だんだんと日が長くなってきて、
暖かい日も多くなって来ました。

だいぶ過ごしやすくなってきたな~と喜ぶ反面、
「しっかり紫外線対策をしないと…」とも思います。

春に向けて、紫外線対策のために
UV対策に力を入れる人も多いんじゃないかな。

ただ、そのUV対策の中に「目の日焼け」を
入れてる方は、すごく少ないと思います。

紫外線が目に入ると、日焼けするので、
目を保護することも大切なんですよ。

なぜ、目に紫外線を浴びると日焼けをするのか、
という仕組みと対策法を紹介するので、
紫外線対策に力を入れる予定の方は続きをどうぞ。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

肌に紫外線を浴びなくても、目に入るだけで日焼けする。

ちょっと聞いただけだと、不思議ですよね。
「目と肌の日焼けに何の関係が?」としか思えません。

私は最初聞いた時、「なにそのトンデモ情報w」
という、とても失礼な感想でしたw

でもこれ、大阪市立大学医学部の井上正康教授の
研究チームが発表した、研究結果なんですよね。

目の角膜が紫外線を吸収すると、角膜にダメージを与え、
脳が「メラニン色素を作れ!」という指令を出すのだとか。


結果、肌が紫外線に当たらなくても、
肌が日焼けしてしまう、と。

「体に悪い紫外線を受けてる!」という情報が
目から脳に伝わり、脳が全身の皮膚に
メラニン色素を作るように指示をだしてるんですね。


紫外線は目には見えませんが、
角膜に細かな炎症を起こします。

この炎症の刺激が、「紫外線によるダメージを受けてる!」
と、脳に伝わるんでしょうね。

夏に強い日差しを浴びると、目が充血したり、
目が痛くなりますが、これもダメージでしょう。

フル回転でメラニン色素が作られてそう(汗)

大気汚染物質がシミの原因になる!?でも書きましtが、
メラニン色素って、本当に色んなことが原因で
作られてるんだな~と、ある意味、感心します。

体をダメージから守ってくれるという
素晴らしい機能なんですけどね。

ただ、日焼けやシミの原因にもなるし、
なるべく防ぎたいものではあります。

目に紫外線を浴びること自体が、
目に良くなさそうですし、紫外線対策をして、
きっちり日焼け防止しましょう。


では、その「目の紫外線対策」はどうするのか。

これはもう、サングラスをかけるのが一番です。
UVカット効果あるメガネも良いですね。

隙間から紫外線が入ってこないように、
顔の形にフィットしたものを選んで下さいね。

あとは、つばの広い帽子や日傘が有効です。

アスファルトの上を歩いているときは、
下からの照り返しがありますので、
日傘をさしてても、メガネを外さない方が良いかも。

今ままで「目を日差しから守る」だけを目的に
サングラスやUVメガネをかけていた方は、
これからは「目を紫外線から守る」という目的も
忘れないようにしましょうね。


■管理人が目の紫外線対策のために試したもの■
JINS PC スクエア ハイコントラストレンズ
JINS PC スクエア ハイコントラストレンズ

紫外線対策と、眼精疲労対策が同時にできるPCメガネです

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ