嫌になるほど暑い日が続き
クーラー入れないと行きていけない!
ってな状態が続いてますね。

こうも冷気にさらされ続けの生活だと
ちょっとしんどい。

  • 設定温度27度(冷えすぎ対策)
  • 靴下も履く
  • 毎日湯船に浸かる
  • 飲み物は常温(麦茶)

など冷え対策はしてますが、
ジワジワと冷えと疲労が蓄積して
いってるのを感じます。


特に足を触ると常にひんやりと
しているところが気になるんですよねぇ。

これをこのまま放置しておくと
秋になるころドッと疲れがでて
体調を崩したり老け込みそう…。

と、ちょっとした危機感を覚えたので
美容ブロガー交流会でいただいた
あるアイテムを使うことにしました。

プレミアムホットタブ重炭酸湯です。

プレミアムホットタブ重炭酸湯
(サンプル用なのか10錠入りの
 小さめタイプです)

これも使用したことのあるブロガーさんに

これめっちゃポカポカするよ♪
冷え性にはおすすめ♪

と言われていたのですよ。

ただねぇ…このスーパー猛暑の中
「めっちゃポカポカする」と
お墨付きの入浴剤を使うのには
少々、勇気がいりましてw

一日中雨が降り気温が下がった昨日
今がチャンスだ!とばかりに
昼風呂に入ってきました。

そしたら…思っていたポカポカとは
少々、質が違うポカポカでした。

低い温度のお湯にゆったり浸かって
冷えと疲労にじっくりと効くけど
じんわり温まるだけで暑さには困らない


という、ものすごく都合の良い
ポカポカ具合だったんですよ。

確かに昨日の気温は低かったけど
26~28度くらいはあったのに
やけにスッキリとした湯上がりでした。

このスッキリ具合を詳しくお伝えしていきます。

夏のお風呂は汗が止まらないからイヤ!
というあなたも、これなら大丈夫かも…?

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

プレミアムホットタブ重炭酸湯の使い方


私はパッケージ裏に書いてある
「重炭酸低温入浴法」そのままの
使い方をしました。

プレミアムホットタブ重炭酸湯で重炭酸低温入浴する方法

160リットルのぬるめのお湯(36~41℃以下)に3錠溶かす

夏は36℃の体温程度でゆったりと
冬は41℃以下でのんびり15分以上の入浴を


と書いてあるように、37℃のお湯に
3錠入れました。


プレミアムホットタブ重炭酸湯を3錠持ったところ

ふつうの入浴剤と変わりなく
シュワシュワ~と溶けていきました。

もっとこう…泡が激しめになるかと
ワクワクしてたので少し残念w

泡激しめどころか、きめ細かな泡が
たくさん出ながら静かに溶けていく
という感じでした。


タブが溶けてしまった後のお湯は
ちょっと柔らかくなったかな?
とは思うものの、見た目は普通でした。

無香料・無着色なので入浴剤を入れてる
という印象は全くありませんね。


シュワシュワもしてないし。

これ…炭酸の気配もないけど良いの?

と心配したくらいなんですが
気配がないどころか、この入浴剤から
発生した炭酸ガスは、すぐ水中に溶け
長い時間とどまる性質があるんですって。


お風呂の沸かし直しもOKというから
かなり長い間とどまるようですね。

見た目では分からないけど
しっかりとその実力を発揮してくれる
と思って良いみたい。

実際、入浴後に実感ありますしね。


プレミアムホットタブ重炭酸湯の成分


プレミアムホットタブ重炭酸湯の全成分は

炭酸水素Na、クエン酸、炭酸Na、
PEG6000、ビタミンC・Na、
カプリリルスルホン酸Na

と、かなりのシンプル配合になってます。

この超シンプル配合に加え
無香料・無着色なので
無駄に肌に負担になることはなく

  • この香料、あんま好きじゃないわ
  • なんか肌がチクチクする…

という心配が少ないのは嬉しい。
(肌かぶれなどの要素が少ない)

顔や髪にも使えるので

「シャンプーはシャワーで、
 洗顔は水道からお湯出して
 お風呂からでる時はシャワーの
 お湯を体にかけて…」


という面倒くささがないのも
ものぐさな私にとっては有り難いw

  • 硫黄が入っていないので
    浴槽や風呂釜を傷めにくい

  • 残り湯が洗濯にも使える
    (すすぎとつけおきは清水(水道水)が必要)

という使いやすさもポイント高いです。

あまり気を遣わず楽に使える入浴剤ですね。


プレミアムホットタブ重炭酸湯の使用感


37℃のお湯に浸かってみたところ
…ぬるい。

いつも温度高めのお湯(40~42℃)に
使っているので、かなりぬるく感じます。

実際、入浴中は少しぬるすぎたと
後悔しました。

お湯に浸かってるは気持ち良いのだけど
湯船から出ると、少し肌寒くて

温水プールに浸かってるみたいやな

なんて思ってました。

本音を言えばもう少し熱めのお湯に
浸かりたいところなんですが
この入浴剤は「ぬるま湯にゆったり」
入ることが条件なんですよね~。


なんでも低温で長時間入浴する
「低温長時間入浴」という入浴法が
あり、それが健康にも美容にも良い
ということで、

低温長時間入浴のパワーを
最大限に発揮できるように


ということで作られてるそうな。

そこまで分かってて
あえて熱めのお湯に入るのも何だし
ぬるめでも我慢しました。

お湯が(私的には)ぬるかった分
顔と体を洗う時以外は
ほぼ湯船に浸かりっぱなし。

30分の入浴中、20分は浸かりっぱなしでした。

最近、暑くて冷房つけっぱなしな割に
ゆったりと湯船に浸かることが出来ず
足が冷え気味だな~と思ってたので
これはこれで満足。

あと入浴後の疲労感がまったくない。
(※お湯をぬるくしたことによる)

熱いお湯に浸かるって
それだけで疲れるもんなんですね。

ぬるいお湯にするだけで
入浴そのものによる疲労感が
これほどまでになくなるとは…。

この感覚はちょっとした驚き&収穫だった。

驚いたと言えば
顔も体もやたらとツルツルになる
という嬉しい驚きもありました。

洗顔料を使う前に、まずはお湯で
軽く皮脂汚れを落としますよね?

この段階でも、けっこうツルツルしてた気がします。

体も洗う前の段階で、胸の谷間や
背中の中心線など
汗をかきやすくベタつきやすい所が
いつもよりサラッとしてるんですよね。

特に足の指の間や足の裏なども
サラッとしてたのを覚えてます。

お湯に浸かる前に軽く洗いましたが
それを考えても、いつもよりツルツル。

また、パンパンに張ってたふくらはぎが
いつの間にかフニョッとなってました。


私、湯船の中で運動してたわけでも
揉んでたわけでもないのに。

お湯はかなりぬるいのに
しっかり温浴効果あるんだなと感じました。

…と、こんな感じで入浴を楽しみ
「ぬるかったけど、これはこれで
 悪くなかったな~」と呑気に
お風呂から上がってきたんですけど
この入浴剤の本領発揮は、この後の
冷えに対するものでした。


それがどんなものかは以下のとおり。


入浴後に手足がポカポカしまくり


お風呂から上がって10分程経ったあと。

ここから体がじわじわ~っと
温まってきます。


お風呂から上がってすぐは
「いつもどおりの顔」だった顔も
「お風呂でめっちゃ温まった人」な
色ツヤへなるくらい、体がポカポカ。

特に手足が指の先までポカポカしてきます。

かと言って、汗が止まらなくなる
というような暑さはなく
ゆったり過ごしていれば汗はかきません。

ただ温かさを保ってる状態です。

冷房を入れず、ぼーっとしてれば
次第に落ち着いていくという感じ。

おかげで久々にお風呂上がりに
冷房を入れずに過ごせました。

せっかくお風呂で体を温めたのに
入浴後、体にこもった熱に耐えきれず
冷房を入れてしまう

ということが続いてしまってたので

体は程よく温まり、かつ汗もスッと引く
けど手足はポカポカとしたまま。


という状態を自然に保てるのは
かなり嬉しかったです。

ひさびさに、ゆったりと落ち着いた
お風呂上がりタイムを過ごせました。


以上、プレミアムホットタブ重炭酸湯
使ってみた口コミ・レビューでした。

  • 成分がシンプルなので気楽に使える
  • 浸かってるだけで、体がつるつる
  • 入浴後に体(特に手足)がポカポカ
  • 温まるけど暑すぎない

と、なかなかの使い心地でございました。

入浴後に冷房を入れずに済んだのは
昨日の気温が26~28度と低めだった
というのも関係しているのでしょうが
それを含めても、使いやすい入浴剤だったと思う。

夏場特有の冷え性に悩んでるけど

  • 冷房による手足の冷えは気になるけど入浴がしんどい
  • 入浴後に汗が止まらず結局は冷房を入れてしまう

という方は、一度使ってみて欲しい。

プレミアムホットタブ重炭酸湯

購入方法なんですが、
30錠入り、100錠入りの2コースと
それぞれの定期コースが選べます

(※シャワーヘッドもある)

私なら、まずは30錠入りを1回のみ
購入してみますね。

送料が必要なのが痛いけど
定期コースの解約が何回目から
というの分からないのは怖いし。

本体2,700円+送料くらいならば
予算としても許容範囲。

これで試してみて使い続けたかったら
定期コースを購入するのも良いし
100錠入りを買うのも良い。

けど、まずは一度使ってみて
続けたいかどうかを確かめないとね。

ということで、私は初回は
30錠入り・1回のみの購入を
おすすめします。


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ