あの…お肌のゴールデンタイムってあるじゃないですか。

「美容のためには、夜の10時(22時)から
 夜中の2時までに寝ましょう」

って、これですよ。

これ…今では違うらしいじゃないですか!

最近、睡眠が浅くなってるし、寝る時間も遅くなってるしで、
「ゴールデンタイムを外して、良い睡眠はとれないのか?」
って方法を探してみたら、これだよ!

私の知ってる常識が、また時代遅れになってるよ!

しかもしかも、これだけじゃなくって、

「22時から2時に最も成長ホルモンが分泌され、
 肌細胞のターンオーバーのピークを迎える」

ってのまで、実は違うらしいとかどゆこと?

これ、たまたま調べたら出てきたことだけど、
今でも頑なに信じてる人、結構多いぞ!?

…ってなわけで、本当のお肌のゴールデンタイムとは?
本当に美容に良い睡眠とは?ということを
紹介したいと思います。


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

まず、お肌のゴールデンタイムは、22時から2時までで、
この時間に寝てないと肌が良くないと言われてることですが、
これは、この時間帯に成長ホルモンが一番分泌されるから。

…ということになってましたよね?

実は、このこと自体が違ってるらしいんですよ!

成長ホルモンの分泌は、時間とは関係がなく、
寝入りの3時間をぐっすり眠れてるかどうかが
関係しているんだとか。


というのも、「成長ホルモン」は、眠り始めてから
最初の3時間に集中して脳下垂体から分泌されるそうで、

眠り始めの3時間を、途切れなくぐっすり眠ること

これが大事なんだそうな。

22時には寝ないと!って思って、早い時間に寝ようとして、
気が焦ってしまうと、かえってリラックスできなくなり、
それが不眠の原因になることもあるので、
無理に早寝しない方が良いそうです。

21時以降は身体が眠りの準備に入るので、
体のバイオリズムを考えると、
22時に眠ることは良いことだけど、無理は良くない、と。

眠りが浅くなってしまうくらいなら、
無理に早く寝ない方が良いみたい。

そもそも、現代、「22時から2時」という時間帯に、
毎日きちんと寝られる人って、少ないですよね?

お仕事によっては、昼夜逆転してたりするし。

だから、この考え方そのものが、旧日本人のライフスタイルに
基づいた考え方であり、今では時代遅れである、
という考え方になってきているようです。

ただ、起きる時間と寝る時間は、毎日同じであるという、
「規則正しさ」は必要なようですね。

それが、夜早く寝て、朝早く起きるというものじゃなく、
夜更かしして寝るのが遅く、そこから昼まで寝ていても、
毎日同じリズムで規則正しければ大丈夫みたい。

毎日の就床と起床のリズムが整っていれば、
ぐっすりとした眠りが手に入るみたいですね。

これらのことを合わせると、現代のお肌のゴールデンタイムは、

眠り始めてから最初の3時間(ただし、ぐっすり眠る)

ということになりますね。

ただし、誤解してほしくないのは「3時間眠ればOK」
というのとは、また違いますからね!

美容面ではOKでも、それでは健康的に良くありません。

健康のことを考えると、6~8時間くらいの睡眠時間が良い、
とされていますがからね。

…だとすると、普通に会社勤めしている方は、
7時に起きるとしたら、やっぱり午前0時くらいに寝るのが
健康にも美容にも良いってことか。

これなら、現代の生活にも合ってるかな~。

ちょっと余裕が出来た感じw

なんかね、寝るのが遅くなると「ああ~ゴールデンタイム逃した~」
って気分になって、自分で自分に「肌に悪い生活してる」っていう
自己暗示をかけてしまうってことも、あると思うんですよ。

昼夜逆転生活になってる方は特にね。

そういう人は、規則正しければ大丈夫、というのと、
最初の3時間を大切にすればOK、というのを知って、
そのマイナスの自己暗示から解放されて欲しいと思いますよ。

こういう精神的なものって、思ってるより
お肌に影響を及ぼしますからね。

自分の生活に合った、お肌のゴールデンタイムを作れば良し!


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ