夏と違って、入浴をシャワーだけで済ませている、
という方は、さすがに今の時期、少ないと思います。

だけど、朝、起きてから、温まるために、
熱いシャワーをサッと浴びてるという方は、
いらっしゃるんじゃないでしょうか。

ついでに、洗顔も済ませてしまえば、
寒い洗面所に長居することもないし、
朝の忙しい時間に、効率も良いですね。

ただ、その「シャワー中の洗顔」のときに、
顔の洗顔料を落とすため、シャワーを直接当ててませんか?


もし、そうならすぐに止めて下さい。

シャワーの水圧は、肌を乾燥させる原因です。

シャワーを直接顔に当てることは、
思った以上に、肌にダメージを与えます。

季節を問わず、シャワーを使う頻度が高い方は、
今から「何がいけないのか」を説明しますので、
その危険を知ってください。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

シャワーの水圧、顔に直接当てると、
ちょっと気持ち良いですよね。

手で顔をすすぐ時の様に、すすぎが甘くて、
顔に洗顔料や汚れが残ることも少なそうですし。

ただ、シャワーの水圧は思ってる以上に強く、
肌にダメージを与えるんです。

浴室で洗顔料をつけたあとの肌は、
角質が柔らかくなった状態です。

そこへシャワーの水圧が加わると、
洗顔料だけでなく、角質まで落としてしまい、
肌の乾燥や、肌荒れにつながります。


また、シャワーのお湯は、体に当てている分には
心地良い温度でも、顔を洗うには、
熱い温度である事が多いです。

それなのに、体を温めるついでで、
洗顔には熱すぎる温度のお湯を、
そのままザーッとかけてしまいがちです。

温度の高いお湯は、肌を保護するバリアとなる
皮脂をを取り過ぎてしまいます。


この皮脂の取りすぎにより、肌が乾燥します。

皮脂の取り過ぎによる乾燥は、
ニキビの原因にもなりますね。


つまり、シャワーを直接顔に当てて洗顔を行うと、
強すぎる水圧+熱すぎるお湯で二重に肌を乾燥させるんです。


私は、一度、馬油を顔につけすぎてしまった時、
この「シャワーの水圧は強い」ことを思い出し、
シャワーで落としたことがありますが、
ものすごい速さで、馬油が落ちました。

馬油がみるみる落ちるということは、
顔の皮脂も、同じ勢いか、それ以上に奪うでしょう。

シャワーは手軽に済ませられて便利ですが、
こと洗顔に関してだけは、その手軽さを求めず、
ちゃんと、手ですくって洗う方法をとってください。

シャワーで入浴を済ませる場合も、
洗顔時は、洗顔に適した温度に調節して、
さらに、そのお湯を手ですくいましょう。



ただ、私個人の経験から申し上げると、
冬はこの方法を取らない方が良いですよ。

確かに、洗顔用にシャワーの温度を下げるなら、
温度的には問題ないと思います。

ですが、洗顔に適した温度のお湯というのは、
かなり、ぬるいので、今度は体の方が寒くなります。

こうなると、顔を洗う温度ではなくて
「体が寒くない温度」を優先してしまいがちです。

優先した結果……体が温かいと感じる温度のまま、
顔にザーッと、お湯をかけてしまいがちですw

洗顔に適した温度なんて、冬だと「ほとんど水」
としか感じられない温度です。

シャワーで入浴を済ませたいのなら、
洗顔用のお湯を、洗面器に張っておいて、
最初から別に用意する方が良いですよ。

ちょっと面倒くさいかも知れませんが、
肌の乾燥改善のためだと思って、
一手間かけるようにしてください。


■管理人が試した肌の乾燥を改善する化粧品■
I'm PINCH7日間お試しセット
I'm PINCH 1000円

3日で肌の乾燥改善&潤いが出ます。肌のハリも回復
ヴァリアージュ トライアルセット
ヴァリアージュ トライアルセット

肌の保湿・保水力がアップ乾燥小ジワに効果あり
リマーユ プラセラ原液

リマーユ プラセラ原液トライアル

しっかり保湿するのに肌はサラサラ。肌のハリにも◎

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ