長時間のデスクワークで腰回りの
筋肉が凝り固まっちゃってる

慢性的な疲れがとれない…。

運動もしてないし、姿勢も悪いし
腰への負担が気になるな~。

…ぎっくり腰とかなったらどうしよう。

そんな不安を抱えている方に
推して推して、推しまくりたいのが
Style SHIATSU

姿勢矯正しながら、指圧で癒す
「指圧代用器」なStyleです。

姿勢矯正とボディケアが一度で出来る
一粒で二度美味しい姿勢矯正椅子…
というか、

ボディケア(コリをほぐす)のに
姿勢よく座るのも大事だから
姿勢矯正もつけといた


って感じの、ボディケアへの比重が
大きい椅子です。


それだけに、見た目からして
すごく気持ち良さそう。

座りっぱなし生活のせいで
腰回りの筋肉ガッチガチな私は、
これを見た瞬間

うっわ~~気持ちよさそう~!

作業中に凝り固まったところを
ギューギュー押せるとか…最高やん!

これ使ってたら、立ち上がった時に
イテテテ…とかならんのやろなぁ。

とウットリしちゃいましたw

実際に使わせてもらいましたが
かなりしっかりと押してくるので
ものすごく気持ちいい♪

かと言って、痛くもなく
とても「いい塩梅」なんですよ~♪


この「いい塩梅」を作り出すために
どういった工夫がされているか、や
その工夫を活かすための座り方などを
順番に説明してきますね。

背もたれのある姿勢矯正椅子という
点はStyle ELEGANTと同じですが、
商品特徴はまるで違うので
よく読んでください。

また、この使い方したいけど
それやると効果ないんだよ(泣)
という残念なお知らせもある
ので
「指圧」にご期待の方は、
そちらもお読みくださいね。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

Style SHIATSUはリアルな指圧感が特徴


常日頃からコリが溜まらないように
するにはどうしたら良いか…?

そうだ!座るだけでコリをほぐす
椅子にすれば良いじゃないか!

という感じで作られた商品なので
コリをほぐして血行を促進するため
「指圧感」にかなり力を入れてます。

例えば、この背中にあたる突起部分。

指圧ポイント

この突起が、

最初はやさしく、徐々にググッと押し込まれる

という、あんまマッサージ師さんの
手技と同じような指圧感を出すように
固さの異なるウレタンを重ねた
「リアルグリップ構造」になってます。


style_shiatsu_realgrip.jpg

実際に座らせてもらったのですが
確かに、体重をかけていくにつれ
ググッと押し込まれるんですよね。


徐々に、徐々に、ググーッと押される感じ。

かと言って、当たりすぎて痛いとか
シリコンが硬くて痛いとかはなく
「痛気持ちいい」という絶妙な
押し込みなんですよ♪


思ったよりも強い力がかかるので
しっかり押されて気持ちいいです♪

また、この突起があたる部分が
これまた絶妙な位置でして。

背中から腰にかけてコリやすい所
ありますよね?

こういうとこです↓

style_shiatsu_8point.jpg

ここを押すような配置になってるんですよ~。

そう!そこ!そこ押して欲しいとこ!
って声が出ますw


指圧サポートのため安定した座り姿勢をキープ


安定した座り姿勢をサポートし
狙ったコリを的確にほぐすため

  • 身体の左右のズレを抑える
    スライドガード

  • 筋肉への圧迫を防ぎ、
    安定した座り姿勢をサポートする
    ボディトレース曲面

という2つのサポート機能があります。

座った時に骨盤の後継屋や左右の
ブレを防いで、正しい姿勢を
キープしやすくしてくれるんです。

そうやって座ると背中や腰が楽になり
コリの改善にもつながる、というわけ。

他のStyleと比べると
腸骨アシストや骨盤起立傾斜がなく
「骨盤を押す・立てる」という
サポート力は弱めですね。


特に骨盤から背中にかけて
ガッチリと固定するような感じはは
あまりなかったです。

このあたりも、ボディケアに
重点を置いた商品であって
姿勢矯正サポートはやや弱めだな
と私が感じる要因ですね。


ただ、セミナー参加者さんの中には
私とは逆に

  • 矯正されすぎず座りやすい
  • 座ってて疲れない

と、この固定されなさを良いと
感じてた方もいらっしゃったので
強い矯正感が苦手な方には良いのかも。


Style SHIATSUの効果的な使い方


まずStyle SHIATSUを
背もたれのある椅子に置いてください。

そして、指圧ポイント(突起部分)の
下にある4つの突起に腰があたるよう
深く腰掛けてください。

4つの突起に当たるように深く腰掛ける

これが正しく腰かける際の目安になります。

しっかりと座って突起をコリに
当てないといけないので、この座り位置は重要です。


まず腰を下ろし、4つの突起が
当たってるのを確認してから
背中をもたれさせるようにすると
良いでしょう。

そして背もたれ部分の突起に
しっかりと体重をかけて
ググーッと押されてください。

少しずつ体重をかけて
あなたの「痛気持ちい」強さに
なるように上手く調整してください。


「これシリコンゴムやし
 あんまり痛くなさそう」

と思って、最初から全開でもたれると
痛い目にあいますよ(経験者談)

15秒×20回を1セットとして考え
コリほぐしを行いましょう


2セット目を行う時は
10分ほどあけてから行ってください
とのことです。


Style SHIATSUの背もたれは自立しない


いやいや、自立しないって、
ちゃんと立ってるやん!
とツッコミを入れられそうなんですが
「立てて置くこと」は出来るんです。

けどね、体重を支えることは
できないんです。

もし、体重どころか少し力を加えると
ぺろ~んと真っすぐになっちゃうんですよ。

Style SHIATSUの背もたれは自立しない

何でこんなになっちゃうかと言うと
これ、真ん中からパタンと倒して
半分に折り畳めるように
なってるんですよ。

Style SHIATSUは半分に折り畳めます

折り畳むとこんなふうになります。

Style SHIATSUを折り畳んだところ

こうすれば持ち運びにも楽だし
収納にも便利ですよね。


けど、その余波(?)で背もたれが
自立というか固定できないんです。

椅子に置かずに、そのまま座ると
コントみたいにひっくり返るので
絶対にやらないでくださいね。


Style SHIATSUを置く椅子は背もたれが高いものを


身体をしっかり支えられるよう、
背もたれの高さが
「指圧ポイントの上から2番めより
高い」椅子に置いてください。


指圧ポイントの上から2番目より高い椅子にする

Style SHIATSUの背もたれ部分は
約590mmとかなり高いです。

Style ELEGANTと比べても高いです。

Style SHIATSU(左)とStyle ELEGANT(右)を並べたところ。SHIATSUの背もたれは高い

これより背もたれが大きな椅子を
探すのは大変かも知れませんが
この条件は絶対に守ってください。

これもStyle ELEGANTと同じく
しっかりと体重をかけてこそ
その真価を発揮する商品ですからね。


Style SHIATSU寝転んで使うことはできない


この真っすぐになった状態を見て
思いませんか…?

Style SHIATSUの背もたれは自立しない

これ寝転んだまま使いたい、と。

私はセミナー参加者さんと

この状態にして、寝転んだら
めっちゃ気持ち良さそう!

うわーやってみたいよね!!

と、超盛り上がって社員さんに
聞いてみたのですが…ダメでした。

寝転んで使うことはできないんですって

想像しただけで、めっちゃ気持ち
良さそうだったのに…(´;ω;`)

正直、ダメだと聞いた今でも
諦めきれないところもありますが
ダメはものはダメということで。

ちなみに、私が質問した社員さんも
全く同じ期待をして聞いてガッカリしたそうなw

考えることは皆、同じですねw


まとめ


深く腰掛け、しっかりと体重をかけ
指圧ポイントをググーッと押し込めば
それはもう心地良い椅子です。

「あ゛あ゛あ゛あ゛~~~」と
オッサンのような声がでること請け合いw

姿勢矯正という面では
Style ELEGANTにやや劣るものの

  • 筋肉のコリをほぐすのが第一目的
  • ずっと心地よく座っていたい
  • 矯正サポートが強すぎないものが良い

というのなら、文句なしです。

最近、肩こりや腰痛がひどいし
健康のためにも姿勢を良くしたいな
という方に、おすすめしたいStyleです。


肩こり・腰痛が気になる方
まずはサイトを見に行ってみませんか?


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ