瞼を二重にしたいから、と、アイプチを使ってる方、
あなたの瞼は大丈夫ですか?

アイプチは、とても気軽に使える便利グッズですが、
使い方を間違ってると、瞼のたるみの原因になります。


つけまつげが瞼のたるみの原因になるということは、
以前、紹介したことがありますが、危険度で言うと、
アイプチの方が高いように思います。

瞼に及ぼす影響度の高さが、
アイプチ>つけまつげ
という感じなんですよ。

これは、ちょっと注意したいですよね~。
特に、

・アイプチを毎日使う
・アイプチを使って、かぶれたことがある

この2つに当てはまる方には、絶対に注意して欲しい。

アイプチの何が理由で、「危険だ」なんて言うのか。
その理由を説明しますので、どうぞ続きをどうぞ。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

アイプチを付けるときには、瞼に接着剤を付けますが、
この接着剤が、瞼にとんでもなく負担をかけます。


アイプチの接着剤というのは、とても強力なので、
それが長時間、肌についてるだけでも負担がかかります。

そして、この負担は、瞼の皮膚が赤くなって、
炎症を起こすという形でもあらわれます。

この瞼の皮膚の炎症を繰り返していると、
皮膚が厚くなり、瞼のたるみの原因になります。


また、瞼の皮膚はとても薄くデリケートですので、
炎症が悪化して、ひどくかぶれてしまうと、
瞼が腫れ上がり、治るまで数カ月かかることもあります。

かぶれるだけでも、大変なことなんですが、
瞼の腫れそのものも「重み」となり、
伸びる原因になりかねません。

瞼は、つけまつげやマスカラの重みですら、
耐えられないくらいですし。

残念ですが、十分有り得ると思いますよ。


ここまで読んで、

「私は、瞼の皮膚が炎症なんか起こしたことないし~♪」

と、安心している方。
残念ですが、ちっとも安心ではありません。

アイプチの強力な接着剤を落とすのに、
クレンジングを使ってますよね?

そのクレンジング時に、瞼をこすって落とすことも、
瞼のたるみの原因になってます。


クレンジングも使わず、そのまま指で、
引っ張ってはがしたりしてたりなんかすると、
それも、瞼のたるみの原因になります。


というより、確実に瞼の皮膚が伸びます。

一度、瞼の皮膚が伸びてしまうと、
回復には、かなり時間がかかってしまいますし、
場合によっては、元に戻らなくなることがあります。

そんなことにならないように、
十分、注意して下さい。


アイプチを使って、キレイな二重になりたい、
という気持ちや、その努力を否定する気はありません。

だけど、その努力が、瞼のたるみの原因になっては、
元も子もないですよね?

だからこそ、瞼のたるみ
アイプチの関係をを理解した上で、
工夫しながら、上手に使って欲しいと思います。


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ