顔のゆがみは、顔の見た目的にも気になるものですが、
顔のたるみの原因でもあります。


顔のゆがみは、その人の「噛み癖」などが原因で起こり、
それは年々、積もり積もっていきます。

それぞれが影響しあって、顔のゆがみが起こり、
その結果、目尻が下がったり、頬が下がったりして、
顔の左右のバランスも崩れていってしまいます。


・・・見た目のバランス以上に、恐ろしい状態ですね。

顔のゆがみを放置すると、メイクではごまかせないレベルまで
良くない影響が表れそうです。

ここまで行かないうちに、顔のゆがみを治してしまいましょう。

あまりにも慢性化してしまった、顔のゆがみには効果はないけど、
そこまで行かないものでしたら、自分で治せます。

顔のゆがみを治すマッサージを紹介しますので、
ちょっとやってみてください。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

それでは、顔のゆがみを治すマッサージを紹介します。

いま、特に顔のゆがみに困っていないという方も、
朝起きたときに「寝癖」ならぬ、「顔ぐせ」を治すために、
やってもらうと、顔のゆがみ癖がつかずに済みますよ~。

枕の跡が顔についたとか、変な寝方をしてしまった時も、
積極的にやってくださいね。

「顔のゆがみぐせ」って、寝るときにもできるんですよ。

では、紹介していきましょうね。


顔のゆがみを治すマッサージのやり方


1.
手のひらを両耳の前から頬の部分に当てて、
右手は頬を後ろ方向にねじります。

左は前方向にねじりながら、ゆっくりと口を5回、
開けたり閉じたりしてください。

同じ動作を、ねじる方向を左右逆にして、
行ってくださいね。

2.
右手を額にあてて、左手で顔の正面から両頬骨をつかみます。

そのまま右手は右方向に額(おでこ)を引っ張るようにし、
左手は頬骨を左方向へ引っ張りながら、
口を開けたり閉じたりを5回繰り返してください。

手を左右逆に入れ替え、反対側も同じように行いましょう。

3.
右のこめかみを境にして、右手を耳の前の頬に手を当てて
下方向に引っ張るようにし、左手はこめかみを引っ張り上げるように
手を当てましょう。

そのまま、上下に引っ張りあうようにしながら、
口を開けたり閉めたりを5回繰り返します。

右のこめかみのあとは、左のこめかみも同じようにします。

ここまで全部終ったら、肩や腕、首をまわしたり、
動かすようにして、身体全体に流す事を忘れないで下さい。


以上です。

文章だけ読むと、ややこしくアクロバティックな印象ですが、
慣れたら、1分もかからず出来るようになります。

ちょっと怖いので、あまり頻繁には行いませんが、
即効性は高いマッサージです。

顔のゆがみを治すと、顔の筋肉の位置が正しい位置に戻るので、
リンパの流れも良くなり、肌のハリが戻ったり、
目元や瞼のたるみが解消したりと、若々しい顔に戻ります。

顔のたるみ、目元のたるみが気になる方も、
ためしてみてくださいね。

顔のゆがみを治すマッサージではありますが、
小顔効果も高く、頬、あごの余計な脂肪が取れるので、
なかなかオススメですよ。

ちなみに、背骨のゆがみも顔のたるみの原因になります。
背骨のゆがみは、顔のたるみの原因

できたら、背骨のゆがみも顔のゆがみも習慣づけないよう、
普段からマッサージやストレッチをしてくださいね。


■管理人が試した顔のたるみを改善する化粧品■
オラクル化粧品お試しセット
オラクルお試しセット

即効性のある顔のたるみ
改善効果にビビりました
EGF&FGFトライアルセット
セルビック EGF&FGFトライアルセット

肌内部の潤いと弾力アップ
5日で肌状態が変わります
リフトアップクリームROSYリフトアップクリームROSY
頬のたるみとほうれい線が塗って3分で解消です

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ