お正月休みも終わり、いよいよ本格始動の今週ですが、
まだ本調子に戻らなくって、しんどいな~って方も
多い時期ですよね。

気の緩みが戻らなくって、キビキビと動けなかったり。

・・・その「動けなさ」が、気の緩みからくるものじゃなく、
体の重さから来てる人も、多いんじゃないでしょうか?


「体が重い」と言っても、体調が悪いという意味じゃなく、
物理的な意味で「体が重い」、要するに太ったって意味で!

いや、私がそうなんですけどねw

お正月に美味しいもの三昧で、すっかり体が重くなり、
特に、お腹のあたりがポッコリしてしまいまいた。

なんとか、お腹を引き締めねばな~と思ってたら、
本日、1月8日のNHK「あさイチ」で、くびれを復活する、
という特集を組んでましたので、飛びつくように見ましたw


お腹、というより、わき腹のお肉が減ると、
かなり体型的にもスッキリして見えるし、
何より、やっぱり若々しく見えるのが、よく分かりました。

中年体型脱出!って感じになるんですよね~。

せっかくですので、こちらでも紹介しようと思います。
今年は、顔だけじゃなく体も若返っていきましょう~!

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

それでは、あさイチで紹介されてた
くびれを作る方法を紹介していきますよ。

ウエストのくびれを作る方法、という紹介でしたが、
もっと正確に言うと「わき腹のぜい肉を落とす方法」ですね。

なんでも、お腹周りで一番落ちにくいのが、
わき腹のお肉なんだそうです。

・・・ウン、確かに年をとってくると、
お腹の前がポッコリってよりも、
わき腹にお肉がつきますね。

パンツの上に、わき腹のお肉が乗るってやつですw

ここのお肉を落とせば、くびれが出来るわけですが、
わき腹の筋肉「腹斜筋(内腹斜筋・外腹斜筋)」って、
普段の生活で使うことが少ないから、なかなか落ちないんだとか。


ちゃんと鍛えてあげれば、普通に落ちるらしいんですが、
そもぞも、動かすこと自体がすごく少ない筋肉なんですね~。

だから、エクササイズやストレッチで
腹斜筋を目覚めさせてあげよう、というのが
今回の「くびれ復活特集」です。

まずストレッチで軽く動かして、次にエクササイズ、
という流れになっていました。

では、ここからストレッチ・エクササイズのやり方を、
連続して紹介していきます。


腹斜筋ストレッチ


1.床にあおむけに寝転び、腕を上に伸ばして
 「バンザイ」のポーズをとります。
  手は開かないで、まっすぐ上に伸ばしてました。

2.右側の腹斜筋を伸ばす場合、右足を、左足の上に
  交差させるようにして置きます。

3.その状態で上半身を左に傾けていけば、
  右の腹斜筋を伸ばしていけます。

  足を交差させることで、骨盤が固定されるんだそうです。

4.左側の腹斜筋を伸ばす場合は、左足を右足の上に置いて交差させ、
  上半身を右側に曲げればOKです。

それぞれ1日に左右5回ずつ行いましょう。

私のイメージでは、「時計の6時の形になってから、
5時50分になったり、6時10分になったりする」感じですw


腹斜筋エクササイズ


まずは、「骨盤あげ」から。

1. しっかりと安定している椅子に座ります。
  キャスター付きの椅子は安定してないのでNGです。

2. 片側のお尻に体重をかけ、反対側のお尻が浮かせます。
  このとき、骨盤を使って、さらにお尻を引き上げます。

  頭の位置が変わらないように注意して、
 「わき腹を押しつぶす」という感じです。
  こうすると、より効果的でもあるそうです。

腹斜筋への負荷を大きくしたい時には、
骨盤を上げた側と反対の腕を横に伸ばします。

こうすると、バランスを崩れるの保とうとするため、
より大きな負担がかかります。

腹斜筋は、ふだん使わない筋肉なので、
急に負荷を大きくすると、痛みも出るし、
体にも負担がかかると思います。

負荷を大きくする場合や、回数を増やす場合も、
様子を見ながら、少しずつ増やすようにしましょう。

また、妊娠中、産前産後、腰痛のある方は行わないように!

次に「骨盤歩き」です。


骨盤歩き


1. 床に、両足をまっすぐ伸ばして座ります。

2. 骨盤を左右交互に上げて、お尻で歩きます。
「骨盤で歩く」ことを意識してください。

これを1日に前後に10歩ずつ行います。

速く進むことよりも、骨盤を大きく動かすことに
意識を集中してください。

進みにくい場合は、腕を振ると骨盤が動きやすくなるようです。

これ・・・後ろへの10歩はよりキツイですねw
私は体がかたいのもあって、余計にきつかった。

腕の力を全く使わないようにすると、
途端に負荷が増えますw

この運動は、骨盤の位置矯正にもなる運動なので、
ウエストのくびれがある方にも、オススメの運動ですよ~。


「骨盤あげ」と同じく、妊娠中、産前産後、
腰痛をお持ちの方は、やらないで下さいね。


以上が、あさイチで紹介してた「くびれ復活特集」でした。

他にもドローインが良いという情報もありました。
フラフープが良いなんてのもありましたね~。

けど、普段、腹斜筋を動かしてない人間がやっても、
貧血起こして倒れそうw

上のストレッチとエクササイズを基本として、
これが楽々こなせて、次のステップがフラフープじゃないかな。

実際やってみて、このストレッチとエクササイズだけで、
私は息切れしてしまいましたw

普段、「ウエストをひねる」という動きをしてない人間には、
これだけでも、いっぱいいっぱいだと思います。

まずは、この2つをマスターしましょう。

そして、見事、くびれたウエストを手に入れる!
・・・・・・そうなれば良いなw

以上、お正月明けで、体が重い方に、
ちょっとダイエットしたいわ~という方に、
試して欲しい、くびれを作る方法でした!


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ