ここ数日で、一気に冷え込んできましたが、
みなさん、冷え対策はちゃんとしてますか?

私はとにかく足が冷えてしまう冷え性なので、
末端まで温めることに、命をかけてます!

だからと言って、暖房をガンガンにかけると、
部屋の空気が乾燥しまくって、
お肌も顔もバリバリになってしまいます。

そうならないように、私が愛用してるのが湯たんぽです!

・部屋の空気が乾燥しない
・喉が渇かない
・電気代・光熱費がかからない


と、湯たんぽには、たくさんのメリットがあるのですが、
健康・美容面でもメリットが多いんですね~。

特に、冷え性のあなた!

あなたは今すぐ、湯たんぽを使うべきだ!
同じく冷え性で湯たんぽ愛用者の私が保証する!

…と、無駄に暑苦しく叫んだところで、
冷え性の人のために

冷え性改善のための湯たんぽの使い方

を、紹介していきたいと思いますよ~。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 
まず、足が冷えて仕方ないという方に、
効果的な湯たんぽの使い方を紹介します。

足元が冷えて困ってる方は、太ももとお尻を温めましょう。

これは、体の中の大きな筋肉を温めると、
そこから温まった血液が全身を巡るため、
末梢まで温まるためです。

足先まで血を巡らせるために、温める大きな筋肉が
太ももとお尻なんですね~。

特に、太ももは下半身全体に効果があるのでオススメ♪

次に、手先が冷えて仕方ないという方が
温める部位を紹介しますね。

手先が冷えて困る方は、二の腕の内側を温めましょう。

腕の付け根まで温めると、より効果的です。

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、
発熱した時に、冷やすと良い場所そのままですね。

太ももに二の腕なんかを、冷やすと体温が下がりますが、
それと逆のことをすれば良いんですね。

発熱の時と違うのは、お腹を温めると良い、ということ。

お腹は「大きな筋肉」ではありませんが、
腰とお腹は、体の体幹部なので、
ここを温めると、全身が効率よく温まります。

体全体の冷え性改善になるんですね~。

また、寝つきが悪くなっている方なんかも、
お腹を温めると、じわじわと温かくなって、
寝つきが良くなるので、オススメです。


寝る前になったら、布団の外にポイッと出すほうが、
良いとされてますが、私は布団の端の方に、
足で蹴って、直接当たらないようにするくらいで出しませんw

かなりの冷え性なので、これでも暑くて寝苦しい、
というようにはならないので、私の場合はこれでOK.

湯たんぽは、時間が経つとともに、徐々に温度が下がるので、
ヤケドする心配もないから、中に入れたままでも大丈夫です。

一晩かけて、勝手に温度が下がっていくので、
電気毛布みたいに乾燥もしないのに、
放ったらかしで良いし、一晩中温かいので、
慣れると手放せませんよw

暑くて寝苦しいとか、温かくなりすぎて、
布団を蹴っ飛ばしてしまう方は、寝る前に出しましょう。

冬でもかなり心地良い睡眠が取れるので、
寒さや冷えが原因の睡眠不足の方には
一度は試して欲しいです。

冷えも睡眠不足も、美容・健康どちらの面でも大敵ですからね。

そういう点で挙げれば、お腹を温める事は、
内臓を温めることになるので、生理痛が楽になったり、
便秘予防にもなるし、体の代謝もアップする効果もあります。


体内の血流の流れが良くなり、代謝も活発になる、
ということは、美容・健康面のどちらでも嬉しいですね。

美容・健康、そして経済的にも嬉しい湯たんぽを、
一度はみなさんに試して欲しいと思います。

私なんて、寒いときは、お腹と太ももで挟むようにして
丸まってたりしますからねw

ヒーターやエアコンなどの、暖房によるものとは違う、
体の中から温まる感覚が、病み付きになってますよ。

肌も乾かないし、太もも(お腹)・湯たんぽ・ブランケット、
という順番で積み重ねていけば、簡単なコタツ状態になりますw

これがもう、めっちゃくちゃ温まるんです♪

湯たんぽにお湯を入れるのが面倒だわ~って人は、
私が使ってる「ゆたぽん」みたいな、
電子レンジでチンするタイプのを使えば問題ないです。

繰り返し使えるので、「ゆたぽん」おすすめです♪



私なんて、いま使ってるものの他に、
Lサイズの「ゆたぽん」を買おうとしてますからね。

こういう便利な湯たんぽもありますので、
冷え性の人は、面倒を嫌って湯たんぽを敬遠せずに使って、
湯たんぽで乾燥&冷えしらずになって下さい。


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ