え~今日は、ちょっと気が早いんですが、
お正月太りなど、年始年末の暴飲暴食に備え、
あごのたるみ解消トレーニングを紹介します。

あごって、お腹・腰周りと並んで太りやすい所なんですよ。
から、何かと食べる行事が多くなる前に、
あごのたるみ…というか、二重あご防止のための
エクササイズを紹介しようというわけです。

…いや、正直に言いますと、年始年末どころか、

「寒いと鍋が美味しいね~」
「寒いと甘いものが美味しいね~」
「体が冷えないように、温かいものを食べないと」

なんて言いながら、明らかに食事量が増えてる私w

そんな自分に気づいて焦って、二重あごに効きそうな方法を
探してきたので、ここでも紹介しようってだけですw

あごのラインさえスッキリしていれば、
フェイスラインも引き締まって見えますからね~。


お正月明けに「太った?」と言われない為にも、
今から習慣づけてやろうと思ってますw

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

あごのたるみは、下あごを押し上げる筋肉「オトガイ筋」が
衰えることが原因になっています。

「オトガイ筋」って、あまり聞いたことがない場所ですが、
ものすごく簡単に言うと、あごの先の方の筋肉です。

あごの先が尖ってる人のフェイスラインは、
スッキリ・ハッキリしてますよね?

あれは、オトガイ筋が鍛えられて尖ってるからです。

あごがたるんでくると、あごの先の尖がりがなくなり、
丸くなってきますが、これが「オトガイ筋が衰えてる」
という状態なんですね。

ですので、ここを鍛えれば、再びあごのラインもスッキリし、
フェイスラインもハッキリとしてきます。

では、エクササイズの方法を紹介しますね。

あごのたるみ解消エクササイズのやり方


1.
顔をゆっくりと上に上げ、少し斜め上を見ます。
オトガイ筋に力を入れるように意識して下さい。

2.
下唇を5秒間かけて、上に向かって引き上げます。
下あごを少しだけ上に上げる感じ。

この時、上唇は動かないように気をつけて。

3.
そのまま下唇を、前に突き出して、
あごの先に力を入れた状態のまま5秒キープ

4.
5秒かけて、ゆっくりと元に戻してください。

1~4の動作を1日5回行いましょう。


以上です。

オトガイ筋に力が入ってることを意識して下さいね。

え~オトガイ筋が分かりにくいよ~って方、
「あごの先の、梅干みたいにシワがよるとこ」
で、お分かりいただけますかね?

ここに力が入ってるな、というのを意識して
行って下さいね。

それだけで、効果が違いますから。

1の時、あまりに真上を向いてしまいますと、
かえってオトガイ筋に力が入りにくいので、
気をつけてください。

これ、回数をこなすほどに、あごが痛くなりますw

きちんと、ゆっくりと行うのがコツですね。
あごの先ですが、しっかり表情筋が痛くなりますよ~。

かなりピンポイントに、オトガイ筋を鍛えられるような気がします。

きついエクササイズですが、オトガイ筋を鍛えれば、
ラインがスッキリしてシャープな輪郭になるだけでなく、
小顔効果もありますので、頑張ってみてください。

私は、食欲も増加している自覚もありますし、
年始年末は、特にこのエクササイズを強化する予定ですw


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ