浄できるよう
計算しつくされた動きをするんですよ。

実際、振動テストということで
塩を入れたシャーレに
リファクリアを当てると
縦横どちらにも動きまくるんですよ。
塩が縦横まんべんなく動く

塩が跳ねすぎて、シャーレから
飛び出したりもしますw

それくらい縦(立体的)な
アプローチもしっかりします。

これは小鼻の毛穴詰まりや
いちご鼻をキレイに洗いたい!
って人には待ち望まれた
動きじゃないでしょうか?

私はこの説明を聞いた後
猛烈に、小鼻の毛穴の皮脂詰まりに
使ってみたくなりましたw

自分もいちご鼻や小鼻に使いたいReFa CLEAR


ReFa CLEAR(リファクリア)の特徴2:イオンの力で地層化した汚れを落とす


肌の汚れの原因の1つは
メイク汚れなどの肌汚れが
地層化することです。

落としきれなかった
ファンデなどのメイク汚れに
ほこりや皮脂が積み重なり
それが毛穴の底で地層化してるんです。

その中でも厄介なのがメイク汚れ。

メイクの主な原材料である
「カオリン」はマイナスの電気を
帯びています。

そして肌はプラスの電気を帯びています。

汚れはマイナス、肌はプラスに
なるわけですから
強く結合して、こびりついちゃうんです。

本来、肌はプラスとマイナスの
バランスがとれているので
健康な肌の持ち主なら
こういう事はないんですが
常にメイクを落としきれてない肌は
乾燥を引き起こします。

それにより、肌がプラスに傾き
どんどん汚れと結びつきやすくなり
それが毛穴の底に頑固な汚れとして
こびりついちゃうんですね~。

「肌の汚れが落としきれてない」
という事は、こんなひどい悪循環を
引き起こしてるんです。

なら、毛穴の底にこびりついた
頑固な汚れをゴシゴシ擦って
落とせば良いじゃない…って
それは肌を痛めてしまうのでダメですね。

そこでMTGさんが考え出したのが
イオンクレンジングです。

イオンを発生させ
プラスに傾いた肌をマイナスにして
毛穴の底にこびりついた汚れを
無理なく浮かばせる


という画期的な方法です。

肌もマイナス、汚れもマイナスになり
反発し合うので、汚れは浮かぶし
一度浮いた汚れの再付着も防ぎます。

これは素晴らしい!!

肌汚れは落としたいけれど
肌が弱ってて、しっかり洗うと痛い
洗う時の刺激が怖いという人も
これなら安心に使えますよね~。

肌への負担をかけずこびりついた
汚れを落としたい
ReFa CLEAR

ちなみに「イオンを発生させる」
といっても電気刺激はありません。

ReFaでお馴染みの
「マイクロカレント」を
いつもどおり発生させるだけです。


この横のシルバーラインに触れると
勝手にマイクロカレントが発生します
ラインに触れてればイオンが発生します

美顔器のReFaシリーズも
取っ手の部分を握ってると
マイクロカレントが発生するでしょ?

あれと同じです。
だから、使ってても何の刺激もありません。


ReFa CLEAR(リファクリア)の特徴3:特殊加工熊野筆


「肌が弱い人あるある」として
メイク用品そのものが刺激になる
というのがあります。

メイク用のファンデやブラシ
コットンの質が悪いと
それらの摩擦や刺激によって
肌荒れするんですよ(汗)

いくら、リファクリアの洗浄力が
めちゃくちゃ優れていても
肌への負担が少ない動きだろうと
ブラシ部分の質が悪い場合は
絶対に使えません。

そこはMTGさんも分かってるのか
これまた最高品質素材を
ぶっ込んで来てくれました!

リファクリアのブラシ部分は
肌あたりの良さと機能性の高さから
「世界一の化粧筆」と呼ばれている
熊野筆
に特殊加工を施してます
リファクリアの毛先は熊野筆

ただ単に肌当たりが良い
というわけではなく

  • 段差混毛
  • 毛先に0.5mmの段差をつけ
    肌の凸凹にフィットさせながら
    毛先まで振動を伝えやすくする

  • テーパー状の毛先
  • 毛先の細さが0.01mmと
    毛穴よりも細くなっており
    毛穴にもするりと入り込む

  • リッチな毛量
  • たっぷりな毛量で
    肌への優しさと洗浄力を高める。
    密度が高いため細かな起伏まで
    隙間なく洗浄できる

  • クッションウエーブ
  • 根元をウエーブ状に加工し
    肌に合わせて伸縮することで
    クッションのように弾力のある
    柔らかな肌当たりを実現

というように肌表面に負担をかけず
汚れを落とすことを
同時実現させるために
色んな工夫をこらしてます


従来の商品では有り得なかった
肌への優しさと洗浄力の強さを
見事に両立させてるんですね~。

…とは言いつつ。

「ほんまに肌当たり優しいの?」
と疑ってみたくなるのも人情と言うもので。

その肌当たりの良さが
ひと目で分かるように
社員さんがある実験をして見せてくれました。

まず肌の角質層と同じ厚さ
0.2mmの紙を用意し、手の甲に乗せます。
金魚すくいのときのような薄い紙を乗せる

次に洗顔時と同じように
水で湿らせます。
洗顔時の角質層と似た状態にする

そして、いつもの手洗顔の時と
同じように指でクルクルと
マッサージすると…
なんと2~3回で破けてしまいます。
MTG 洗顔リファ 147

本当に軽く指を回してたのに
あっという間に破けてしまいました。

さて、お次はリファクリアを使います。

同じように薄紙を手の甲に乗せ
水で湿らせてから
クルクルとマッサージしていきます
リファクリアで洗顔中

ズルはしてませんw
ちゃんと肌に当たっています。
ちゃんとブラシが肌に当たってます

この状態で、1回転・2回転と
続けていきます。

結果…10回転させても紙は破けません。
10回転させても紙は破けません

両方を比べると結果は一目瞭然!
リファクリアの方が
手で優しく洗うより刺激が少ない!
リファクリアと手洗顔の刺激の差

「いやいや、社員さんがやるから
 手加減とかしてんじゃないの?」
と思うでしょ?

でも、これ後でセミナー参加者さんが
自分でやっても同じ結果でした。
(私、横でちゃっかり見てた)

後で自分で触ってみても
とんでもなく肌触りがよくって
「これ、ちゃんと洗えてる?」
ってくらいだったので
本当に優しい肌触りだと断言できます。



以上、 ReFa CLEAR(リファクリア)
特徴と従来製品との差の説明でした。

従来の洗顔ブラシの「足りなさ」というか

「力が入ってる割に
 毛穴汚れがなかなか落ちない
 汚れを落とそうとして
 ゴシゴシ動かしたら肌が傷んだ」

という、ありがちな悩みを、
真正面から解決しにかかったような
洗顔ブラシでした。

さすがMTGが開発に5年もかけただけあるわ。

「なんか今回期待はずれ」とか
思っててごめんなさいっ!

むしろ期待しかないわぁ。

そんな私の期待を背負った
ReFa CLEAR(リファクリア)ですが
実は一部を覗いては
まだ販売開始前でございます。
(一部百貨店のみ販売開始)

WEB上の予約が開始するのが
2016年10月26日(水)予定。


正式に販売開始となるのは
2016年11月9日(水)と少し先になります。
(追記)販売開始しました!

それまでに少しずつ
情報公開されていくと思うので
リファクリアが欲しい!という方は
公式サイトをこまめに
チェックしておいて下さい。

ReFa CLEAR
プラチナ電子ローラー ReFa(リファ)

(11/9追記)
やっと販売開始となりました!

また2016 ReFa Winter
キャンペーンも開始しており
リファかエクスプレッション製品を
24,300円以上買うとオリジナルポーチが貰えます。

洗顔料も合わせて欲しいという方は
リファクリア&メディカルクリーム
ウォッシュセット
を購入して下さい。

では次の記事からは
リファクリアの具体的な使い方や
MTG社員さんが実演してるところ
私が使ってみた感想などを
詳しくレビューしていきたいと思います。

<各記事へはコチラからどうぞ>


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ