年が明けても、まだまだ寒い日が続いてますね。
今日、関東なんて大雪でしたし!

関東在住のみなさん、大丈夫でしたか?

本当に今年は尋常じゃない寒さが続いてますね。
「例年に比べて、今年の冬は厳しい寒さが続きます」
なんて言葉を、こんなに実感したことはありません。

そのせいか、今年は「体を温める」ことや、
「冷えから守る」情報がとても多い。

その多くの情報の中から、本日、紹介したい情報は、
ドライヤーを使って冷え性改善するという情報です。

とても手軽に、体を芯から温める事ができる方法です。

本当に手軽なので、「お風呂でゆっくり半身浴なんかできない」
という、忙しい方にこそ活用して欲しいと思います。



あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

さてさて、ドライヤーを使った冷え性改善方法ですが、
やり方は、ほんっと~~に簡単!

肌から10~15㎝くらいのところから、
弱モードのした温風を直接当てる


たったこれだけです!ドライヤーさえあれば出来ます。

ポイントは服の上からではなく「肌に直接」ということと、
顔と皮膚トラブルがあるところは避けるということ。


あと、粘膜もNGですね。
顔以外の健康的な、「皮膚」に当てると考えてください。

肌の乾燥がひどい人は、ちょっと止めといた方が
良いんじゃないかな~と思います。

肌の乾燥がひどい方は、保湿を優先しましょう!

基本はこんな感じです。
では、ここからは、さらに具体的に説明していきますね。


ドライヤーを当てるところなんですが、
全体ではなく、1点集中して当てて下さい。

その場所とは、血流が活発になりやすい、
大きな筋肉がある場所です。


太ももの裏側・内側、おしり(服を着た時にポケットが来る部分)、
そして二の腕の裏側ですね。


以前、湯たんぽで体を温めて冷えを改善する方法を
紹介しましたが、あれと同じです。

湯たんぽで乾燥&冷えしらずになろう!

発熱した時に冷やす部分を、逆に温めるんですね。

大きな筋肉があって、血液がたくさん流れてるところを
ピンポイントで温めてあげるんです。

その次に、ひざ裏を温めます。

ここを温めると、足先まで温まる上に、
足のむくみ解消にもなりますよ~。

そして最後に、首の後ろ・手・足の甲です。

末端部分や、服から出ている部分なので、
一番冷えてる部分なのに、どうして最後なのか?

それは、すぐ温まるけれど、すぐ冷めるからです。

筋肉量が少なく、血液量も少ない場所なので、
ここだけ温めても持続性がないんです。

だから、体の芯から温めるために、
全身の血流の流れを良くするために、
太ももや二の腕を先に温めるというわけです。

私はこれらの場所以外だと、お腹もお気に入りw
お腹温めると、全身温かいですよ~。

1つの場所を温める時間の目安は、
あなたが「温かいな~」と思うくらいです。

熱く感じるまで我慢する必要はありません。

そこまで我慢すると、ヘタすると低温やけどになるかも。
けっこう広範囲ですからね。無理しないで下さい。


このドライヤーを使った冷え性改善方法なんですが、
今まで説明してきたとおり、体の中から温めるものです。

ですから、お風呂に入っただけでは、
なかなか体が温まらない人や、入ってもすぐ冷める、
という、根っからの冷え性さんにオススメ。


体の芯から冷えてると、お風呂にけっこうな時間浸かっても、
体の表面だけが温まって、芯が温まらない、ということに
なりがちなんですよ。

入浴後もすぐ冷えてしまいます。

それを、お風呂に入る前に、ドライヤーで温め、
ある程度、体の血流の流れを良くして入ることで改善できるんです。

体の芯も温まりやすいし、保温効果も持続しやすくなるので、
お風呂から上がった後も、体がポカポカのままです。

足先の冷えがひどい人には、特にオススメ。

忙しくって、ゆっくりお風呂に浸かってられない!
という時なんかにも良いですよ。

また、外出先から帰ってきたときも、
まずドライヤーで温めてから暖をとるのもオススメ。

外から帰って来たときも、体の芯から冷えてますよね?

そこへいくら厚着しても、温風を当てても、
やっぱり体の表面ばかりが温まります。

だから、まずドライヤーで全体の血流の流れを良くして、
その後で厚着なりする方が、絶対的に温まるんです。

ドライヤー+湯たんぽ、というコンボで使うと、
めっちゃくちゃ温まりますよ~♪


このように、ドライヤーを使った冷え性改善方法は、
実行したその時も、めっちゃくちゃ温まりますが、
続けていくことで、冷え性そのものの改善が期待できます。

ひどい冷え性に悩んでる方は、温かい衣類を買うのも良いけど、
ドライヤーを冷え性改善グッズとして使ってみてはいかがでしょうか?


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ