あまりにも寒すぎて「寒い」どころか「痛い」と感じるほど、
今年の冬の寒さはすごいですね。

湯たんぽを活用して、寒さをしのいでいるので、
例年よりも、冷え性は改善されているのですが、
さすがに末端の足先がキツくなってきました。

腰やお腹なんかは、湯たんぽで十分なんですけどね~。

湯たんぽ活用法はコチラ⇒湯たんぽで乾燥&冷えしらずになろう!

足先だけは、やっぱり冷えが激しいので、
何とかする方法がないかな~と調べたら、

冷えとり健康法

というものが、何やら流行っているもよう。

「単なる靴下の重ね履きなんじゃないの?」と思うくらいに、
靴下の重ね履きをする健康法ですw

従来の冷え性改善と少し違って、

・上半身が熱く、下半身が冷えている
・身体の内側より身体の表面が熱い


という状態を改善していくものだそうです。

なんとなく、「人が本来持っている力を取り戻す」
というような漢方っぽい考え方なんじゃないか?
と思って、冷えとり健康法のやり方を調べて見ました。

そうしたら、当たらずとも遠からずという感じだし、
冷えとり健康法の効果って、女性にとって嬉しいものばかり、
ということが分かったんですよ。


向き・不向き、がありそうな方法ですけれど、
これで効果が出た方も多いようなので、
冷えとり健康法のやり方と効果を紹介したいと思います。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

冷えとり健康法は、医師の進藤義晴氏が
提唱する健康法で、「冷えをとる」ことで、
身体の不調を改善させる方法です。

基本は「頭寒足熱」です。

頭を冷やして、足元を温めるという考え方です。
半身浴が、頭寒足熱そのままですね。

冷えによって、身体の中で作られた「毒」が、
身体の不調になるので、それを取り除く、
という考え方に基づいてます。

上で書いたとおり、

・上半身が熱く、下半身が冷えている
・身体の内側より身体の表面が熱い

これらの改善をするわけですが、
どういう人が、↑の状態になってるかと言うと、

・上半身ばかり暖めて、下半身を冷やす服装をしている
・必要量以上の食物を食べている


これに当てはまる人だそうです。

・・・なんだか、ものすごく耳が痛いようなw
特に食べすぎという点で。

私はスカートより断然パンツ派なので、
足元の露出はしないのですが、
若いお嬢さん方は、多そうですよね。

上は帽子にマフラーに、もこもこダウンジャケット、
だけど足元はミニスカートやショートパンツで露出。

かろうじてレギンスやタイツは履いてるかな~って女性。

この格好がモロに、「上は暖かく下は寒い格好」みたいw
パンツ派も薄いジーンズのみ、だとダメみたいです。

こういう格好をしないように気をつけつつ、
具体的に何をするかと言うと、

・半身浴
・靴下の重ね履き
・食べ過ぎない


この3つを実行していくんですね。

それでは、3つのうちの「食べすぎ」以外の2つ、
半身浴と靴下の重ね履きについて、具体的に説明していきますね。


まず、半身浴のやり方です。

お湯の温度は37℃~38℃。みぞおちから上が
お湯に浸らないように入ります。

腕も上半身に含まれますので、お湯に浸からないように。

20分以上を目安にして入浴します。

お風呂から上がったら、靴下の重ね履きをします。

お風呂に入っていない時も、半身浴をしている時と
同じ状態を作り出すために、重ね履きをするそうです。

この重ね履きの順番と素材がポイント。

・1枚目はシルクの5本指靴下。
・2枚目はシルク以外の天然繊維の5本指靴下
・3枚目はシルクの普通の靴下
・4枚目はシルク以外の天然繊維の普通の靴下


シルク以外の天然繊維は、綿とか麻とかウールですね。
とにかく天然繊維にこだわってください。

基本は4枚ですが、冷えがひどい人は
ドンドン重ねて良いみたい。

上級者は10枚くらい履いてるそうですw

絹→綿→絹→綿、というように、奇数がシルクです。

どうしてシルクと他の天然繊維を重ねていくかというと
シルクには、身体の毒素を吸収して外に出す力があり、
シルクが外に出した毒を、他の繊維が受け取り「ろ過」するからだそうです。

毒を受け取ったその靴下は溶けて穴が開くそうで、
実践してる方の体験記を読むと、実際にそうみたいですね。

とにかく、入浴時以外は、ずーっと靴下を重ね履きする、
というのが基本になってます。


24時間、体が半身浴をしている状態を保つためです。

これにより、末端が温まるので全身の血の巡りが良くなり、
さらに足から毒素もドンドン出て行く、と。

「これは効果に期待できそうだ」って感じでしょ?
その期待は正しいですw

冷えとり健康法の効果は、むくみ改善、美肌など、
美容効果も高いですが、体内が温まるのが大きいのか、
子宮などの婦人科系の病気にも効果があります。


あと、免疫力が高まるのか、花粉症に喘息、
アトピーにも効果があるとされてます。

ここらへん、やっぱり漢方っぽいですよね。

本当は、靴下だけじゃなく、服装も同じように、
シルク→天然繊維→シルク→天然繊維、というように
重ね履きすると良いらしいです。

あ、上は下半身の話です。
ズボン下を重ね履きしろ、ということです。

ここまでしろとは言いませんが、下半身をしっかり温める、
というのは、女性として大事だと思うので、
冷えとり健康法を実践する・しないに関わらず、
女性として気をつけて欲しいと思います。

内側からの美しさと健康を作るために絶対必要だと思う。

年を経ることに、健康的であるということが、
美しさに直結する割合って、どんどん大きくなるんですよ。

不健康そうだけどキレイなんて、20代前半までですw

冷えは万病の元、と言いますが、美容の天敵でもあるんです。
顔のたるみにもつながりますしね~。

顔のたるみで悩んでる人は冷え性

いきなり全部を取り入れろ、というのは、
無理かもしれません。

けど、「直接、肌に触れるものは天然素材」とか
「週に1度は半身浴」とか「暴飲暴食禁止」とか、
出来るものから、取り入れていきたい健康法だな~と思いました。

「足の冷えを何とかしたい」と思って調べた
冷えとり健康法ですが、これ冷え性じゃなくても、
女性にとって大事な考え方だと思う。


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ