顔のたるみの原因のひとつに
「乾燥」があります。

乾燥すると肌に水分がなくなって、
肌の弾力やハリがなくなりますから。

おまけに顔のしわだって増えますよね~。

そう、美肌にとって、そして老化対策として乾燥対策は
絶対の絶対のぜった~~いに必要なんです!

その乾燥に苦しめられる季節が来てしまいました!

そして(こんな時だけ)季節に敏感な私の肌は、
数日前からカッサカサになってしまってます(泣)

ちょうどコラーゲンを切らしてしまったのもあるかもだけど、
こんな時だけ、季節先取りしなくっても良いじゃないかぁっ。

ってなわけで、乾燥対策に本格的に取り組む事にしました。

うちの地方は明日からガクンと気温が下がるという予報が出ており、
今日、ヒーターの試運転をしたのもありますので、
肌も気になりますが、まずは部屋全体の乾燥対策を調べてみました。

さらに、私は加湿器を持ってないので、
「加湿器を使わずに加湿する方法」だけになりますが、
定番のものから、ちょっとマニアックなものまで紹介したいと思います。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

まずは「加湿器を使わずに加湿する方法」として、
定番中の定番を3つ紹介します。

・濡れたタオルを干しておく
・室内に霧吹きで水を吹きかける
・洗面器に水を張って部屋に置く


この3つは、もう外せない定番の方法ですね。

「濡れたタオルを干しておく」という方法の場合は、
普通のタオルよりも、バスタオルのが効果的という声多し。


これは私も実感してますね。

部屋にバスタオルを干すと、湿度が上がるし、
そして部屋の気温が少し下がる気がしますw

水分が部屋の中に存在するって実感があります。

「洗面器に水を張る」のは、「枕元にコップを置く」でも
良いようなんですが、これは寝相が良くない人には危ない。

それならば…というわけじゃないんでしょうが、
ちょっと見つけた変り種の乾燥対策があります。

・部屋の中に熱帯魚などの水槽を設置

洗面器やコップよりは倒れる可能性が低いですw

日本観賞魚振興会の、観賞魚で乾燥対策キャンペーン
というところの情報です。(ただし平成21年)

エアーポンプ・水中ポンプなどの設置が難しそうですが、
湿度を50~60%に保つことができるのは羨ましい。

確か、美肌のための理想の室内湿度が60%ですし。

別に観賞魚を入れなくても大丈夫っぽいし、
加湿器より結露の心配がなさそうなのは魅力だな~と思う。

実際に、水槽を置いてから、乾燥対策として部屋に置いた
コップの水の減りが、異常に減ったという人も居るようで。


誰もができるわけじゃないけど、ちょっとおもしろいですよねw

では今度は、もう少しチャレンジしやすいものを、
ということで、紹介したいのがこれ。

・カーテンを洗濯して、そのままレールに吊るす

これは実行してる方が、けっこう多い部屋の乾燥対策です。

部屋の温度が下がるという欠点はありますが、
室内の乾燥対策としてはバッチリですよ。

冬になったら、ここぞとばかりにガンガンに
カーテンを洗濯する、という方もいらっしゃいますw

同じカーテンを使った乾燥対策で「カーテンに霧吹きで吹きかける」
というのがありますが、カーテンが汚れている場合、
水がかかった部分がシミになる事があるので、洗う方が良いかも。

洗濯するときに、良い香りの洗濯洗剤などを選べば、
部屋の中が良い香りになりますしね。


ただ、この方法は部屋の湿度がもともと高めの場合は、
カーテンが乾かず、逆にカビが発生する可能性があるので、
部屋の乾燥具合と相談してください。


ちょっと(かなり?)変り種も含めて、部屋の乾燥対策を
紹介してみましたが、いかがでしたか?

お肌の乾燥対策にも良いですが、インフルエンザ防止にもなるので、
簡単なもので良いので、取り組んでみてくださいね。

もう本格的な冬は目の前です。
しっかり乾燥対策しましょうね!


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 
 タグ
None