アンチエイジングには
良質の睡眠が絶対に必要です。


・・・そんな事を書いてる私なんですが、
ここ最近、ちょっと良質の睡眠がとれてません。

寝つきが悪いというよりも、
眠りが浅いかんじなんです。

今までは、気にしてなかったんですけど、
美肌を保つためには必要な
成長ホルモンの分泌にも関わるし、
頭を休めるためにも、良質な睡眠は必要です。

そのため、改善しようと頑張ってるのですが
あんまり効果も出てない状態でして。

これ以上放置するのは良くないと思い、
質の良い睡眠をとる方法を探してみました。

私みたいに、眠りが浅くて困ってる方の
参考になれば嬉しいです。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

リラックスする


質の良い睡眠に必要なのは
まずはリラックスすることです。

「眠りが浅いから何とかしたい」と、
いつもより早く寝ようとしたり、
無理に同じ時間に寝ようとするのは
寝ることを意識しすぎて緊張するので
かえって逆効果なんだとか。

「寝なきゃ!」と、強く意識することが
緊張状態を引き起こし、
寝付きが悪くなっちゃうんですね。

…私、これ覚えがありますw

「寝なきゃ!」と、力んでしまって、
リラックスなんて出来なかったなー。


湯船につかる


あとは、リラックスといえば「お風呂」です。

夕食後、1時間半後くらいの時間帯に
お風呂に入るようにして、
リラックスした状態を作りましょう。

シャワーで済ませるんじゃなくって、
しっかり湯船に浸かってくださいね。

お風呂はぬるめ(38~40度)にして、
ゆっくり入って、身体を温めます。

血流の流れが良くなると、
神経が和らぐんだそうです。

こうやってリラックスすることで、
スムーズに寝られる流れを作っていくんですね。


電気を消す


暗くするほうが、眠りを誘う物質
「メラトニン」を分泌しやすくなるので
電気を消して、眠るようにしましょう。

同室の方が、真っ暗だと眠れないので
豆電球を付けてる、という方は
アイマスクを使うと良いと思います。

夜勤があって、眠る時間が朝方だ、
という方にも、アイマスクはおすすめ。


同じ時間に起きて、光を浴びる


同じ時間に起きて、光をいっぱい浴びる。

これが一番大事なことです。

無理に起きると、寝不足になりそうですが
それ自体が、単なる思い込みなんだそうで。

体は、朝、光をいっぱい浴びて
「起きた」と感じてから、
約15時間後に休息する体勢に向かうよう
出来ているそうです。

そして、体が休息体勢になれば、
自然と眠りにつけるのだとか。

それが、睡眠の質を上げることになる。

だからこそ、毎日同じ時間に、
「まずは起きる」ことを意識して、
規則正しく起きることが大切なんです。

何時に寝ようと、朝、同じ時間に起きれば
眠りの質は高く保たれます。

だから、睡眠時間が短くなったとしても、
起きる時間を一定に保つ方が、
睡眠の質は良くなり、熟睡度は向上する
ということになります。

この体のシステムから考えると
寝だめ、とか、もっての他なんですね。


いかがでしたか?
睡眠の質を上げられそうですか?

私は入浴に関しては問題ないけれど、
リラックスするというのが
まるで欠けてたのが分かりました。

ちょっと自分の行動パターンを見直そうと思います。

あなたも少し見直してみてください。
…というか、早起きになれば良いんですね。

朝、ラジオ体操をする勢いで起きるのが、
質の良い睡眠をとる方法としては
最適なのかも知れませんね。


■管理人が試した眠りを深くし、疲労回復効果があったジュース■
黄酸汁 豊潤沙棘
(サジージュース)フィネス 黄酸汁 豊潤沙棘(サジージュース)

疲労回復・快眠効果、
冷え性改善効果あり

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ