みなさん「皮膚粗しょう症」という言葉をご存知ですか?

今日(1月30日)放送の「はなまるマーケット」で
特集されていたのを見て、私は初めて知りました。

「皮膚粗しょう症」という言葉を聞いて、
大勢の方が思い浮かべるのが
「骨粗しょう症」だと思います。

「骨粗しょう症」なら分かりますよね。

年齢と共に、骨がスカスカになってしまって、
もろく折れやすくなってしまうことです。

このスカスカ状態が、骨でなく
肌で起こってるのが「皮膚粗しょう症」です。


この言葉だけで、すごく嫌な感じですよね。
どう考えても肌の老化と直結してるし。

何がどうなって「肌がスカスカ」なのか、
「皮膚粗しょう症」を防ぐために何が良いのか、
ということが、番組内で説明されていたので、
それらを合わせて紹介します。

…けど、ちょっと期待ハズレな内容かも。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

まず、皮膚粗しょう症とは何かという説明からいきましょう。

皮膚粗しょう症とは、

肌の弾力や潤いを保っているコラーゲン、
エラスチン、ヒアルロン酸などが、
紫外線などで破壊されたり、
それを作る為の必要な要素が足りなくなり、
肌がスカスカになった状態


のことを言います。

この説明だけだと、分かりにくいですが、
慣れた言葉で書くと、とても簡単。

肌が老化したり紫外線で傷ついたりして、
肌のコラーゲンが減少したり、
作れなくなりますよね?

そうすると、肌のハリや弾力が失われて、
顔のたるみやシワなどの、
「肌老化」が起こります。

この肌老化を起こすようなことをまとめて、
「皮膚粗しょう症」と呼んでるんですね。

…これって、顔のたるみやしわの原因である
コラーゲンやエラスチンの減少を
「老化」じゃなくて、なんていうの、
病名みたいな感じにしたものなんじゃ?

確かに、子供と大人、もっと言うと、
老人と言われる年代では、
骨密度と同じように、コラーゲンの量に
差はあると思う。

けど、それに「皮膚粗しょう症」なんて風に
しっかり名前を付けられてしまうと、
何だかものすごいショックだわ。

「…とにかく、肌細胞がスッカスカって事を
 言いたいのは、良くわかった。
 で、骨密度みたいに、予防法とかあるの?」
と思って続きを見ていたら、

外から保湿するだけでなく、
内側から細胞を作る栄養素を与える必要がある。


という事が説明されており、
肌がコラーゲンを作り出せるよう、
コラーゲンを作るために重要な
栄養素を紹介してました。

コラーゲンを作るのに重要な栄養素は、
たんぱく質・鉄分・ビタミンCです。

ビタミンAも「皮膚の代謝を正常にする働き」を
持っているとのことで、おすすめのようです。

ただし、ビタミンAをサプリメントなどで
過剰摂取しないよう、注意する必要がある
とのこと。

ちなみに「皮膚粗しょう症」は、前に、
別番組でも取り上げられていたようで、
そこでは、

「皮膚粗しょう症予防」に
必要なビタミンCの量は、1日約100mg


と、言われていたようです。

レモンだと5個必要な量ですw

いくらなんでもそれは無理!ってことで、
アセロラが紹介されてたみたいです。

なんでも、アセロラは1粒でビタミンCを
100mg摂取できる
のだとか。

多くのビタミンCを摂取したい方には、
覚えておいて欲しい情報ですね。


「皮膚粗しょう症」について、
分かったことは以上です。

「皮膚粗しょう症」という名前の
インパクトの大きさに比べると、
内容の普通さに少し不満w

もう少し違う情報が出てくるかと思ったw

とりあえず、コラーゲンを多く含む食べ物や
コラーゲンサプリを摂取する時は、
ビタミンCを一緒に摂取しとけば
間違いないってことですね~。


■管理人が試したコラーゲンはコチラ■
こなゆきコラーゲン100g

こなゆきコラーゲン100g

肌にハリが出て髪の毛にもツヤが出ます
水橋保寿堂の超濃厚コラーゲン水橋保寿堂の超濃厚コラーゲン
使って3日で肌がしっとり潤います。乾燥に効きます

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ