最近、「ながら美容」という言葉がありますが、
「ながら」どころか、寝る時にそれをつけるだけで、
ほうれい線予防になるアイテムがあります。

多分、もっとも手軽な、ほうれい線予防でしょう。

それは何かというと「マスクをつけて寝る」こと。

ほうれい線予防でなく、今のように急に秋に季節が移って、
お肌がかさついたり、のどが痛くなったりしがちな時に、
とても有効な「ながら美容」なんですよ。

なんでマスクをつけるだけで、ほうれい線予防になるのか。

そのあたりも説明していきますので、
マスクの用意をしつつ、続きを読んで下さい。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

まず、「マスクをつけて寝るだけ」ってどういうこと?
って疑問に思われるでしょうから、そこから説明しますね。

単純に「マスクをつけて寝る」だけ。

ほんっとーに、これだけです。

ポイントとしては、鼻まで覆う大き目のマスクを
使うってことですかね~


花粉の時のマスクみたいに、すっぽりと覆うのが良いです。

花粉症用の立体的なマスクありますよね?
あれなんか息苦しくないということで人気です。

あと「隙間なく、ピッタリ覆える」のが良いんです。

どうしてかと言うと、ピッタリと隙間がない状態で、
マスクをしたまま寝ると、マスク内が一定の湿度と温度で
一晩中保たれるからです。


そうです。口元に加湿器があるような状態になるんですよw

頬のかさつき、唇の荒れが気になる方は、
保湿クリームを塗ると、効果ありますよ~。

そして冒頭に書いたように、ほうれい線予防にも
とても効果的なんですが、

何故かというと、ほうれい線の原因の1つに
肌の乾燥があるからです。

だからマスクをして保湿効果が得られる状態だと、
ほうれい線予防、もしくは、ほうれい線改善になるんですね。


ほうれい線に集中して、美容液や保湿クリームを塗ると
より効果が出た、という方もいらっしゃいます。

…ハイ、もうお気づきかと思いますが、
別にマスクが活躍するのは夜だけではありません。

マスクのほうれい線に対する予防・改善力をご存知の方は、
日中もマスクをつけていらっしゃいます。

パソコンの前は乾燥するから、という理由で、
仕事中もつけていらっしゃる方とか。

さすがに仕事中は無理でも、通勤途中はマスク装着!
ついでに、マスクで見えない部分は保湿クリームを塗って、
顔をしっとりさせてる、なんて上級者もw

保湿クリームの量の調節が難しそうですが、
慣れれば、電車内の乾燥もへっちゃらになりますね。

当たり前ですが、人が多い通勤時間に
風邪を移されなくても済むし。

これ以上に、お手軽な「ながら美容」はないと思います。

ほうれい線予防以外にも、
風邪予防&美肌が手に入るマスク生活、
あなたも始めてみませんか?

ただし、いくつか注意点もありますので、
そちらを読んだうえで、お試しください。

ほうれい線予防にマスクを使うときの注意点
ほうれい線予防にマスクを使うときの注意点 その2


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ