コラーゲンとエラスチンは、肌の弾力やハリに関係する、
アンチエイジングには欠かせない成分です。

・・・なんですが、コラーゲンと違ってエラスチンって
大事なのは分かってるけど、それ以外のことって、
あまり良く分かってません。

例えば、「エラスチンって、どんな食材に多く含まれるの?」とか。

大切なんですよ、意識して摂るようにしましょうね、
とか言いつつ、そのエラスチンが何に含まれるのか知らない。

これは問題だろうという事で、エラスチンを多く含む食品を
調べてきましたので、どうぞご覧下さい。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

エラスチンを多く含む食べ物は
牛すじ肉、鶏の手羽先、軟骨、
の身や皮などがあります。


牛の大動脈やカツオの動脈球などに多く含まれているそうです。

動物にとって動脈は、全身に血液を送り出すポンプの役割があり、
柔軟性や弾力性が必要とされるため、多くのエラスチンが含まれています。

これは・・・ほとんどコラーゲンと変わりませんね。

コラーゲンを多く含む食品を摂れば、
エラスチンも同時に摂れると考えて良いでしょう。

魚の皮に意外に多く含まれるのですけれど、
結構「魚の皮がキライ」という方、多いんですよね。

今からの季節だと、鮭の皮とか美味しいのに。

・・・いや、美味しいのは個人の嗜好だから置いといてw
コラーゲンやエラスチンが多いのに、もったいないです。

出来れば避けずに食べるようにしましょうね。


で、コラーゲンの時も思ったのですけれど、
コラーゲンとエラスチンを多く含む食品は、
毎日食べるのは少し難しいですね。

特にエラスチンは食品から摂取しづらい成分なので、
サプリを飲むなどして補うのが良いですね。

これから鍋物の季節なので、比較的エラスチンを摂る機会も
多くなるとは思いますが、それでも毎日は無理だろうし。

上手にサプリを利用してください。

エラスチンがつくっている柔軟組織は、睡眠中に再生されるので、
コラーゲンと同じように、就寝の少し前に飲むと良いですね。


サプリも同じく、夕食時に摂るのがおススメです。

ちなみに、エラスチンをサプリメントとして摂取する場合、
1日10mg以上の摂取が良いとされています。


また、サプリだけじゃなくエラスチン配合の化粧品も
販売されていますよ。

エラスチン原液なんてのもありますねぇ。

さきほどチラリと見てみましたが、「ほうれい線に効いた」
という感想を書かれてる方がいらっしゃいました。

興味がある方は、エラスチン配合のコスメも
使ってみてはいかがでしょう?

私は、食欲も満たせるので、今からの季節は
お鍋ばっかり食べてますw

コラーゲン鍋の具財を、エラスチンを多く含む食材にすれば、
翌日のお肌がぷりっぷりになりそうじゃありません?

すっぽん鍋なんかも良いですよね~♪

・・・って、完全に色気より食い気になっておりますw
でも、美味しいし肌に良いしで一石二鳥だと思います。

せっかくなんだから、一粒で二度美味しい方法で行きたいものですw


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ