簡単にほうれい線予防をしてくれるアイテムで、
マスクを使った、ほうれい線予防を紹介しました。

肌を乾燥から守ることも出来るし素晴らしい!
冬にはマスク必須だな!とか思ってたのですが、
どうも、この方法、使わない方が良い人も居るようです。

どんな人が「使わない方が良い人」かと言うと、
ニキビが出来てる人、ニキビが出来やすい人です。

マスクは、ほうれい線予防、乾燥対策になりますが、
いくつか注意点を守らないと、ニキビの原因になります。


そのほうれい線予防にマスクを使うときの注意点
紹介しますので、マスクを使う頻度が高い方で、
ニキビなどの肌荒れに悩んでる方は、続きをどうぞ。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

マスクをすることでニキビが出来る原因は2つ。
「蒸れる」ことと「肌が刺激されること」です。

1つずつ、その理由を説明していきますね。

「蒸れる」ことが、何故ニキビの原因になるかと言うと、
蒸れることで、細菌が増えるからです。


マスクの中って、無菌状態ではありませんよね?

どんなに綺麗に見えても無菌ではないので、
空気中の細菌だったり、自分の肌に付いていた菌、
マスクに付いていた菌があります。

その菌が、ニキビに触れると悪化します。

また、蒸れると肌が汗をかきますし、
そこへ皮脂が混ざるのですから、
「清潔」とは言いがたい状態になります。

これがニキビが出来る原因にもなります。

マスクをすることによって「蒸れる」状態は、
ほうれい線予防や乾燥対策としては、
素晴らしい効果を発揮しますが、
ニキビに対しては、良くない状態なんですね。


次に「肌が刺激されること」ですが、
これは、マスクによる肌への摩擦のことです。


マスクをしている限り、必ずどこかが肌に触れます。

それが肌への刺激となり、肌を刺激から守ろうと、
肌が皮脂を多く出そうとします。


皮脂が多くなると…ニキビが出来たり悪化しますね。

また、肌が擦れると、肌の角質が刺激され、
肌が乾燥した状態になります。

肌が乾燥すると、角質層が厚くなってしまい、
毛穴がふさがってしまいます。


そうすると、毛穴から分泌されるはずの
皮脂が毛穴から出せなくなり、
雑菌が繁殖して、それがニキビの原因になります。

「乾燥したり、皮脂が出すぎたり、ややこしいな」
と思ってしまいましたが、要するにマスクの刺激で
肌の皮脂バランスが崩れるんですね。

皮脂が多く出ても、乾燥が進んでも、
肌荒れの原因になってしまうってことですね。

じゃぁ、そんなややこしい事にならないよう、
マスクの使用を止めるか?というと、
風邪引いてる方や、花粉症の方は難しいですよね~。

それに、ほうれい線予防効果を捨てるには惜しいw

それに、いくつかのポイントを抑えてマスクを使えば、
完璧とまでは行きませんが、肌荒れは防げます。


ここからは、そのポイントを紹介しますね。

マスクを使う上で、気をつけたいポイントは2つ。
「清潔にすること」と「刺激を極力減らす」ことです。


清潔さを保って菌を増やさず、
刺激を減らして、ニキビの悪化を防ぐんです。

清潔さを保つには、使い捨てマスクを使うのが、
1番簡単で確実な方法です。

1日1枚のペースで、使い捨てましょう。

あと、マスク使用中にあまりに蒸れる時は、
少しだけ外して、風通しを良くして下さい。
(花粉症の方は、場所を選んで下さいね)

刺激を減らすためには、柔らかい素材で
肌に刺激を与えない素材のマスクを選びましょう。


また、顔の輪郭に合うものを選びましょう。

サイズの合わないものや、輪郭に合わないものを、
無理矢理締め付けて使うと、肌に強く触れ、
擦れることになり、それが刺激になります。

以上、2点が注意点となります。

2つ目の「刺激を与えない」が少し難しいかな?
自分に合ったマスクって、見つけるの意外と大変だし。

でも、その手間を惜しんで肌荒れしては
何にもなりません。

未来の自分の肌のために、頑張りましょうw

風邪予防・花粉症予防としてマスクを使う方も、
ほうれい線予防・乾燥対策に使う方も、
上手にマスクを使っていきましょうね。


■管理人が試した頬のたるみとほうれい線を改善する化粧品■
EGF&FGFトライアルセット
セルビック EGF&FGFトライアルセット

肌内部の潤いと弾力アップ
5日で肌状態が変わります
リフトアップクリームROSY
リフトアップクリームROSY

頬のたるみとほうれい線が塗って3分で解消されます

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ