みなさん、ブロッコリースプラウトって、ご存知ですか?

ブロッコリーの新芽のことです。
これが成長すると、ブロッコリーになります。

「スプラウト」の仲間には、もやし、かいわれ大根、
アルファルファなんかがありますね。

だいたい、ひょろひょろ~っとした見た目ですねw

この見た目に、反してスプラウト、
特にブロッコリースプラウトの効果たるや、
ものすごいものがあります!

特に抗酸化作用!

しかも抗酸化作用が、他の野菜とはちょっと違って、
ものすごく持続性が高いんですね。

どれだけ高いかというと、数時間単位じゃなく、
数日単位で効果が持続するんです。


どうです?すごいでしょう?w

そんなブロッコリースプラウトの効果のすごさを、
お伝えしたいと思います。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

それでは、ブロッコリースプラウトの効果
たくさん紹介していきますね。

ブロッコリースプラウトには、「スルフォラファン」という
抗酸化物質がブロッコリーの20倍以上も含まれていて、
しかもその坑酸化作用が、なんと3日間も持続します!

だから、毎日食べなくてもOK!

3日1度食べれば、アンチエイジング効果は持続するし、
しかも、生のままで食べればOKという手軽さなんです。


ドレッシングかけて食べるだけなので、
本当にお手軽ですよ♪

カイワレ大根やアルファルファも入れて、
サラダにして食べると、すごく良さそうです。

んもう~「スルフォラファン」ってばステキ!


そして「スルフォラファン」のステキさは、
これだけじゃありませんよ。

「スルフォラファン」は、新陳代謝に欠かせない
「グルタチオン」という抗酸化物質の生産を促進させます。


「グルタチオン」が増えると、細胞が活性化し、
新陳代謝が進みますので、「スルフォラファン」を
摂取することは、新陳代謝の活発化に繋がります。


健康面で言うと、「スルフォラファン」には、
肝臓の働きを高める効果もあります。


「弱った肝臓に効く成分」なんて言われてたりします。

肝臓は食べて物を分解して、解毒する働きがありますので、
ブロッコリースプラウトを食べると、
デトックス効果も高まるということです。

肝機能を高めるということを考えると、
お酒をたくさん飲む方にも、良いですね。

また、がん予防効果、ピロリ菌抑制効果など
「スルフォラファン」には、たくさんの効果があります。

こんな「スルフォラファンを豊富に含む
ブロッコリースプラウトを、食べない手はないですね。


さて、頻繁にブロッコリースプラウトを食べるとなると、
頻繁に購入することになるわけですが、

「これ…家で栽培できないものか」

と、やっぱり思ってしまいますよね?

かいわれ大根が簡単に栽培できるんだから、
ブロッコリースプラウトだって、簡単なはずだし。

そんなふうに思って調べたら、
やっぱり簡単に育てられるようですw

とても分かりやすいサイトがあったので、
リンクしておきますね。

スプラウトの育て方

これ見ると、ブロッコリースプラウトの栽培が、
思った以上に簡単で拍子抜けしました。

容器も何でも良いみたいだし。
ちょっとした慣用植物代わりにもなるしw

手軽に育てて、美味しくいただいて、
ブロッコリースプラウトの高い効果を得ちゃいましょう♪


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ