顔のたるみの中でも、ほうれい線に悩んでる方の中でも、
「ほうれい線が片方だけ目立つ」という
悩みを持つ方が、けっこういらっしゃいます。

この「片方だけ目立つほうれい線」に悩んでる方には、
表情筋のトレーニングを頑張る前に
気をつけて欲しいというポイントがあります。

そのポイントは、無意識の癖であることが多く、
ここに気付いて、日々の生活の中で気をつけるだけで、
かなり違ってくるはずです。


それが一体、どんな癖なのかを紹介しますので、
今後の生活で意識して、ほうれい線を改善して下さい。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

それでは、「気をつけて欲しい無意識の癖」を
3つ紹介していきます。

1. 寝るときに、同じ方向を向いて寝ている


横を向いて寝ている方は、だいたいの場合、
右なら右、左なら左、と毎日決まった方を向いて
寝ていることが多いです。

これは毎日、決まった側の頬に重力という
圧力をかけて、ほうれい線を作ってることになります。


詳しくは⇒あおむけ寝で、ほうれい線予防

朝起きた時に、片方のほうれい線だけ
やけに目立っている方は、
横向きで寝てる可能性が高いです。

意識的に、あおむけで寝るようにしていきましょう。


2. どちらか決まった方だけで嚙む癖がある


何かを食べる時に、左右どちらかの
決まった方だけで噛む癖はありませんか?

これを続けると、いつも嚙んでる側の方だけ
筋肉が発達してしまいますので、歪みを生じ、
嚙み癖のある方の、ほうれい線だけが深くなります。


笑った時に、口角の高さが大きく違う方は、
この顔の歪みが大きいと思われます。

意識して、左右均等に噛むようにしましょう。

そうすることで、普段使っていなかった側の
筋肉を使うようになりますので、
片方だけ表れているほうれい線にも効果的です。

顔の歪みを直すことは、リンパの流れも良くなり、
肌のターンオーバーがきちんと行われ、
顔のたるみやしわなどが解消されやすくなりますので、
力を入れて頑張ってください!


3. 頬づえをつく癖がある


頬づえをつくと、顔の片方だけに圧力がかかり、
そのうち、顔の重心が片方に寄り、
しわが出来やすくなってしまいます。

また、それが顔のゆがみの原因になります。

顔のゆがみの原因になるのも良くありませんが、
そもそも頬づえ自体が、目元にも口元にも
シワが寄ってしまう姿勢です。


最悪の場合、頬づえの時にできるシワが
そのまま固定してしまいますよ。

頬杖をつく癖がある方は、今すぐやめましょう!


ほうれい線が片方だけに出来てしまう癖
いくつか紹介しましたが、いかがでした?

思い当たる節はありましたか?

思い当たった方は、今すぐやめましょう。

無意識での癖になっていることが多いので、
最初のうちは、「気付けばやっていた」ことが続き、
なかなか、やめれなくてイライラするかも知れません。

だけど、そのうち必ず「癖をなおした」状態が
普通になってきます。

諦めないで、ほうれい線の原因になる癖を
やめるようにしてください。

そして、その上で表情筋トレーニングをしましょうね。


■管理人が試した頬のたるみとほうれい線を改善する化粧品■
EGF&FGFトライアルセット
セルビック EGF&FGFトライアルセット

肌内部の潤いと弾力アップ
5日で肌状態が変わります
リフトアップクリームROSY
リフトアップクリームROSY

頬のたるみとほうれい線が塗って3分で解消されます

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ