洗顔しない美容法というものが、乾燥肌対策として、
人気になっているそうですね。

これは、人によって少しずつ違いがあるそうで、

・朝は洗顔しない
・泡洗顔をしない

など、バリエーションは色々とあるようですが、
これのどこが乾燥肌対策になるんだろう?と、
気になったので調べました。

調べてみて、取り入れられる部分と、
そうでない部分がありましたが、
考え方としては、納得できるものがありました。

向き・不向きがありそうだな~と思いますが、
1つの考え方として、こういうのもあるよ、
ということで、紹介したいと思います。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

まず、洗顔しない美容法がどういうものかを
説明していきますね。

洗顔しない美容法とは、

朝の洗顔は、洗顔料を使わず、
水や、ぬるま湯でさっと洗い流すだけ


という洗顔方法です。

今まで美肌の鉄則とも言われてきた、
「顔の汚れはしっかり落とす!」を
真っ向から否定するような美容法ですw

どういう理屈で、これが美容法とされているのかと言うと、

洗顔により、皮脂や角質を洗い落とし過ぎることで、
肌のバリア機能がなくなり、肌が乾燥しがちになる、
洗顔が原因の肌トラブルを防ぐため


というものです。

思春期のように、皮脂が分泌されるわけでもない肌から、
皮脂を奪いすぎることが、肌に良くない、とのこと。

「泡洗顔をしない」美容法もありますが、
こちらも肌の角質層を保護することが目的でしたね。
(ただし、こちらはミルククレンジングはします)

これは……ちょっと納得がいくかも。

季節によって、肌につける化粧水の質を変えるように、
年齢や肌質によって、洗顔法を変えるのは理に適ってます。

しっかり洗顔する、という方法だって、
思春期に覚えて以来、ずーっと同じである必要は
全くないはずですからね。

皮脂分泌が少なくなって、取り除く必要がないなら、
無理に洗う必要はないですね。

それこそ、顔から皮脂という、天然の肌バリア機能を
無駄に奪うことになりますから。

実際、肌トラブル、特に乾燥肌に悩んでた方は、
この「洗わない美容法」で肌が落ち着いたり、
キレイになることも多いようです。

ただ、この洗顔法を盲目的に信じるのも問題かと。

例えば、今みたいに空気の乾燥もひどく、
肌の乾燥もひどい寒い季節は、
がっつり保湿しますよね。

かなり、こってりした保湿になってる方も多いです。

そういう方が、水だけで洗顔を行ったとして、
「余分な」油分を落としきれるのか?

これ、きちんと落としきれない場合は、
ニキビの元になってしまいますよね。

オイルでの保湿を主にしている方は、
水だけだと、ちょっと厳しいでしょうし。

ぬるま湯で洗顔するにしても、
バシャバシャと長時間洗っていたら、
皮脂が落ちまくってしまうでしょう。

それこそ、余分な皮脂どころか、必要な皮脂を
根こそぎ奪ってしまいそうです。

それくらいなら、必要以上に皮脂を奪わない、
保湿重視の洗顔料を使って、ササッと洗うほうが良いと思う。

洗わない洗顔法って、皮脂を「落としすぎない」
のが大事なんであって、洗顔料を使わないのが
大事ってわけじゃないですし。


だから、その時の肌の調子によって、
「今日は水洗顔だけ」とか「今日は部分的に洗顔料使用」とか
使い分ける必要はあると思うんですよね。

洗顔しない洗顔法、良いところも多いと思うけど、
自分に合う部分だけ取り入れる必要はあると思う。


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ