2016年10月1日放送の
サタデープラスで
1日2分行うだけでほうれい線を
劇的に改善する方法
が紹介されてました。

また、これを目元にも行うことで
目元のたるみも簡単に改善できる
という、効果抜群のたるみ改善方法なんです。

そのたるみ改善方法と
どれくらいの効果があるのかを
今から紹介していきますね。

うまくいけば、小顔効果も
得られる方法なので
小顔狙いの方も必見ですよ!

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

ほうれい線を改善する「リガメントほぐし」


リガメント(ligament)とは
簡単に訳すと「じん帯」です。

骨と筋肉、脂肪、皮膚を
繋ぎ止めている結合点のことを
言います。

骨から皮膚はすべての場所で
固く繋がっているわけではなく
このリガメントにより点で
支えられています。

これは体だけじゃなく顔にもあり
顔の場合は顔の骨から皮膚、
または骨から筋肉についています。


リガメントほぐしがほうれい線改善になる理由


ほうれい線と関連している
リガメントが頬骨の下にあります。

このリガメントをほぐすと
上に引っ張る筋肉がよく収縮し
頬がギュッと上がるので
ほうれい線が目立たなくなります。


口周りの上に引っ張る筋肉の
筋力アップに繋がるんですね。

そもそも顔のたるみの原因は

顔に骨、筋肉、脂肪、皮膚と
下から順についているものが
年々、重力によって下に垂れていくこと。

紫外線や生活習慣などで
老化が進み、筋肉の弾力が落ちたり
皮膚のコラーゲンが減少して
ハリを保てずに下に落ちてくること。

これらが大きな原因ですが
そのうちの顔の筋力の低下に
リガメントほぐしが有効なようです。


ほうれい線のできやすさチェック


  1. 下唇を前歯で軽く噛みます

  2. そのまま歯茎が見えるように
      上唇を上げる

2の動きが分からないという方は
鼻の下と上唇で、鉛筆を挟む
という動作を思い出して下さい。

これで何が分かるかというと
口周りの筋力の強さが分かります。

上唇が上に上がらない人は
ほうれい線ができやすいです。

口周りの上に引っ張る筋肉が弱まると
顔のたるみやほうれい線の原因に
なるので、この動作ができない人は
顔がたるみやすい、もしくはたるんでる方です。

ちなみに、私は現在は出来ますが
PAOを使う前は、全く出来ませんでした。

鉛筆が落ちてしまうどころか
挟むことすらまともに出来なかった。

だから、今、この動きが出来ない方は
要注意である、とちょっと脅しておきますよ。

では、いよいよリガメントほぐしの
やり方を紹介していきますね。


ほうれい線を改善するリガメントほぐしのやり方


ほうれい線に関するリガメントは
鼻の付け根から、頬骨に沿って
ついています。

ほうれい線に関するリガメントの位置

ここを指でゆっくり押していきます。

両手の親指を立て、頬骨の下に
潜り込ませるように斜め後ろに
押していきます。


「斜め後ろ」というのは
完全に垂直に押すというのではなく
親指を斜めにして、頬骨に当てるよう
斜め上に押し上げていきましょう。

頬骨に沿って、ゆっくりと
痛気持ちいい程度に
押していくのがポイントです。

だいたい鼻の付け根から
顔の端までを4点押してました。

小鼻の横、頬骨の頂点、
目尻の下あたり、頬の端、
という感じに押していく感じですね。

最初はリガメントが固いため
痛く感じることもありますが
やっているうちにほぐれてくると
痛くなくなってくるそうです。

押す時に親指で下方向に
押してしまうと
たるみが強くなってしまうので
気をつけて下さいね。


先生は、押す→ちょっと指を揺らす
という感じに押してました。

基本1日2分これを行います。

顔の筋肉がほぐれるので
血色も良くなってくる、とのこと。

いつやっても良いそうですが
入浴中やお風呂上がりに行うと
血行が良くなり筋肉がほぐれやすい
ので
これがベストだと思う、とのこと。


目元のたるみを改善するリガメントほぐしのやり方


目元のリガメントをほぐすことで
目元のたるみも改善できます。

目の周りのリガメントの位置はここです。

目元のリガメントの位置

目玉が入ってる骨の周りを
人差し指の腹で押してゆきます。
上は眉の下の黒目の少し外側を押します。

目の周りの骨をゆっくりと押す感じです。

位置の目安としては
目頭の下、黒目の下、目尻の下
眉山の下あたりです。

真っ直ぐ上方向に押してしまうと
指を目に突き刺してしまうので
人差し指を横にして
横方向へずらしながら
ゆっくりと押していくようにしましょう。


眉の下を押す場合は
手を顔にひっつけた状態で押すと
グイッと上に入りすぎません。

リフトアップを狙って
強くやりすぎてしまうと
リガメントが壊れてしまうので
ほどほどにしておきましょう。


リガメントほぐしを2週間やった結果


リガメントほぐしをやったのは
いつの頃からか
ほうれい線と言えば大久保さん
と言われるようになってしまった
オアシズ大久保さんw

申し訳ないけど、確かにそんなイメージあるわw

実際に、小鼻の横から
口角までクッキリとほうれい線があります。

ほうれい線のできやすさチェックも
大久保さんは全然上がりません。

上の歯全体がなんとか見えるかな
というくらい。

確実に口周りの筋力が弱ってます。

この状態から、1日2分の
リガメントほぐしを行ってもらいました。

そして2週間後…すごいドヤ顔で登場w

超ドヤ顔で登場しただけあって
明らかにほうれい線が薄くなってます。

顔全体が引き上がり明るい印象に!

唇もキュッと上がってしたねぇ。

そして目元がパッチリとしており
腫れぼったさが消えてました。

大久保さんの他にも
一般モニター5名にも
2週間のリガメントほぐしを
行ってもらってたんですが

実験前のほうれい線の長さから
それぞれ-0.9cm、-1.0cm、
-0.6cm-0.7cm、-1.3cmと
平均-0.8cmも、ほうれい線が
短くなっていました。

(※ほうれい線の長さは左右平均です)

40歳の女性は
クッキリあったほうれい線が
少し薄くなり、そして確実に
短くなっていました。

周りから小顔になったね、と
言われたそうですよ。

45歳の方はリガメントほぐしで
頬の筋肉が持ち上がり
あごのラインがシャープになってました。

小顔効果抜群ですね。

46歳の女性はコンプレックスだった
目が腫れぼったいのが改善された
と喜ばれてました。

このように、リガメントほぐしを
2週間行った方は
皆さん、何かしらの変化を
きちんと感じられる結果となりました。

大久保さんの、ほうれい線が
具体的に何cm減ったのかが
分からなかったのが残念ですが
パッと見ただけで、変化が分かる
という程の結果が出たのはすごいと思う。

お金も時間もかからないし
結果は出やすいしで、
すごく良い方法ですね。

私もPAOと並行して取り入れて行きたいです。

ついつい無駄に力を入れて
ギューギュー押しそうなので
そこは気をつけなきゃね。


■管理人が試した顔のたるみを改善する化粧品


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ