今頃から春までの、早春に出回る野菜、菜の花

見た目も名前も「もうすぐで春が来るな~」と思え、
季節感はあるものの、少し苦味があるので、
苦手な方も多いですね。

私も旬の時期に、おひたしで出される時は
食べるけれど、積極的に菜の花を食べはしませんね。

けど、それって、すご~~く勿体ないんです!

菜の花、実はとんでもなく抗酸化効果が高い!

これだけでも嬉しいのですが、
他にも美肌効果があるんですよ。

菜の花が苦手だな、と敬遠してる方も、
その効果を知れば、「頑張って食べてみる!」と
変わるほどの効果ですw

そんな菜の花の効果を、今日はお伝えしたいと思います。
あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

菜の花は、とにかく抗酸化力が高いです。

まず、紫外線を浴びると活性化する一重項酸素、
という活性酸素があります。

一重項酸素は、シミやしわの元となると言われてますが、
菜の花は、この一重項酸素を消去する力が、
ものすごく高いんです。


また、βカロチンも、一重項酸素を消去しますが、
菜の花は、βカロチンもの含有量も、
野菜の中でトップクラスです。

2月から3月へと、紫外線の量が急増する時期に、
この効果は、とても有り難い。

美肌、とくに、美白に力を入れてる方は、
積極的に食べた方が良いですね。


次に、アンチエイジングの敵である活性酸素。

この活性酸素は、ストレスなどの影響で、
「ヒドロキシラジカル」という活性酸素になります。

「ヒドロキシラジカル」は、活性酸素の中でも、
最も酸化力の強いとされるものですが、
ヒドロキシラジカルに対しても、菜の花は効果を発揮します。

まさに、菜の花さまさまです!


美肌を望むなら、一重項酸素を撃退する野菜をとる、
疲労回復を望むなら、ロキシラジカルを撃退する野菜を。

こう言われてるみたいですが、
菜の花はどちらの効果も高いので一石二鳥♪

美肌&疲労回復効果が、1度で望めますね。


次が…意外なんですが、菜の花は食物繊維も
ものすごく多い食べ物なんです。


どれだけ多いかというと、ごぼうに次いで、
2番目に食物繊維が多いんです。

特に、不溶性の食物繊維の量なら、
ごぼうと、ほとんど変わりないんです。

不溶性の食物繊維は、保水性や膨張性に優れ、
便秘解消に役立ちます。


便秘による肌荒れ予防にもなりますね。

この他にも、ビタミンC・Eの抗酸化ビタミンや、
葉酸、鉄分、カリウムなどのミネラルや
カルシウムも、菜の花は豊富に含みます。

…どうです?食べたくなってきたでしょうw


野菜は旬の時期に、抗酸化力が高くなりますので、
今から最盛期の菜の花は、ただでさえ高い抗酸化作用が、
最大にまで高まるはずです。


抗酸化作用の他にも、美肌(シミ・しわ予防)、
便秘解消と、女性にとって嬉しい効果が、
たくさんの葉の花。

おひたしや辛子和えなどが一般的な調理法ですが、
パスタやサラダなどにもよく 合いますので、
積極的に食べるようにして下さい。

そして、菜の花の美肌効果を、たっぷり取り入れましょう♪


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ