最近は「ながら美容」が、とても流行っていますが、
「ながらエクササイズ」なんてのも多いですね。

だからってわけじゃないですが、私も「ながら」で出来る、
「歯磨きしながら、ほうれい線を消す方法」を
紹介したいと思いますw

歯磨きって、朝と晩、人によっては昼食後もかな?
1日に2回か3回はするものですよね。

そのたびに、ほうれい線を消すための動作をすれば、
数ヵ月後には、かなり変化があると思いますよ。


ほんとに、歯磨きしながら、歯磨きのついでに、
出来ることなので、ほうれい線が気になる方は、
歯磨きの流れの中に組み込んでください。

それでは、具体的な方法を紹介していきますね。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

では、歯磨きの時に、歯ブラシを使って、
ほうれい線を伸ばすエクササイズから紹介します。


歯ブラシを口の奥の方に入れ、歯ブラシの背の方で
頬を内側から押し伸ばして下さい。
 
8カウントしながら、ゆっくり伸ばします。

これらの動作を左右それぞれ3セット行います。
これだけの動作です。

簡単でしょう?

ほうれい線を、歯ブラシの背で伸ばすんですね。

前に紹介した、舌アイロンマッサージや
親指を使ったマッサージの、歯ブラシを使ったバージョンです。

ほうれい線を消す舌アイロンマッサージ
親指1本でほうれい線を消すマッサージ

これらのマッサージと同じく、歯ブラシを使った方法も、
歯科医の宝田恭子先生が考案されたマッサージのようですね。

上の動作にプラスして、

歯ブラシの毛を下向きにくわえ 息を吸い込む。
頬全体に力を入れ、8秒キープ。

というのを加えるバージョンもあるようですが、
これをしなくても、ほうれい線に効果はあるようなので、
それは好みで行ってくださいw

個人的には、歯ブラシをくわえて息を吸う動作は、
あまり好きではないですw

頬の筋肉を使ってないと、最初は頬のお肉がかたくて、
なかなか動かないと思いますが、徐々に柔らかくなります。

そうなってきたころ、ほうれい線にも効果が出てるはず。

頬が柔らかくなるのを楽しみに行って下さい。


次に、もう1つの歯磨きの時の「うがい」の動作で、
ほうれい線を消す方法を紹介します。


うがいの時に、口の中に水を溜めてすすぎますよね?

その時、「左右の頬」と「上下の唇と歯茎の間」
この4箇所に、水をためて思い切りすすぐだけです。

上下左右3セットおこなってください。

頬の筋肉だけでなく、口の周りの筋肉も鍛えられるので、
手を抜かずにやれば、かなり効果が出ると思いますよ。

理屈としては、マリオネットライン解消のための
エクササイズと同じなので、マリオネットライン解消にもなるかも。


マリオネットライン解消エクササイズ

水を含んだままだと難しいかも知れませんが、
頬がメリメリ言うまでやると、効果大です。

ちょっと痛いですが、痛い方が効果出ますよw

空気だけを含むより、水も一緒に含むほうが、
私はやりやすかったので、うがいを利用する
このエクササイズは、かなりオススメ。

ほうれい線解消&マリオネットライン解消と、
顔の下半分に効果があるので、毎日は無理だとしても、
気が付いた時には、実践してみてくださいね。


■管理人が試した頬のたるみとほうれい線を改善する化粧品■
EGF&FGFトライアルセット
セルビック EGF&FGFトライアルセット

肌内部の潤いと弾力アップ
5日で肌状態が変わります
リフトアップクリームROSY
リフトアップクリームROSY

頬のたるみとほうれい線が塗って3分で解消されます

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ