40代に入ると、急激に進む肌の乾燥。

それと同時に顔のたるみも進んだ、と
肌の乾燥とたるみの両方に悩む方が
増えるのもこの年代の特徴です。

するとですね
「肌が乾燥したから、たるんだなら
 油分をいっぱい足してあげよう!」
と、いーっぱいクリームを塗る方が
多いんですが、それじゃ足りません。

40代の乾燥した肌は油分だけじゃなく
水分も不足しています。


だから油分だけ足しても
あなたの顔のたるみは改善されません。


なら、どうすれば良いのか。
今から説明していきますね。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

40代の肌は水分も油分も足りない


肌の乾燥が進むと皮脂(油分)の
少なさが目立ちますが
実は同じくらい水分量も減ってます。

肌を保護し、水分の蒸発を防ぐ力。
肌内部で水分を保持する力。

この両方が、40代に入ると激減します。

ですから油分だけ足すのではなく
水分を保持する力を高めていかないと
あなたの肌は、ずーっと乾燥したままです。


ヘタすると、顔表面はテカテカなのに
肌内部はカッサカサなままです。

これは避けたいですよね?

見た目的にも非常に嫌な感じです。


油分と同時にセラミドを補おう


40代の乾燥肌を改善してくれるのは
セラミド入りのスキンケアアイテムです。

セラミドは、細胞間脂質と言われ
角質の細胞同士の隙間を満たし、
水分を抱え込む保湿成分です。

水分を蓄えてくれる働きも
乾燥改善の為、大いに役立ちますが
肌バリアを形成し、外部の乾燥や
刺激から守ってくれるという点でも
かなり役立ってくれます。

これがあるからこそ、肌が適正な
水分と油分のバランスを保ち
健やかな状態を維持していられるんです。

このセラミド、加齢とともに減ります。

そして水分保持力とバリア機能の
両方が一気に減ってしまい
肌が乾きやすくなり、顔のたるみも
進行していくし、シワも目立ってくる
というわけです。

逆に言えば、セラミドを補えれば
水分保持力もバリア機能も復活し
しっかり潤う肌になれるわけです。


セラミドを外から与えるor増やす


セラミド配合アイテムの効果は
主に2つあります。

セラミドを外から与えるものと
セラミドを内部から増やすものです。


まず、セラミドを外から与えるもの。
これは比較的、商品数が多いです。

美容液もクリームも数多くあります。

例えば、私が今まで紹介したものだと
リマーユ プラセラ原液
クラウンセルクリームがそうですね。

どちらも良質のセラミドを与え
肌の潤いを保とうというアイテムです。

最近は、保湿=セラミドという
図式が出来上がっているため
多くの会社がこぞってセラミド入りの
スキンケアアイテムを出してますが
セラミドの質によって効果に差が出る
というのが私個人の感想。

なので、どれを買うにしても
セラミドの品質や配合量などを
じっくり読んで買う必要がありますね。

わりと安価なものが多いので
まずセラミドを試したいという方は
このタイプのものを買うと良いでしょう。

ただし、セラミドは肌に入りにくく
定着しにくいという難点があるので
商品によっては期待どおりの効果が
得られないものもあります。


次にセラミドを内部から増やすもの。

これは商品数自体あまりないし
価格も高めの物が多いですが
なにせ、内部から増やすものなので
セラミドの「入りにくい」という難点が
関係ないという強みがあります。

使い続けることによる効果も
こちらの方が上でしょう。

私が使ったものだと
ライスフォースの化粧水・美容液
クリームがそれに当たります。

この3つには
「ライスパワーエキスNo.11」という
セラミドの生産量を増やす成分が
入っているんです。

ライスフォース トライアルキット
3つすべてお試しできます。

あとはつい先日、紹介したばかりの
ビーグレンのQuSomeローション

これもセラミドを作り出す司令塔に
働きかけ、産生を増やすという
最新の保湿型ビタミンC誘導体が
配合されています。

また増えたセラミドが定着するよう
作られているという特徴もあります。

どちらもそれなりの価格なので
「使い続けられるか」が焦点になるかも。


以上、40代の乾燥した肌は
油分と水分、両方が不足してるから
油分的保湿だけじゃなく
セラミド配合アイテムを使って
水分保持力を上げてね、という話でした。

そうやって肌の乾燥が改善されれば
シワも目立たなくなっていきますし
乾燥が原因の顔のたるみも
少しずつ改善していくはずです。

そのためにも、まずはしっかりと
「効果のある保湿」を続けて下さいね。


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ