ここのところ、毎日「肌が乾燥する~」と言ってる私ですが、
私ほどじゃなくても、肌の乾燥に困ってる方が増えてるようで、
保湿成分バツグンと評判の、馬油の人気が高まってるようです。

私なんて、いまや馬油が「肌の生命線」になってますw

敏感肌でも使える、リンパマッサージオイルとして使える、
ということで、愛用してる私ですが

「そういや、普通にスキンケアとしての
 馬油の使い方を紹介したことはないな」

と、思いましたので、今日はスキンケアとしての
馬油の使い方を説明したいと思います。


ちなみに、馬油(尊馬油)をマッサージに使った感想はコチラ
ソンバーユを顔のマッサージに使ってみた

馬油は顔に使うにしても、お風呂上りにパパッと使えて、
ものすごく便利ですよ~♪

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

スキンケア時の馬油の使い方


まず、馬油の基本的な使い方なんですが、
基本は、馬油→化粧水→乳液、です。

「化粧水の前に、油をぬってはじかないの?」

と、不思議に思うかも知れませんが、これが基本なんです。

馬油は、馬油を塗った後につけるものの浸透を良くする、
という効果がありますので、まずは馬油です。


その後に、保湿成分たっぷりの化粧水や美容液をぬると、
より保湿効果が期待できる、というわけなんですね~。

「馬油の後に添加物たっぷりのものをつけると、
 それまで吸収してしまいそうだ」

という方も居て、そういう方は、無添加の化粧水を選ぶなど、
他のスキンケア用品にも、気を使っていらっしゃるみたい。

私は、今みたいに乾燥がひどい時は、
馬油だけしか付けなかったりするくらいなので、
そんなには気にしていませんねw

何か肌トラブルがあるときは、馬油だけの方が
調子が良くなったりします。

今みたいに乾燥がひどい時は、馬油→化粧水→保湿クリーム、
というようにするか、馬油→クリームという使い方にします。

馬油の後、化粧水を使わない、という方、
結構多いんですよね。

それを見習って、肌が敏感で化粧水がしみる時期は、
馬油→保湿クリーム(乳液)という使い方をしてますが、
特に何の問題もありません。

私は、むしろ、こちらのが調子が良いような気がします。

こればっかりは、ご自分で試してみてください、
としか言いようがありません。

色々と、試してみてください。

それとは反対に「人によって変わらない」使い方を挙げると、

・お風呂上り、水分が残ってる肌にのばす
・3分ほど置いてから、次のスキンケアをする


これは、どなたも同じはずです。

お風呂上りの水分が残ってる間に、
薄く薄くのばしてつけるのがコツ。

肌が温まった状態+水分が残ってるのがベスト。

こうしないと馬油がのびませんから、
やたらとコッテリとつけることになります。

そうすると、油分過多になってニキビが出来てしまいます。

馬油は、肌が乾燥してる場合は、かなり多めに塗っても、
浸透していくものですが、限度がありますからね。

手で温めて、水分が残った肌に薄くのばすか、
手の上でのばして、それをハンドプレスするか、
どちらかの付け方がオススメです。

足りないな~と思ったら、少しずつハンドプレスで
足していくのが良いんじゃないかな?

2つ目の「3分置いてから~」というのは、
これは、馬油が肌に浸透するまで待ってということ。

塗った瞬間は「テカテカ」に見えても、
しばらく経つと、肌が「サラリ」とした感触になるので、
そこまで待ってから、次のスキンケアに進みましょう。

5分ほど待って、まだ「テカテカ」なら、付け過ぎw

ティッシュオフするなど、余分な馬油をとって、
それから化粧水やクリームをつけてください。

この「浸透するまで待つ」ということが出来ないと、
顔がテカテカになる率が高いようですね。

薄く塗ってるのに、テッカテカな人は、
ちょっと余裕を持って、馬油を使ってくださいね。

朝はともかく、夜はお風呂上りにつけてしまうのが、
一番早くて、一番効果がありますので、入浴のお供にどうぞ。

馬油で頭皮マッサージ、リンパマッサージ、
顔を馬油でパック→スキンケア、と使いたい放題ですw

そのまま手足にも使えるので、乾燥に困ってる方、
少しでも馬油に興味があるなら、使ってみて下さい。


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ