年齢肌の悩みを抱える人のため
肌が求める美容成分を効率よく与える
ことを徹底して考えらた美容液
キャメロン&ガブリエル セラフィム

キャメロン&ガブリエル セラフィム
キャメロン&ガブリエル セラフィム

睡眠中(肌のゴールデンタイム)に
肌が求める美肌成分を与え
行き渡らせることを重要視して
作られた夜用の美容液です。


「美肌は夜に作られる」と言いますが
それをサポートするための美容液
とも言えますね。

ズボラな私にとっては

寝る前に塗るだけで美肌!
なんて有難い美容液なんだろう♪


というステキアイテムだったりしますw

「スキンケアから就寝までに
3時間以上経つ場合は使い方を変える」

という事以外は、特に変わった事はなく
ただ寝る前に塗るだけ。

ですが、キャメロン&ガブリエルが
こだわりにこだわった
「肌が求める美肌成分をしっかり与え
年齢肌の悩みをケアするパワー」は
しっかりと実感できます。


どういう使い方をして
どういった点で実感が得られたのか。

それらを使用感の紹介とともに
詳しくレビューしていきます。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

キャメロン&ガブリエル セラフィムの使用感・感想


キャメロン&ガブリエル セラフィムは
スポイト式になっています。

セラフィムはスポイト式

私は量も調節しやすく清潔に使える
スポイト式が好きなので嬉しいです。

で、これが吸い出したところですが
初見だとギョッとするほどの朱赤!

セラフィムは濃い赤色です。

アスタキサンチンが入ってるから
オレンジ色なんだろうな~とは
思っていたけど、見事に朱赤!です。

この美容液は、アスタキサンチン含む
美容成分が高濃度で入ってまして
その高濃度さ故に、美容成分の色が
そのまま出ちゃってるそうです。


さすがは、ほぼ100%美容成分で
出来ている美容液と言うべきか。

セラフィムの成分内容
(画像引用元:セラフィム公式サイト

これだけ美容成分ぎっしりだと
そりゃ色も濃く出ますよね~。

これは効果の方も期待できそうだ

思わずほくそ笑みましたw

美容成分てんこもりなのに対し
合成界面活性剤・ゲル化剤・
防腐剤・着色料・パラベン・
感触改良剤・合成香料・
エタノール・鉱物油などが完全不使用

なのも嬉しいところ。

肌が求めるものだけを詰めたよ!
的な構成になってるのは
ポイント高いですよね。


さて、次は使い心地について紹介していきます。

セラフィムを数滴手に出した所です。

ハッキリとした朱赤が目立つセラフィムのテクスチャー

これ確か3滴くらい出したところですが
これで顔全体いけます。

めっちゃくちゃ伸びが良いので
3滴でも多いくらい。2滴でも十分です。

カモミール・ラベンダー・オレンジが
芳香・整肌成分として配合されており
それらが濃く香ります。

ラベンダーが一番強く香るかな?
心が落ち着きます。

続いてセラフィムを手の甲に
伸ばしてみたところです。

セラフィムを手の甲に伸ばしたところ

3滴だと、やや余り気味ですね。

というか、肌に残った朱赤が気になります(汗)

一定年齢以上の人にしか通じない
ことを言わせてもらうと

なんや、コレ!顔がオレンジってミモーか!?

とツッコミを入れましたw

だって顔につけたら薄っすらと
朱赤に染まった感じがするし(汗)

でも大丈夫!これが肌に残ったり
ましてや顔が朱赤に染まることはないです。

単に朱赤になるだけ。

朝に肌が朱赤になったら一大事ですが
寝る前に、朱赤になっても
誰に見られるわけでもないし
特に困ることはないかとw

「肌に色が付くくらいに
 配合成分の濃度が高いんだな」

と実感して喜んでおきましょう。

肌に付けてみた感じですが
見た目に反してサラッとしてます。


オイルが数種類入っているので
決して粘度が低いわけではないのに
伸びが良いという不思議な使い心地。

浸透性も高く、しばらく経つと
スーッと馴染んでいってしまいます。
(そして色も残らない)


肌に馴染ませた直後は
かなり高保湿だと思いましたが、
しばらく待つとサラサラになります。

スクワランやらローズヒップオイルやら
色んなオイルも入ってるんですけどね。

その割に軽めだなぁ、という印象。


肌が弱い人は「寝るまでに3時間以上経つ時の使い方」をしましょう


記事冒頭に書いたようにセラフィムは
「肌のゴールデンタイムに
 美容成分を与えること」を
徹底的に重要視した美容液なんです。

だから、肌のゴールデンタイム、
つまり寝入りばなの3時間が、すごく大切なんです。

そのため、スキンケア後
3時間以内に寝る場合と
3時間以上経過してから寝る場合では
使用順序が違うんですよ。


どういうことかというと

【スキンケア後3時間以内に寝る場合】
洗顔→美容液→セラフィム→美容オイルorクリーム

【寝るまでに3時間以上経つ時】
洗顔→美容液→美容オイル→セラフィム

というように、セラフィムを使う順番が違います。

スキンケア後、すぐに寝るのなら
美容液の後にセラフィムを。

すぐに寝ない(3時間以上かかる)なら
スキンケアの最後にセラフィムを使え。

ということですね。

ただですね、敏感肌の人は
寝るまでの時間に関わらず
「寝るまでに3時間以上かかる人」の
使い方をすることをおススメします。


なぜなら、高濃度の美容成分に
肌が負ける恐れがあるから。


実は私がこれに当てはまりまして(汗)

「スキンケア後、すぐに寝る」方の
使い方をすると、目元や首など
皮膚が薄めのところが少しカサつきます。

恐らくですがプロビタミンAの一種
「カロテン」をはじめとした
ビタミンに肌が押し負けてます。

セラフィムに配合しているビタミンAは
低刺激なパルミチン酸レチノールと
カロチンが使用されてるし
配合濃度にも配慮されてるんですけどね。

それでも私の肌は、「やや負け」です。

高濃度さゆえに、負担になったみたい(-_-;)

ただですね、

「高濃度な成分が負担になる…
 なら、肌に触れるまでのクッションを
 多く挟んでみたら良いんじゃない?」

と、思い付いて

洗顔→美容液→美容オイル→セラフィム

という使い方にすると…カサカサしないんですよ♪

セラフィムを最後にすることで
美容液やオイルやらが挟まって
良い感じに「クッション」になってくれてるみたい。

こうして使うと肌が負けることもなく
それでいて実感も得られるので
私にとっては、この使い方が
ベストかな?と思ってます。

この使い方なら絶対に押し負けない
とは言えませんが、セラフィムの
高濃度さを持て余した人には
一度試してみて欲しいです。

ちなみに、セラフィムと一緒使うオイルは
同シリーズの「天使の聖油」が
おすすめです。


同シリーズだけあり相性が良いし
「一緒に使うメリット」もあるんです。


詳しくは以下のレビュー記事をどうぞ。

では次は得られる実感を紹介しましょう。


ふわふわとした柔らかな肌へ


「寝ている間のスキンケア」って
どんなものかと期待してたのですが
とても自然なフワフワ感が出ます。

何というか、パンッ!と張るんじゃなく
自然で柔らか、それでいてフワッとするんです。


ふわふわとした柔らかさが出て
触っていて、すごく気持ちいい♪

子供の肌のような、というのが近いかな。

すごく弾力を感じるとかではないけど
すごく自然なんです。

それこそ「肌本来の力」です。

変な表現かも知れないけど
「女性らしい柔らかさとハリ」で
いつまでも触っていたい。


そんな肌状態になります。

いつまでも触っていたい肌になりたい
キャメロン&ガブリエル セラフィム


全体的に調子が良い


劇的に何かしらの変化が目に見えて
現れるわけではありません。

けど、「あれ、なんか違うな」って
ちゃんと分かるんです。

夢も見ないほど深く眠って
翌朝スッキリと目覚めた朝は
すごく調子良いですよね?

ああいう感じの状態の良さを感じます。


鏡で顔を見たときに
「オイオイ、私、今日めっちゃ調子良いやん♪」
とテンションが上がるくらいの
調子の良さを実感できます。

そして、その実感を得られるのが
すごく早いです。

「寝ている間のスキンケア」が
ちゃんと出来てるんだな~って思いました。

寝ている間のスキンケアをしたい
キャメロン&ガブリエル セラフィム


キャメロン&ガブリエル セラフィムのレビューまとめ


これ以上ない程に高濃度配合された
質の良い成分を、良いタイミングで
使ったおかげか、本当に
「眠ってる間のスキンケア」が
出来たと思います。

劇的に変わった!とはいかないけど
本当なら自分が持っているはずの
「調子の良さ」を呼び起こしてくれ
フワフワと柔らかくなる、という状態を
私はとても気に入っています。

少し負担もかかるようだけど
「スキンケアの最後にセラフィム」
という使い方をすれば良いし

「私も寝て起きた時に、鏡を見て
 調子良い!って言いたい」

という方にはおすすめですよ。

この美容液、恐ろしくコスパが良くて
20mlと、決して多くはない容量なのに
133~200日も保つので
普通に使ってるだけで長期使用になるので
腰を据えて使ってみてください。

キャメロン&ガブリエル セラフィム

他のキャメロン&ガブリエルの商品も
気になるな~という方は
以下のレビューもお読みください。

セラフィムと天使の聖油を合わせて
使った時のレビューもありますよ。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ