夏に紫外線を、たっぷり浴びてしまった肌は、
ターンオーバーが上手くできなくなったり、
乾燥するなど、想像以上にダメージを受けています。

「そういえば、肌が乾燥してザラザラする」

と感じて、いつもより多めに保湿をしてみたり、
パックをしてみたりと、外側のスキンケアに
励んでる方は多いんじゃないでしょうか?

その反面、体の内側からのスキンケアにまで
気を使ってる方は、案外少ないんですよね。


夏の肌疲れを回復するには、体の外側と内側、
両方のスキンケアが大事になってきます。

体の内側からのスキンケアに有効なものを
書いていきますので、ぜひ取り入れてください。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 
夏の紫外線でダメージを受けた肌を内側からケア、
というのは、要するに紫外線ダメージに有効な
栄養素を積極的に摂っていきましょう、ということです。

夏の終わりは、お肌だけでなく、体も疲れてるので、
摂った栄養は、先に臓器などに回され、
最後にお肌に回るので、お肌にまで届きにくい状態です。

ですので、肌のための栄養を、補給することが大切になります。

では、紫外線からのダメージ回復に、
有効な栄養素とはなんでしょう?

まずは、毎度おなじみビタミンCです。

ビタミンCには、活性酸素を抑える 抗酸化作用があります。
日焼けによる色素沈着や、しみ、そばかすなどを防いでくれます。

ビタミンCはふだんから積極的に摂っているという方も、
夏の疲れが残っていると、ビタミンCの消費は増えるので、
サプリメントなどで、補給するようにして下さい。


もう1つ、おなじみのコラーゲンも有効です。

コラーゲンとビタミンCを一緒に摂ることで、
生成力がアップするので、ワンセットで摂って下さい。

また、ビタミンCとコラーゲンを一緒に摂ることで、
肌のくすみ解消や、お肌のハリの回復など、
美肌にも役立ちます。



そして、アンチエイジング的にも大切な栄養素が、
あまり知られてませんが、ビタミンEです。

ビタミンEはビタミンCと同じように、抗酸化作用があります。

夏の強い紫外線によって、肌の表皮にできる活性酸素を
中和してくれる抗酸化作用は、ハリのある肌には不可欠です。


抗酸化作用が正常に働いて、活性酵素が中和できていると、
肌荒れもしませんし、しみ・しわが出来にくくなります。

また、血行促進作用、ホルモンバランスを整える、
という働きもあるため、積極的に摂って欲しいビタミンです。

ビタミンEも、ビタミンCと一緒に摂ることで、
より高い効果が期待できる栄養素なので、
これも、出来るかぎり、ワンセットで摂ってくださいね。

さすがに食事だけで、ビタミンC・コラーゲン・ビタミンEを
体の臓器などが回復する分+肌に回る量を摂るのは、
無理だと思いますので、マルチビタミンだとか、
粉末コラーゲンだとか、サプリメントを活用して下さい。


■管理人が試したコラーゲン


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ