朝晩がどんどん冷えるようになり、
秋から冬へ移る今日このごろ。

お肌の乾燥対策が、非常に重要になってきます!

お肌の乾燥対策は、アンチエイジング的にも、
顔のたるみ対策のためにも、とっても大事なことです。

「お肌の乾燥=老化」と言っても過言ではないんです。

まぁ、私が力説するまでもなく、お肌の乾燥対策に、
保湿効果が高いスキンケアアイテムに変えたりと、
色々な手は打ってあると思います。

なので、そのスキンケアアイテムを十分に活かす為にも、
見落としがちな、お肌の乾燥を防ぐためのポイントを
3つ紹介したいと思います。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

それでは、お肌の乾燥予防に大切なポイントを紹介しますね。

まずは、保湿アイテムの付け方です。

お肌が乾燥したな~と思ったら、まず保湿しようと思って、
保湿成分の高いスキンケアを使ったり、その量を増やしますよね?

確かに、保湿アイテムをたっぷり使う事も大切なんですが、
その時の、つけ方が問題なんですよ。

いつもより量が多い保湿アイテム、例えば乳液だとして、
「いつもより多い量を出して、それを一気につける」
という付け方をしていませんか?

いつもより量を増やすと、その分、肌に馴染むのに
時間がかかるものなんです。

一見、量を使ってるので肌の表面は潤って見えますが、
一気に馴染ませると、肌の内部にまで浸透してないんです。

せっかく量を増やしたのに、これではもったいないです。

ではどうすれば良いかと言うと、
「何度かに分けて重ね付けする」だけで良いんです。
これだけで保湿効果がかなり高くなります。



次に、お湯の温度に気をつけて下さい。

洗顔の時のお湯の温度が高すぎると、お湯に肌の潤いを奪われ、
お肌の乾燥が激しくなってしまいます。

お湯の温度の目安は32℃前後が良いです。

そして、ここからが案外盲点なのですが、
低すぎてもダメなんですよ。

低すぎると、毛穴が開かないので汚れが落ちにくくなります。

「高くても低くてもダメなんて~」と面倒くさく感じると思いますが、
この手間を惜しまないことで、美肌が手に入ると思って、
毎日、気を配るようにしましょう。


最後のポイントは「手の乾燥に気をつける」ことです。

これ、言われて見れば「あ~」って感じなんですが、
意外に気をつけないポイントです。

お肌の手入れをする時、化粧水・乳液などを何でつけるか、
というと、手で付けますよね?

まず、自分の手にコスメを出しますよね?

その手が乾燥していたらどうなるか・・・手にしみ込みますw
手のひらが見事に潤いますw


当然ですが、その分の潤い成分は手に吸収されるので、
肝心のお肌へ届く潤い成分・・・というより、
コスメ全体の絶対量そのものが減りますね。

これ、最近、私は身を持って実感しましたw

「乳液を手で温めてからつけて」と書いてあったので、
指先でクルクルしていたら、指先に浸透してしまったというw

おかげで、お肌に乗せた時には、伸びない伸びない。

ものすご~く損した気分にもなりますので、
手の乾燥予防は、かなり重要ですよ。

日頃からハンドクリームなどで、手を保湿するのにプラスして、
スキンケアの前に。化粧水や乳液で手の乾燥をなくしてから、
お肌の手入れを始めると良いですよ。


そうしないと、私みたいに手や指先が全部吸収しますw


以上、ちょっと見落としがちだけど、実はかなり有効、
というお肌の乾燥対策に大切なポイントをご紹介しました。

これだけのことで、お肌の乾燥を防ぐには、
かなり有効な手段となります。

これからどんどん、お肌が乾燥する季節になりますので、
保湿アイテムを最大限に有効活用できるように、
これらのポイントをおさえて、しっかり保湿しましょうね!


■管理人が試した肌の乾燥が改善する化粧品■
I'm PINCH7日間お試しセット
I'm PINCH 1000円

3日で肌の乾燥改善&潤いが出ます。肌のハリも回復
リマーユ プラセラ原液

リマーユ プラセラ原液トライアル

しっかり保湿するのに肌はサラサラ。セラミド配合。
クラウンセルクリーム

クラウンセルクリーム

肌バリアが強化され、肌の保水力が上がります

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ