乾燥肌の方も、そうでない方も、
乾燥がひどい季節には
絶対に気をつけて欲しい部分があります。

それは目の周りです。

目の周りは、他の部分に比べて皮膚が薄いので、
ものすごく乾燥しやすい部分です。

そして、それが目立ちやすい部分でもありますね。

目の周りが乾燥して、乾燥じわが目立ってると、
一気に5歳は老け込んで見えます。

乾燥をそのまま放置しておけば、しわが定着する上に、
肌のハリもなくなり、目の周りのたるみに繋がります。


「老けて見える」が「しわやたるみなど老化が定着」へと
最悪な変化を遂げてしまうんですね。

だから、乾燥対策というより、目の周りの老化対策としても、
目の周りの乾燥対策には、十分に気をつけて欲しいんです。

目の周りに水分があって、ハリがあると分かる見える、
ということを、最近、実感した私が言うだから間違いないw

そんなわけで、今日は目の周りの乾燥対策を紹介します。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

目の周りの乾燥対策として、必要なのは
水分補給と油分補給です。


もっと言うと、水分と油分のバランスを保つことです。

お肌の乾燥対策って、だいたいそうでしょ?と思いますが、
目の周りの皮膚には、これは特に重要なんです。

目のまわりの皮膚は、他の部分に比べて、
どうして、こんなに乾燥しやすいかと言うと、
皮脂腺・汗腺が少ないからなんです。


皮脂腺や汗腺というのは、肌を保護する
「皮脂膜」を作る役割がありますので、
これらが少ないといことは、保護する力が弱いということ。

そして、皮脂膜は水分と皮脂で出来てます。

だから、目の周りの乾燥対策として、
水分と油分を与える必要があるんですね。

化粧水なしでクリームだけのスキンケア、
「ガッテン塗り」をしてる方も、目の周りが
あまりにシワシワな時は、水分補給もしてあげて下さい。

こだわり過ぎは禁物です。


さて、具体的な目の周りの乾燥対策方法ですが、
化粧水+オイルというケアになります。

化粧水で「保水」して、オイルで油膜を張ります。

化粧水の水分を保つ必要があるので、
化粧水もある程度、保湿力があるタイプのものを
使うと良いですね。


ヒアルロン酸や、驚異の保水力を持った成分として
注目を浴びているプロテオグリカン配合の、
高保湿タイプの化粧水など、保水・保湿を重視して
化粧水を選んでください。

その後で、オイルで蓋をしましょう。

その時に使うオイルは、ホホバオイルや
スィートアーモンドオイルなど、
肌の皮脂に近い成分が含まれてるオイルにしましょう。

もちろん、私のお気に入りの馬油も含みますw

皮脂膜と同じ成分が含まれるオイルは、
乾燥した肌への負担も少ないし、
馴染みやすいという面でもオススメですね。

肌、特に目の周りは乾燥してしまうと、
少しでも刺激があると、めっちゃ痛いですからね。

刺激が少なく、肌に合うものを選ぶのもポイントですよ。

オイルの類から少し外れるかもですが、
ワセリンを使ってる人も多いです。

オイルガ合わない、好きじゃない方はワセリンを試して下さい。

ここまでが、目の周りの乾燥対策方法なんですが、
これはあくまでも「基本」です。

無理にこだわらなくても良いんですよ。

例えば、あまりに乾燥が進んでしまってる方は、
化粧水を使うのもダメかも知れません。

そういう時は、保水にこだわらないで、
まずはオイルだけ使うようにしましょうね。

まずは、肌のバリア機能から回復するんですよ。

それで大丈夫となったら、保水にも気を使うというように
段階を踏んで回復していくようにしましょう。

私が目の周りの乾燥がひどかったときは、
この2段階方式で治りました。

だから、あまり方法にこだわらないで、
自分にできる事から、今の自分の肌に合ったものから
取り入れるようにしてくださいね。

目の周りが乾燥すると、目立つ場所なだけに、
気になるのは分かりますが、焦りは禁物。

目の周りの皮膚はデリケートですからね。

化粧水を付ける時に焦って力を入れすぎたり、
オイルをグリグリ塗るとかは、絶対にやめてください。

ゆっくりと丁寧にケアするほうが、
目の周りの乾燥には効果があります(経験として)

1つ1つの工程を丁寧にこなして、成分をしみこませる、
という方に意識を持っていったケアをしてくださいね。


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ