骨気(コルギ)と言えば、「顔を矯正して小顔になる」
というものだという印象があります。

本来は骨格矯正術であり、小顔矯正ではないのですけどねw

何となく「骨気=小顔」のイメージ強いですよね?

そんな骨気なんですが、実はほうれい線解消にも
効果があったりするんですよ。


私、骨気って「骨を動かす」というのが怖くって、
詳しく調べたことはなかったのですが、
この方法は簡単に出来る上に、そんなに怖くないw

そして、痛くない(←これ重要)

素人がやっても、変な感じにならなさそうだし、
痛くもないということで、ここでも紹介しようと思いますw

慣れれば「ながら」でも出来そうなので、
ながら美容が好きな方もどうぞ~♪

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

ほうれい線を解消する骨気、ということで
今日、紹介するのは「頬骨が上がる骨気」です。

ほうれい線は、頬がたるんで落ちてくることが
原因の1つになってますが、その頬を上げる為に、
頬の土台になってる頬骨を上げるんですね~。

では、理屈が分かったところで、
頬骨が上がる骨気のやり方を紹介しますね。


頬骨が上がる骨気のやり方


1. 手のひらの付け根を一番高くなっている部分の下に、
  下から頬骨を支えるように当てます。

   「手のひらの付け根」という表現が分かりにくい方は、
   頬杖をつく時に、あごを乗せる部分というと分かるかと。

2. 手のひらの付け根に、頬骨をしっかりと乗せて、
   頬骨を下から押し上げるようにして、そのまま10秒キープ。

これを反対側も行います。左右同時に行っても良いです


以上です。

注意点は、皮膚を持ち上げないようにすることです。

皮膚を引っ張り上げると、しわが出来てしまいますし、
頬骨を上げる効果もなくなりますので、注意して下さい。


皮膚ではなく、骨を上げることを意識しましょう。

机に肘をついた格好で行うと、力が入れやすいです。

要するに、頬杖の時の手の平の付け根にのせるのを、
顎から頬骨に変えたポーズですよ。

ああすると、体重が自然とかかりますので、
頬骨を押し上げやすいと思います。

実際、「ながら美容」として、テレビを見ながら、
頬骨を上げる骨気をしてる強者もいらっしゃるようでw

慣れたら、それもアリかな~と思います。

慣れてないうちは、横着せずに鏡できちんと位置を確かめ、
正しい方法で出来てるか確認した上でやって下さいね。

頬骨の位置が上がるので、
ほうれい線が解消されるだけでなく、
年齢より若く見えるようにもなりますよ。

頬骨の位置と年齢の関係については、
↓の記事を参考にして下さい。

頬の位置を高くして、若い頃の顔を取り戻せ!

ちょっと痛いですけれど、頬骨の位置も上がるし、
ほうれい線解消になるし、一石二鳥だと思います。

お正月は家でゆっくりする予定の方は、
ながら美容として、頬骨が上がる骨気を
取り入れてみてください。

寝正月でも、ほうれい線解消できますよw


■管理人が試した頬のたるみとほうれい線を改善する化粧品■
EGF&FGFトライアルセット
セルビック EGF&FGFトライアルセット

肌内部の潤いと弾力アップ
5日で肌状態が変わります
リフトアップクリームROSY
リフトアップクリームROSY

頬のたるみとほうれい線が塗って3分で解消されます

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ