一段と寒さが厳しくなった今日このごろ。
乾燥対策がますます大事になってきました。

この乾燥対策なんですが、顔のしわ・たるみなどの、
すべての「老化」対策として大切なことですが、
美白にとっても大切なことだと、ご存知でしたか?

秋冬は冷えと乾燥との戦いの季節ではありますが、
美白には向いてる季節だと思ってたんです。

けど、乾燥対策の「保湿」ができていないと、
美白できないんじゃないか?とまで思えるほどに、
美白のためには保湿が必要なんです。

なぜ、美白のためには保湿が必要なのかを
説明していきますので、美白ケアに力を入れてる方は、
しっかり読んでくださいね。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

では、さっそく本題に入りましょうか。

美白をするために、どうして保湿が必要かと言うと、
肌が乾燥していると、美白成分が浸透しにくいからです。


肌が乾燥してると、肌が持ってる本来の吸収力が
弱くなった状態にあるんだそうです。

だから、肌に美白成分を浸透させやすくするためにも、
美白の前に保湿を十分行う必要があるんですね~。

美白効果がある、高価な化粧水や美容液をたくさん使うよりも、
肌の保湿を徹底的に行う方が、効果が出やすいということですね。

肌が乾燥してると、美白成分が浸透しにくいだけでなく、
肌がくすんで見えるなど、良い事は全くありませんので、
しっかり保湿ケアをしましょうね。


ところで、美白化粧品って、乾燥しやすいと思いませんか?

これは美白化粧品に含まれる成分が、角質の結びつきを弱め、
はがれやすくして、メラニンの排出を促して、
美白成分を浸透しやすくするものが多いからだそうです。

一瞬「?」となりましたが、古い角質をはがして、
ターンオーバーを促進させてるってことですね。

この「角質の結びつきを弱め」というのが、
乾燥に繋がってしまうんでしょうね~。

「AHA成分」が、その傾向が強いらしいので、
あまりに乾燥するなら、これが入ってるのは
避けた方が良いかも知れません。

美白効果も保湿効果も高い美白化粧品を選びましょう。


また、美白効果を最大に得るには、
スキンケアの順番にも気をつけるようにしましょう。

美白化粧水は、乳液やクリームの後に塗ると、
これらの油膜があるため、美白成分が浸透できなくなります。


化粧水が蒸発しないように「蓋」として活躍する油膜が、
ここでは邪魔になってしまうんですね。

だから、美白化粧品を使うときは、

化粧水→美白化粧水→乳液orクリーム

という順番で、スキンケアするようにして下さいね。

肌に水分が多く角質が潤ってれば潤ってるほど、
美白成分が浸透する、と覚えてください。

せいかく美白化粧品を使うのですから、
その効果が最大限に得られるようにしましょう!

美白と保湿の両立は大変…と思いがちですが、
最近は、その両方が入った美白化粧品が増えてますので、
そういう化粧品を選べば問題ないですよ。

しっかり美白も保湿もして、美しい肌を目指しましょう~。


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ