コーヒーポリフェノールには、シミ予防の効果がある。

・・・ということが、昨日のあさイチで紹介されたようですが、
よく調べてみると、シミ予防効果だけじゃなくって、
アンチエイジング効果が期待できるようですね。


これはコーヒー大好きな私にとって朗報ですw

コーヒーは飲みすぎると胃に悪いだとか、
なんとなく「体に良い」というイメージからは
遠いところにあったと思うんです。

それがポリフェノールを含んでいて、
しかもココアよりもワインよりも多いだなんて!

ちょっと信じられないんですが、事実なんですよ。

コーヒーポリフェノールの効果やら、
なぜシミ予防になるのかを説明しますので、
コーヒー好きな方、期待して読んでくださいw

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

まずコーヒーポリフェノールがシミを予防するのは何故か、
ということから説明していきますね。

人は紫外線が当たると、体内で活性酸素が発生します。

この活性酸素は、細胞を傷つけることがあるので、
それを防ごうとして、メラニン色素が生み出されます。

これで皮膚は守れるんですが、沈着してしまうと、
残念ながらシミになってしまいます。

・・・うん、日焼けのメカニズムですよね。

これを予防してくれるのが、ポリフェノールなんです。

ポリフェノールが取り込まれていると、
その働きで活性酸素が取り除かれ、
メラニン色素は作られません。


その結果、シミ予防になると考えられてます。

活性酸素を除去する飲み物と言えば、
この間、紹介した水素水ですよね?

はなまるマーケットで紹介された「美肌に欠かせない水」水素水

水素水は、老化やガンの原因である、
活性酸素を減らす抗酸化作用があるとされる水です。

これと同じく、コーヒーポリフェノールにも抗酸化作用があり、
アンチエイジングや生活習慣病の緩和、疲労の回復に役立ちます。


さらにコーヒーのポリフェノールには、
抗がん作用もあり糖尿病の軽減にも役立つ、
と言われています。

ポリフェノールが多い飲み物としては、
赤ワインが有名です。

ただしワインと違って、アルコール分を含まないため、
コーヒーの方が摂取しやすいという利点があります。

さらに、コーヒー豆に含まれるコーヒーポリフェノールは、
他のポリフェノールと比べても吸収性が高く、
その抗酸化作用も高いということが分かっています。

「それ、本当なの?」と、やっぱり不思議なんですが、
お茶の水女子大学の近藤和雄教授の調査で、
コーヒーを飲む人ほどシミの量が少ないことが
実験で証明されてるんですよね~。

しかも、日本人の食生活でのポリフェノール摂取量の
約70%は飲料から摂取されてて、その約半分がコーヒーから、
ということも判明しているそうで。


私が知らなかっただけで、コーヒーのおかげで、
色々と助かってるっぽいw

というか、コーヒーが日本人の生活に思った以上に
密着しているということも分かりました。

それも、もしかしたらポリフェノールの効能と
関係しているのかも知れません。

ポリフェノールが体内で効能を発揮するのは、
体内に摂取されて2時間程度で、
4時間後には効果がなくなるんだそうです。

だから1日中効能を発揮してもらおうとすると、
朝食時、午前10時、昼食時、午後3時、夕食時、
この時間帯に飲めば良いということになります。

これって、見事に食事時やティータイムに、
一致してますよね?

これ、コーヒーポリフェノールの効果や効能について
詳しく知らなくっても、体が潜在的に分かってたんじゃ?
と思うくらいに、見事に一致してます。

・・・なんだかすごいな~としか言いようがないw

気分転換でストレス解消のため、美味しいから、
という理由で、コーヒーを飲んでると思ってたけど、
実は抗酸化作用を知ってる体が求めてたんじゃなかろうか?

そんな事を思ってしまうくらいすごいです。

いや~今まで、コーヒーが好きな事を何となくですが、
後ろめたく思ってたのが、一気になくなりましたw

むしろ「私、生活習慣病予防とアンチエイジングを
一気にこなしてるわ!」と、自分にはすごく良い習慣がある、
とまで思うようになったw

ここまで思わなくて良いので、みなさんもコーヒー飲みませんか?

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ