ゴルゴ線ってご存知ですか?・・・ご存知ですよね?

鼻筋のすぐ横、目の下あたりから外に向かって、
頬骨をななめ45度に横切る線のことです。


目頭から八の字にみえる線ですね。

さいとうたかおさんの漫画「ゴルゴ13」の主人公にちなみ、
「ゴルゴ線」と呼ばれていますw

正式名称は「ミッドチークライン」なんですが、
「ゴルゴ線」のが一発で分かっていいと思います。

このゴルゴ線が出来ると、老けた感が増してしまいますが、
そもそも、どうしてゴルゴ線が出来てしまうのでしょう。

単語としては有名なんですけど、ゴルゴ線がどういうものか、
何が原因で出来るのかは全く知らないんですよね~。

・・・ということで、少し調べてまいりました。

これに悩む方も少なくないと思うので、
ゴルゴ線ができる原因を紹介したいと思います。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

ゴルゴ線、と言いますが、実はこれは筋肉の割れ目です。

肌のハリが失われたり、表情筋が衰えてたるんだり、
皮下組織の減少と皮下脂肪の下垂によって
皮膚上から筋肉の隙間(割れ目)がハッキリと
見てとれるようになります。

頬の脂肪が減ったことや、筋肉の緩み、
これらが原因で、筋肉の割れ目が表面に浮き出るんです。


もっと簡単に言うと、皮膚の下の「段差」による
くぼみ線がゴルゴ線と呼ばれているんですね。

ほうれい線と同じです。

上のゴルゴ線の説明を読んでいただければ
お分かりかと思いますが、ゴルゴ線ができる原因は、
加齢による肌のたるみ、表情筋の衰えです。

・・・これも、ほうれい線と同じというか、
ふつうに顔のたるみの原因と同じですね。

ただ、骨格などの生まれつきの顔立ちや脂肪のつき方で、
目立つ人とそうでない人に分かれるます。


若い方でも目立つ方は目立つし、
年を取っても目立たない人もいます。

目の下のクマと同じで、出来やすい人(目立ちやすい人)と
そうでない方の差が激しいラインですね。

遺伝的要素が強いな~って思いました。

ほうれい線と違うな、と思ったゴルゴ線の原因としては、
視神経の疲労が原因となってることですね。

視神経の疲労で目尻、こめかみが緊張し膨らんでいき、
少しずつ肌も引きつったように弾力がなくなり、
頬の柔らかい肌と、目尻のこわばりとの境界線として、
くぼみやシワが表れた、というもの。

目の周辺というか、目と鼻の付け根のあたりの
「コリ」が原因となってる場合があるようです。


「コリ」が原因ってことは、そのあたりのリンパの流れが
滞ってるからということなんでしょう。

こちらの原因は、自分で色々と対処できそうです。

目立つラインなので、気にする方が多いようで、
美容整形などを考えてる方も少なくないのですが、
あまりオススメしません。

その前に自分でできる事がたくさんありますので、
そちらを試して、それでもどうしても!という場合だけ
利用した方が良いんじゃないかな~。

次の記事で、その「自分で出来るゴルゴ線解消法」を
紹介したいと思います。


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ