今日は、吉本の美容番長・シルク姉さんがやってる、
目の下のたるみをとる体操を紹介します。

テレビでも、よくやっているようだし、
「べっぴん塾」でも紹介されてる体操なので、
ご存知の方も多いと思います。

…けど、じっくりやったことのある方は、
案外、少ないんじゃないかな~?

テレビで見たときだけやってる、とかねw

15秒×5回、という短時間で出来る体操ですが、
ちゃんとやれば、効果がある体操だから
しっかりやって欲しいと思い、
このブログでも、紹介することにしました。

具体的なやり方は、続きからどうぞ♪

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

目の下のたるみをとる体操のやり方


シルク姉さんの「目の下のたるみをとる体操」の
やり方は、以下のとおりです。

1. 
目尻を軽く引っ張る感じで押さえ、
斜め上45度の方向を見ます。

2.
その状態のままで、太陽を直視した時みたいな
まぶしい目をして15秒キープ→いったんゆるめる、
という動作をゆっくり5回繰り返します。

慣れてきたら、キープする時間を20秒、30秒と、
少しずつ伸ばしていくようにしましょう。


以上です。

ポイントは「下まぶたをすぼめる」ことです。

もっと分かりやすく言うと、物真似タレントの
コロッケが歌手の五木ひろしの真似をしてる顔ですw

あれが「下まぶたをすぼめた」目です。

このブログでも、目の下のたるみをとる方法を、
いくつか紹介してますが、たいていの場合、
下まぶたを動かしてます。

目の下のたるみをとる方法
目の下のたるみを解消するフェイスヨガ

というか、下まぶただけを動かすことを意識して、
他を動かさないようにするのがポイントですね。


このシルク姉さんの体操で、目尻に指を添えてるのも、
他の場所が動かないようにするためでしょう。

鏡を見ながら体操すると、よく分かるのですが、
目の下じゃなく、他が動いてることが多いんですよw

上のまぶたとか、あと眉が動いたりとか。

このシルク姉さんの目の下のたるみをとる体操は、
よく調べると、上で紹介したやり方以外に、

両手の指の人差し指と中指で「V」の字を作り、
指先を目頭と目尻にそれぞれ当てる


というバージョンがあります。

目尻を軽く指で押さえるだけでなく、
目頭と目尻を押さえるんですね。
(この他は、まるっきり同じ)

どちらも、下まぶたを動かすのは同じだけど、
V字の方が、下まぶた以外が動きにくいかな?
と、個人的には思います。

ご自分の好みで、やりやすい方を選んで
やってみてください。

私は目尻だけを押さえる方が、
下まぶたを動かしやすくて、お気に入りw


1つだけ注意して欲しいことを挙げるなら、

目の下のたるみをとる体操をする時は、
必ずクリームやオイルをつけること


これは、体の中で最も薄い目の下の皮膚の
負担を減らすためです。

あと、体操中にできるシワを固定させないため。

1度や2度の動きで、シワが出来るわけじゃないですが、
それでも保護しておくに、こしたことはないです。

万全の体制で、目の下のたるみをとる体操を行いましょうw


■管理人が試した目の下のたるみを改善する美容液・アイクリーム■
オラクル アイフォーミュラ
オラクル アイフォーミュラ

一晩で目の下のたるみ改善・目元ふっくら

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ