女性ホルモンには2種類あるってことを、
私は最近になって、初めて知ったのですが
あなたは、ご存知でしたか?

美肌や老化に大きな影響を及ぼす、
ということは知ってたけれど、
それが2種類あるとは知りませんでした。

ましてや、2種類のうちの1種類が

「ブスホルモン」

なんて別名があるなんて!

これ以上ないほどのインパクトを与える別名ですよ。
しかも名前どおり、このブスホルモン、
正式名称「プロゲステロン」は、女性をブスにします。

その反面、女性にとって、ものすごく大事なホルモンなんです。

腹が立つ作用もあるのですが、それ以上に重要な働きがある、
そんなブスホルモンこと、プロゲステロンについて、
今日はお話したいと思います。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

まず、女性ホルモンは2種類あると言いましたが、
そこから説明していきたいと思います。

女性ホルモンには、

・主に卵胞から分泌される「エストロゲン(卵胞ホルモン)」
・主に黄体から分泌される「プロゲステロン(黄体ホルモン)」


この2種類があります。

エストロゲンの方は、月経後の卵胞期に多く分泌され、
別名「美肌ホルモン」と呼ばれています。

その別名のせいか、エストロゲンのことは知ってる、
という方も、結構多いんじゃないかな。

別名のとおり、美肌を作り出す働きがあるホルモンです。

エストロゲンには、皮下脂肪を増やす働きがあり、
この作用で肌にハリと弾力が出るんです。

体内に水を溜め込むような働きかけをしますので、
肌の潤いもアップします。

女性の体や肌、そして髪の毛まで綺麗にしてくれる、
ありがた~いホルモンなのです。

それに対してブスホルモンなんて別名がついてるのが、
もう1種類の女性ホルモンのプロゲステロン

排卵~月経前に、多く分泌されるホルモンです。

これもね、悪いことばかりじゃないんですよ。

お肌の艶やハリを出してくれる働きもあるし、
肌に潤いも与えてくれるんですよ。

その反面、皮脂量を増やしたり、メラニン生成を活発にし、
肌にシミが出来てしまったりします。

妊娠状態に保つ作用があるため、肌に潤いを与えますが、
水分を溜め込むので、むくみやほてりを起こします。

・・・この状態、どこか見覚えがありませんか?

そうです、月経前の肌が荒れる時と同じなんです。

というか、その時期の肌の不安定さを作り出すのが、
プロゲステロンというホルモンなんです。

そりゃぁ、別名ブスホルモンって言われるって!

生理前に、肌がべとついてニキビが出来やすくなったり、
体がむくみやすくなったり、くすんだ顔色になったり、
そんな状態を作り出すんだもん。

確実に、ブスになるホルモンだわw

ホルモンバランスが一定しない思春期に、
この不安定な肌に悩んだ方、多いでしょうし。

大人になってからも、大人ニキビができやすい時期ですよね。

一方、美肌ホルモンと言われるエストロゲンは、
生理が終った後、肌が綺麗になったり、痩せやすくなったり、
あの時期に出るホルモンってことですよね。

そりゃ、こっちは美肌ホルモンって呼ばれるわ~。


じゃぁ、エストロゲンだけが分泌されて、
プロゲステロンの分泌を抑えられれば良いのか?
というと、決してそうではないんですね。

プロゲテロンは、月経周期を決めて、
妊娠や出産などに重要な役目を果たすホルモンです。

プロゲテロンの分泌が減ると、女性ホルモンが乱れます。

また月経周期も不規則になるので、
すべての女性にダメージを与えるでしょう。

妊娠を望んでる女性は、特に必要なホルモンです。

また、美肌ホルモンと呼ばれるエストロゲンを作るのに、
プロゲステロンが必要なんです。

エストロゲンとプロゲステロンの関係というのは、
どちらが良い・悪いというのではありません。

どちらも必要なホルモンです。

その分泌のバランスが、取れてるのが大事なんです。

ただ、プロゲステロンの分泌が多くなると、
美肌に良くない状態になるよ~ということです。

では、どうしたら良いかということになりますが、
これは、プロゲステロンが多く分泌される時期は、
いつも以上に、きちんとケアするしかありません。

次の生理予定日の数日前から、なんて言ってないで、
14日前から気をつけるのがベストだそうです。


具体的には、皮脂が多めに分泌されるので、
余分な皮脂をこまめに取るようにしましょう。

また、肌がくすみがちな時期になるので、
ターンオーバーをスムーズに行うために、
軽いピーリングを行うと良いそうです。

ただし、肌が敏感になる方は絶対にしないで下さいね。

あとは、顔も体も水分を溜め込んでむくみやすくなるので、
塩分やお酒は控えるようにしましょう。

逆に、ひじきやレバー、小松菜などを食べて鉄分を、
いつも以上に意識して摂りましょう。

便秘になりがちな時期なので、食物繊維もお忘れなく。

そして、シミが増えやすい時期ですので、
日焼け止めは、抜かりなく塗りましょう!

・・・うん、こうやって見ると「生理前に良い行動」、
そのままではありますね。

こればっかりは、個体差がありますので、
一般的な「これが良いよ」というもの以外は、
自分で探っていくしかないですね。

そのために、自分の月経周期を熟知したり、
自分が月経前には、どういう肌状態になるのか、
ということを、知らないといけません。

どのホルモンが良いとか悪いとか言う話ではなく、

「普段から、自分の体とどれだけ向き合ってるか」

これが大事になってくるのだと思います。

うん・・・「ブスホルモン」っていう名前のインパクトで、
いろいろと調べてみて分かったけど、
「美肌に良いから~」とかいうレベルの話じゃないですね。

決して一時的なものではなく、女性として生まれたからには、
一生付き合っていかなければいけないものだと思うので、
きちんとした知識を得なきゃいけないな、と思いました。

プロゲステロンは、確かに美容面だけで見れば、
ブスになるホルモンだけど、それ以上に大事なホルモンでした。


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ