本格的エイジングケア化粧水
ナールスピュア」が
2017年7月1日に大幅リニューアルを
行いました。

リニューアルしたナールスピュア
ナールスピュア

パッと見ただけだと
「なんか容器が変わってる…?」
くらいにしか変化がありませんが

  • 容量・価格の変更
  • 新成分追加

など、かなりの変更点があります。

こういった変更の理由や
新成分配合の目的
などを
新商品発表セミナーで社員さんに
詳しく伺うことができたので
その情報をみなさまに、お伝えします。

また新ナールスピュアをいただき
使わせていただいているのですが
旧製品とは使用法・使用感ともに
違ってきています。


その違いも併せて紹介します。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

容器が丸くなり容量が減った


ご覧のように容器の形が変わり
化粧水の容量が少し減りました。

ナールスピュアと他商品 103

旧製品は150mlで新製品は120ml
となっています。


なぜこのような変更を行ったのか
というと

  1. 定期購入を4か月間隔に変更して
     欲しいという要望がけっこうあった
  2. 化粧水の量が少なくなってくると
     ボトルがこけるという声があるので
     デザインを変えた

この2点からです。私としては

ボトルの形を変えるのはともかく
別に量は減らさんでもええやん

という思いが強いのですが

さすがに4か月も保ってしまうと
(化粧水の)鮮度が心配

ということで容量を減らすことにしたそうな。

ナールスピュアには「フェノキシ
エタノール」という防腐剤は
配合されているものの

界面活性剤・香料・着色料・
鉱物油・シリコン・パラベン・
旧指定成分、すべて配合なし


と「ピュア」にこだわった仕上がりに
なってるので、それを4か月も…と
考えると、仕方ない所もあるかな、
というところ。


公式のQ&Aでも

個人差があるので一概にはいえま
せんが、朝晩2回お使いいただき、
1カ月から2カ月の範囲でお使いの
お客様がほとんどです。
平均1.5カ月程度のお客様が一番多いです。

引用元:ナールスゲン配合エイジングケア化粧品ナールスピュアに関するよくあるご質問


ってありますしね。
(※顔だけに使った場合です)

それでも私個人としては
自己責任でええやんと思わんでも
ないけど、販売会社としては
そうは言ってられませんしねw


値下がりした!


容量が減った分、値段も下がりました。

150ml・5,600円だったのが
120ml・4,500円になりました。


ほぼほぼ、お値段据え置きです。

初回購入の方は30%OFFの
3,150円で購入できることを考えると
けっこう手が出しやすい価格ですよね。

(※ナールスピュア&フォーム
 (リニューアル前を含む)を
 初回限定価格をご購入済みの方は
 ご注文いただけません。)

また、以前はモニター価格という事で
アンケート回答が必要でしたが
リニューアル後はアンケートが
なくなり、より手軽になりました。


配合成分が追加され、とんでもなく豪華に!


今までのナールスピュアにも

  • コラーゲン・エラスチン・
    HSP47をサポートするナールスゲン
  • 多くの肌の悩みに働きかける
    ビタミンC誘導体(アスコルビルリン酸Na)

という豪華美肌成分が
がっつり配合されていましたが
コラーゲンやヒアルロン酸などの
保湿成分が配合されてなかったため

ちょっと潤いが足りないな

って感じの仕上がりでした。

そのため、潤いが足りない方は
他の化粧水と合わせてお使いください
と書かれてました。

実際に旧製品を使うと

「サッパリしてるのは良いけど
 もうちょっと潤い欲しいな」

って感じるんですよね。

若い世代は良いんだろうけど
エイジングケアが必要な世代には
ちょーっと厳しい。

ビタミンC誘導体も入ってる分、
乾燥しやすいわけだし。

ナールスゲンとビタミンC誘導体は
「エイジングケア」という点では
ぶっちゃけ、この2成分あればOK!
な組み合わせです。

けどね、エイジングケア世代は
一にも二にも潤いが不足するため
「第一目的:保湿」な成分がないと
どうしても物足りなさを感じてしまいます。


実際、旧製品はプレ化粧水として使い
その後に他の化粧水を使うという
「ブースター扱い」の方も多かった。


しかしですね、今回のリニューアルで

  • プロテオグリカン
  • 水性保湿油ウィルブライドS-753

という水溶性の保湿成分が加わり
「うるおい足りない感」解消!

他の化粧水を併用しなくても
ナールスピュア1本でいけるように
なりました♪

これは経済的にも手間的にもありがたいですね。

ちなみに上記の2成分は

<プロテオグリカン>
コラーゲン・ヒアルロン酸を
サポートするEGF様作用あり

<ウィルブライドS-753>
ビタミンC誘導体の浸透促進

という働きもあるため
保湿面だけではなく
エイジング的にもパワーアップしてる
と考えて良いでしょう。


そしてですね

  • 高浸透型ビタミンC誘導体APPS(アプレシエ)

この即効性と浸透性を兼ね備えた
ビタミンC誘導体も追加配合されました。

ナールスゲンとの相乗効果による
コラーゲンのサポート強化が
期待できます。

旧製品にもビタミンC誘導体が
入ってなかったっけ?
あれと入れ替えたってこと?

と勘違いされる方が多そうですが
そうじゃないんです。

元々、配合されていたもの
(アスコルビルリン酸Na)と
APPS(パルミチン酸アスコルビル
リン酸3Na)が2種類とも配合されてます。


正直、これだけでも、めっちゃ贅沢です。

  • ナールスゲン
  • ビタミンC誘導体
  • プロテオグリカン

この3種の成分は、それぞれが
エイジングケア製品の主成分、
いわば主役になる成分です。

それが3種全て入ってる時点で
めちゃくちゃ贅沢なんですよ。

なのに、ナールスピュアには
主役3種を全部入れてるわ、
ビタミンC誘導体は2種もあるわ、で
詰めに詰め込まれてるんですよ(汗)

セミナーでディープインパクトの
社員さんが

これだけの成分が揃ってるのは
そうそうないことなんです。

ぶっちゃけ原価は上がってます。
この3成分、すべて原価高いんです。

でも、お値段は据え置きなんです!

と強く訴えるのも納得ですw

いや、確かにこれは頑張ってますよねぇ。

ちょっと容量が減ったからって
不満に思った私が悪かった!
と、反省しました。


もしかしたら刺激を感じるかも


ビタミンC誘導体には皮脂を
抑制するという働きがあります。

また、いくらビタミンC誘導体が
肌への刺激を和らげるために
作られた成分とはいえ
絶対に刺激がないとは言えない。

なので、ビタミンC誘導体を
2種配合したことによって
乾燥や刺激を感じる方が
もしかしたらいらっしゃるかも。

とのことでした。

肌があまり強くない方や
乾燥気味な方は、少し注意が必要ですね。


実際にナールスピュアを使ってみた口コミ


旧製品と新製品を比較しながら
使用感を紹介していきます。



まずは新商品のナールスピュアを
手に出したところを、ご覧ください。



シャバシャバ系の化粧水
という以外には特に特徴はありません。

ちなみに、下画像が旧製品を
手に出したところです。

アイムピンチとナールスピュア 024

見た目は、何も変わりませんね。

何が違うかというと
肌へ浸透する早さです。


旧製品はシャバシャバとしてて
肌へ浸透させるのに時間がかかります。

サッパリしてるのは良いけど
肌の上を滑ってる時間が長いな。

いくら夏とはいえ、もう少し潤いが
ないと、目元なんかはキツイな。

という感じ。

使い心地自体は悪くないけど
その分、潤いに対する物足りなさは
感じてしまいます。

ナールスゲンにも潤いを与える
働きはあるんだけど
一番の働きはコラーゲンなどの
美肌成分のサポートとあって
肌につけたその時に感じる実感は
ありません。

ビタミンC誘導体による
キュキューッという引き締めや
浸透の早さはあんまり感じなかった。
(その分、乾燥や刺激もない)


一方、新ナールスピュアは
同じくシャバシャバ系ではあるものの
グンと肌に浸透していく実感があります。

「馴染んだと思ったら、一気に浸透し
 肌の上には何も残らない」


というビタミンC誘導体配合化粧品
独特の浸透ぐあいを感じます。

私のおすすめの使い方は
一度に全部つけずに2回に分けること。


1回の使用量は500円玉大と
一般的な使用量が、
あえて、これを2回に分けてつけるんです。



こうすると、よりスムーズに
浸透していきます。


そこまでパワーアップしてるなら
何かしらの刺激があるんじゃない?


と心配されそうなんですが
特にこれといった刺激は感じませんでした。

乾燥もあまり感じませんね。

「キュキューッと引き締まる」感や
肌のキメが整った感は
浸透させてすぐ実感できるけど
肌のきしみとかはないですね。


慌てて保湿しなきゃ!とはなりません。

かと言って、保湿成分で
もっちゃりって感じでもないんです。

使ってる時はサッパリ、
使った後はしっとりサラリです。


シャバシャバして軽い使い心地だけど
ちゃーんと肌の奥(角質層)に潤いが
届いてます。

うるおい強化目的で配合された
プロテオグリカンとウィルブライド
S-753のもつ特徴のおかげかな。

この2つの成分は、どちらも
サッパリしてるという特徴があるんです。


<プロテオグリカン>
ヒアルロン酸と同等かそれ以上に
うるおいを与える働きがあるが
ヒアルロン酸ほど粘着性が高くない

<ウィルブライドS-753>
肌なじみがよくべたつきがない

この特徴がうま~く働いてるなぁ
と実感できるサッパリ具合です。

汗ばむ季節に使う化粧水としては
めちゃくちゃ良いと思います。


逆に秋冬はこれで大丈夫なのかな?
と、少し心配になるくらい軽いです。

公式Q&Aを見ると

シアバターやスクワランなどの
油溶性成分やセラミドなどの
水分を保持する力の強い保湿成分を
配合していません。

そのため、冬場やお肌の乾燥が
きつい場合には、物足りなさを
感じる場合があります。

そんな場合は、「水分を保持する」
保湿成分であるヒト型セラミドなどと、
「水分の蒸発を防ぐ」シアバターなど
の保湿成分をバランスよく配合した
ナールスユニバを、一緒にお使い
いただくのがオススメです。

また、目元のこじわや口元の
乾燥やほうれい線が気になるなら、
ネオダーミル、セラミドや
プロテオグリカンを配合した
エイジングケア美容液ナールスネオを、
一緒にお使いいただくのがオススメです。

引用元:ナールスゲン配合エイジングケア化粧品ナールスピュアに関するよくあるご質問


とあるので、秋冬には油溶性の成分を
自分で足した方が良さそうです。

ライン使いすれば秋冬も問題なく
使えるよってことですねw

やだーもうディープインパクトさん
ってば商売上手なんだから!


どれくらい使えば良いの?


推奨使用期間とかありますか?

と社員さんに質問したら

ナールスピュアは
「育むエイジングケア」を目的に
作られた化粧水なので
ターンオーバーが起こるまでの
期間は使って欲しい

とのことでした。

ターンオーバーの周期は個人差や
年齢によって差がでるので
一概には言えないけれど
年齢×1~1.5倍の日数を目安に
することをおすすめされました。


40代の私は2~3か月を目安に
使えば良いということですね。

今の化粧水の減り具合から考えると
1本目の終わりから2本目のはじめ
くらいに、しっかり実感できる…はず
と言ったところかな。


以上、ナールスピュアのリニューアル
後の変更点・新配合成分の説明・
実際に使ってみた口コミ
でした。

記事中にも出てきたけど
有名(しかも高値)な新成分を加え
お値段据え置きってのは
かーなり頑張ってくれてると思います。

また新成分が加わったことで

  • 他の化粧水を併用しなくて良くなった
  • しっとり感が増すなど使用感が良くなった

というメリットもあるし
これは消費者である私たちにとっても
歓迎すべきリニューアルだと思います。

ちょっと引っかかってた容量の減少も
価格の値下げという変更で
ちゃんとカバーされてますしね。

メーカーさんの企業努力が
詰まりに詰まった良リニューアルを
遂げたナールスピュアを
みなさまも、ぜひお試しください。

ナールスピュアを初回限定価格で購入する

30日以内なら返品・交換OK
(使用後も受付)となってますよ。


他のナールスシリーズも気になる
という方は、こちらの記事もどうぞ

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ