どうも!最近、あごのたるみが少しずつ解消され、
ちょっと…いえ、かなり嬉しい管理人ですw

私が、あごのたるみ解消のためにやった
エクササイズは、この2つ。

あごのたるみを解消して小顔にの最初のエクササイズ
オトガイ筋を鍛えて、あごのたるみ解消

両方とも、「おとがい筋」を鍛えるエクササイズですね。

きちんと毎日やった、という真面目さはなくって、
2、3日の間があくことはあったし、
お風呂での首筋のリンパマッサージのついで、くらいの
気持ちでやってたのですが、思った以上の効果がでました♪

その結果、実感したのが

「あご周りがすっきりすると、フェイスラインがスッキリする」

ということです。

エクササイズを紹介してる記事の中にも書きましたが、
自分の顔で結果が出ると、本当に実感します。

で、人間、目に見えて効果が出ると調子に乗るものでw

今日も、あごのたるみ改善エクササイズの
「ポリバケツ体操」を紹介します。

手軽に出来るので、二重あご解消したい方にオススメです。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

それでは、あごのたるみ改善エクササイズ
「ポリバケツ体操」のやり方を紹介しますね。

と、言っても、やり方は本当に簡単です。

「ポ・リ・バ・ケ・ツ」と、なるべく大きく口を
開けるように意識して、顔を上下に向けながら
一文字ずつはっきりと発声する。

ただ、これだけです。こてを1日5回やるだけ。
実際に声は出さなくてもOKです。

10秒くらいかけて、ゆっくりと大きく口を開けて動かす、
ということを意識してやってください。


入浴中やお風呂上りにやると、効果が出やすいみたいですね。

「ポ・リ・バ・ケ・ツ」ではなく「ア・イ・ウ・エ・オ」
でも良いそうなんですが、どこが違うんでしょうね。

「ポリバケツ」の方が、上下の唇が接触する分、
動きが大きくなるとかあるんでしょうか?

これについては、調べても分かりませんでした。

個人的には「顔を上下に向けながら」の部分は、
「上を向けながら」の方が、おとがい筋や
首筋に負荷がかけやすいので、上の方がお気に入り。

だけど、上を向いてるときと、下を向いてるときは、
力が入りやすい表情筋の場所が違うようにも思うので、
どちらもやった方が良いかな~と思ってます。

今までに紹介してきた、あごのたるみ解消エクササイズの中で、
一番手軽にできるものなので、あごのたるみが気になる方は、
生活の中で、気づいたときにやる、くらいの感じで、やってみて下さい。

PC画面とにらめっこが続いて、顔の無表情状態が続いた後に、
この「ポリバケツ体操」を、やってみると気持ち良いですよ。

ただ、無表情が続いた後に、急に大きく口を開けると、
顎関節が「ガクッ」となるので、
徐々に口の開きを大きくすると良いですよw


同じく手軽に出来る、あごのたるみ解消法として、
タレントのローラでしたっけ?

あの敬語が使えない「オッケー」って言う子。

あの子が話した後に、下唇の下というか、
あごの部分に空気を入れて膨らませますよね?

あれが、あごのたるみ解消エクササイズになるらしいです。

確かに、おとがい筋にバッチリと負荷がかかるので、
あごのたるみ改善になると思います。

…思いますが、あれは絶対に人に見せちゃいかんし、
気軽にそこらでやっちゃダメだろう!

ってことで、私は「ポリバケツ体操」をオススメします。

あごのたるみ改善体操としても、有名なんですけれど、
小顔エクササイズとしても有名なんで、
小顔を目指す方も、ぜひやってみて下さい。。

あごの先がキュッと尖がってくるようになると、
本当に顔の印象が変わりますからね~。


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ