2016年11月29日放送の
「その原因、Xにあり!」は
タレ尻&声老けの原因を徹底検証!
ということで、垂れ尻の原因と
改善方法を紹介してました。
( ※関東では11月18日放送)

若い頃はプリッと上がってたはずの
お尻が30歳を過ぎた頃から
重力に負けて、どんどん下がり
気がつけば四角く垂れてる
「ピーマン尻」になりますよね?

このピーマン尻は、原因を知れば
簡単に治るという事だったので
「どうせ、ヨガとかだろうな」
と思いつつも観たら
食べ物と簡単な改善するという
非常におもしろい方法でした。


特に食べ物の方は食事法とまでも
行かないくらいの簡単さなんです。

また、原因も脂肪の付きすぎや
太り過ぎじゃないと分かり
目からウロコでございました。

その垂れ尻の原因と簡単改善法
まとめたので、垂れ尻仲間の方は
ぜひとも試してください。

では行きますよ~。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

お尻はどうやって垂れていくのか


加齢による体型の変化を
ワコール 広報・宣伝部の
平塚恵子さんに聞いた所

加齢によるお尻の垂れは
どんな人も同じ流れをたどる


とのことで、その順番は以下のとおり。

  1. お尻と足の付根にハリがなくなる
  2. ウエスト周辺のメリハリがなくなりヒップトップが下がる
  3. お尻の側面がそげながら垂れる(内側に流れる)

こうしてふくらみのない垂れたお尻になるのだとか(汗)


垂れ尻になる原因


スポーツクリニック 院長
中村格子先生によると
原因は脂肪の付きすぎや
太りすぎではなく
お尻の霜降り化にあるとのこと。

だから体脂肪が少なくスリムな人も
どんどん垂れていきます。

実際この後、垂れ尻改善モデルとなる
大桃美代子さんは、身長160cm
体重42kg 体脂肪率19.8%と
ものすごく痩せていらっしゃいます。

なのに垂れ尻に悩んでます。

お尻の霜降り化とは?


その言葉のまんまに、お尻のお肉が
刺しの入った霜降り肉のように
なっている状態のことです。

垂れ尻に悩む大桃美代子さんの
お尻のMRI画像を見ると
お尻のお肉「大殿筋」には
白いもやみたいなものがあります。


20代女性の大殿筋には
この白いもやのようなものはありません。

もうおわかりですね?

この「白いもや」は脂肪です。

筋肉の間に脂肪が入っている状態
まさに「霜降り状態」になってるんです。


なぜ霜降り化するとお尻が垂れるのか?


それは、筋肉に脂肪が混じると、
強度が落ちてしまうからです。


その結果、重力に耐えきれず
筋肉が霜降り化したお尻は
どんどん垂れていってしまうという訳です。

そんなに違うものかなって思うでしょ?

これがね、全然違うんですよ。

番組内で、赤身肉と霜降り肉を
引っ張って比較してたのですが
脂肪が少ない赤身肉は引っ張っても
弾力があり、あまり伸びなかったのに
霜降り肉は引っ張られると
じわ~っと伸びていってました。

それくらい差があるものなんです。

ただね、この「筋肉に混じった脂肪」は
皮下脂肪や内臓脂肪とは
全く質の違うものなんです。

なぜ筋肉の中に脂肪ができるのか


筋肉も肌と同じく細胞が生まれ変わる
ターンオーバーがあります。

そうやって新しく生まれた細胞を
筋サテライト細胞(筋肉のもとに
なる細胞)
と言います。

この細胞をちゃんと育てると
筋肉になってくれます。

育て方を間違ってしまうと、
これが何と脂肪になってしまうんです!


サテライト細胞は筋肉の中にあり
通常はそのまま筋肉になるのですが
運動不足などにより、脂肪になります。

脂肪は筋肉の隙間隙間に出来ます。

これが筋肉の霜降り化です。

年齢を重ねると筋肉に育ちにくくなる?


若い人は成長ホルモンなどで
筋サテライト細胞から筋肉に
なりやすいです。

ですが加齢によりホルモンバランスが
変わると、良い筋肉に育ちにくくなります。

加齢の影響って、こんなとこにも出てるんですね。


垂れ尻を美尻に改善するには?


中村先生曰く

  • 筋肉のエサになる食事
  • 筋肉を育てる環境

この2つが揃えば後ろ姿の印象が
10歳以上若返る、とのこと。

では、食事と環境をそれぞれ
詳しく紹介していきます。

「筋肉を育てるエサ」つまり食事は?


大桃さんの食生活を見ると
夜は炭水化物を摂りすぎないよう
野菜中心を心がけています。

確かにこの食事なら脂肪はつきにくいです。

ですが、アンチエイジングの権威
健康院クリニック院長の
細井孝之先生が言うには
この食事ではお尻の筋肉のエサには
ならない、とのこと。

お尻の筋肉を育てるには
タンパク質が必要。


特に筋肉の材料になったり
育てたりということになると
アミノ酸の中でもロイシンが大切。

ロイシンは筋サテライト細胞を
育てるのに最も適した栄養素で
主に動物性たんぱく質に多く含まれてます。

大桃さんのような野菜中心生活では
十分にロイシンを摂ることが出来ないんですね。

では、どんな食材にロイシンが
多く含まれてるかというと
こういったものになります。

  • プロセスチーズ… 2300mg (339kcal)
  • 牛もも肉……1600mg (259kcal)
  • 豚ロース肉…1500mg (263kcal)
後ろの括弧内の数字はカロリーです。

こう見ると、カロリーが高めのものに
多く含まれているという事が
目につきますね。

全体のカロリーが崩れると
肥満の原因や疲れさすくなるので
全体のバランスの中で、
上手にこれらの食品を摂って欲しい
とのこと。

ロイシンを毎日効率よく摂るのに最適な食材は?


1日ヨーグルト200gと卵1個が目安です。

これを日々の食事に加えましょう。
ただし、摂り過ぎには注意です。

「これもカロリー高いんじゃ…」と
心配してる方もいらっしゃるでしょうが

ヨーグルト200gには
ロイシン820mgが含まれますが
カロリーは84kcal

卵1個にはロイシンが500mgも
含まれますが、カロリーは76kcal

と、そう高くはないです。

摂りすぎないように気をつければ
問題ないはずなので
毎日の食事で積極的に摂りましょう。


お尻の筋肉を育てる環境


筋肉細胞の赤ちゃん(筋サテライト
細胞)に、しっかり刺激を与える
という事が大切。

運動をほとんどしない状態だと
お尻の筋肉が刺激されず
筋サテライト細胞が
どんどん脂肪になってしまいます。

例えば、なるべく階段を使う
というような運動もありますが
そういうのもちょっとという方に
自宅でテレビを見ながらでも出来る
簡単美尻体操があります。

それが「美尻アップダウンポーズ」です。


美尻アップダウンポーズのやり方


<アップポーズ>
  1. かかとを付けて足を開き
      そのままかかとを上げる

  2. そのまま頭の上で両手を合わせ
      体全体をまっすぐ上に伸ばします。

  3. 5秒キープしたら手とかかとを下ろす

これを5回繰り返します。

ちょっとバレエを連想するような動きです。

体をグンと伸ばすのも気持ちよく
これは楽に行えますね。

…とか思ってたけど、けっこうグラつきます。

両手を上にあげた状態で
かかとを上げると、
体幹とお尻の筋肉で
バランスを取らないといけないので
思ったより筋肉使います。

私、体幹も衰えてるわぁ…(;・∀・)


<ダウンポーズ>
  1. 足を肩幅より広く開いて
      つま先は外側に向けます。

  2. 上体をまっすぐ立てたまま
      腰をひざの高さまでゆっくり落とします。

  3. 戻る時もゆっくり戻ります。
      この動きを4回繰り返します。

  4. 5回目は四股のポーズのまま
      腰を上下に5回動かします。
    (左右の膝に手をつき、軽く上下する感じ)

ダウンポーズはスクワットというか
そのまんま四股ですね。

体が硬い人がやると(私ですが)
ゆっくり動くだけで痛いです。

5回目の上下運動の負荷がハンパない…。

柔軟性がない人は無理しない方が良さそうです。

このアップとダウンポーズを
朝晩各1セット行います。



本当に垂れ尻が改善されるか検証


このロイシン+アップダウンで
本当に垂れ尻改善になるか
大桃さん+一般被験者3人で検証。

条件は以下のとおり。

毎日ヨーグルト200gと卵1個を
食事に取り入れる

美尻アップダウンポーズを
朝晩1セットずつ行う

期間は3週間

3週間後ヒップトップ(お尻の最も
突き出た部分)を測定し
どれだけお尻が上がったか
チェックした結果…以下のようになりました。

  • 大桃さん…78.5cm→81cm(2.5cmアップ)
  • Aさん…76cm→78cm(2.0cmアップ)
  • Bさん…72cm→73.5cm(1.5cmアップ)
  • Cさん…74cm→74.5cm(0.5cmアップ)
(数値は地面からヒップトップまで
 測って出したものです)

続ければ、さらなる改善が見込めるとのこと。

大桃さんが言うには
「お尻の下じゃなく
 上のウエストに近い部分で
 お尻が上がった事を感じる」

とのこと。

明らかに下から突き上げられてますねぇ。

実際に3週間後のMRIを見ると
霜降り部分がほとんどなくなってました。


3週間ほどで、かなり改善してますね。

これはやってみる価値あるんじゃないでしょうか?

ただし、ダウンポーズの時の負荷は
けっこう高めだと思われるので
ひざが痛い・股関節が痛いなどが
ひどい方は無理しないように
気をつけて下さいね。

私も気をつけます…(汗)


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ